教員紹介

南 康範
  • 南 康範
  • 医学部講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 消化器内科
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 消化器内科全般を診ると同時に肝がんの診断及び治療の専門家である。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2018/8
 RFA NEXT STAGE vol.4
 Precision RFAにおける可変型電極の有効性とそのテクニック
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0076806

学歴/経歴

学歴

  • - 2003年
    近畿大学 医学研究科
  • - 1997年
    近畿大学 医学部
  • - 1997年
    Kinki University Faculty of Medicine

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学
  • ライフサイエンス, 消化器内科学

研究キーワード

転移性肝癌, 肝動脈塞栓術, ラジオ波焼灼術, 造影超音波, 肝細胞癌, Radiofrequency ablation, Contrast-enhanced sonography, Hepatocellular Carcinoma

論文

  1. Semi-quantitative Prediction of Early Response of Conventional Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma using Postprocedural Plain Cone-beam CT.
    南 康範
    Hepatology Research  47  (3)  E113-E119  2017年  [査読有り]
  2. US-US Fusion Imaging in Radiofrequency Ablation for Liver Metastases.
    南 康範
    Digestive Disease  34  (6)  687-691  2016年 
  3. Balloon-Occluded Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma: A Single-Center Experience.
    南 康範
    Oncology  89  (Suppl 2)  27-32  2015年 
MORE