教員紹介

米田 賴晃
  • 米田 賴晃
  • 医学部講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 大腸・小腸
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 腸疾患(大腸ポリープ・大腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病)に対しての診断・治療
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/y-komeda

学歴/経歴

学歴

  • 2015年4月 - 2018年3月
    近畿大学大学院医学研究科博士課程 早期修了
  • 1995年4月 - 2001年3月
    北里大学医学部医学科卒業

経歴

  • 2018年
    近畿大学医学部消化器内科(医学部講師)
  • 2014年
    近畿大学医学部消化器内科(助教)
  • 2012年
    オランダ・エラスムス大学医療センター(臨床留学)
  • 2011年
    イギリス・セントマークス病院(臨床留学)
  • 2008年
    若草第一病院消化器内科
  • 2007年
    佐久総合病院胃腸科専修医(ESD研修)
  • 2001年
    奈良医大第3内科(消化器・内分泌代謝・心療内科)

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 消化器内科学

研究キーワード

大腸癌・大腸ポリープ, 小腸疾患, 内視鏡診断・治療, 炎症性腸疾患(IBD), 化学療法

論文

  1. Endoscopic sclerotherapy under balloon-assisted enteroscopy for hemorrhagic jejunal varices after choledocho-jejunostomy.
    Takashima K, Matsui S, Komeda Y, Nagai T, Toshiharu S, Kashida H, Kudo M
    Endoscopy.  2020年2月  [査読有り]
  2. Clinical implications of endoscopic submucosal dissection in management of patients with ulcerative colitis-associated dysplasia
    Sakurai T, Nezu R, Okada A, Komeda Y, Nagai T, Masaki S, Yamada M, Takashima K, Kashida H, Kudo M
    Journal of Crohn's and Colitis  2020年1月  [査読有り]
  3. Requirement of Additional Surgery after Non-Curative Endoscopic Submucosal Dissection for Early Colorectal Cancer
    Komeda Y, Watanabe T, Kudo M
    Journal of Investigative Surgery  2020年1月  [査読有り]
MORE