教員紹介

上硲 俊法
  • 上硲 俊法
  • 教授/部長
所属 近畿大学病院
医学研究科
学位 医学博士
専門 臨床検査医学
ジャンル 医療・健康/健康問題
コメント 体内の酸化ストレスを制御している転写因子Nrf2の脂質代謝への影響を研究しています。食品成分に含まれるNrf2を活性化する成分の生活習慣病に対する効果を調べています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0181481

学歴/経歴

学歴

  • - 1991年
    近畿大学 医学研究科
  • - 1991年
    Kinki University Graduate School, Division of Medicine
  • - 1985年
    近畿大学 医学部
  • - 1985年
    Kinki University Faculty of Medicine

経歴

  • 2007年 - 現在
    Kinki University School of Medicine, Department of Clinical Laboratory Medicine Professor
  • 2007年 - 現在
    近畿大学医学部臨床検査医学 教授
  • 2003年 - 2007年
    近畿大学医学部衛生学助教授
  • 2003年 - 2007年
    Kinki University School of Medicine, Department of Hygiene, Associate Professor,
  • 2001年 - 2003年
    近畿大学医学部衛生学 講師
  • 2001年 - 2003年
    Kinki University School of Medicine, Department of Hygiene, Asssitant Professor
  • 1999年 - 2001年
    近畿大学医学部附属病院消化器内科 講師
  • 1999年 - 2001年
    Kinki University School of Medicine, Division of Gastroenterology, Lecturer
  • 1997年 - 1999年
    ドイツ癌研究センター, 腫瘍生化学 研究員
  • 1997年 - 1999年
    Deutches Krebsforschungs Zentrum,Tumor Biochemie Wissenschaftlich Mitarbeiter
  • 1988年 - 1997年
    近畿大学医学部第2内科学
  • 1988年 - 1997年
    Kinki University School of Medicine, Second Department of Internal Medicine,
  • 1986年 - 1987年
    Toranomon Hospital
  • 1986年 - 1987年
    国家公務員等共済組合連合会虎の門病院
  • 1985年 - 1986年
    Kinki University Hospital
  • 1985年 - 1986年
    近畿大学医学部附属病院 研修医

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 家政学、生活科学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス, 代謝、内分泌学
  • その他, その他
  • ライフサイエンス, 消化器内科学

研究キーワード

脂質代謝, ビリルビン代謝, 臨床検査医学, 動脈硬化, 肝臓学, Atherosclerosis, Hepatology

論文

  1. Gender-divergent expression of lipid and bile acid metabolism related genes in adult mice offspring of dams fed a high-fat diet.
    Tanaka Y, Ikeda T, Yamamoto K, Masuda S, Ogawa H, Kamisako T
    Journal of biosciences  43  (2)  329-337  2018年6月  [査読有り]
  2. Laboratory surveillance of antimicrobial resistance and multidrug resistance among Streptococcus pneumoniae isolated in the Kinki region of Japan, 2001-2015.
    Toda H, Satoh K, Komatsu M, Fukuda S, Nakamura T, Jikimoto T, Nishio H, Yamasaki K, Maede T, Orita T, Sueyoshi N, Kita M, Toyokawa M, Nishi I, Akagi M, Higuchi T, Kofuku T, Nakai I, Ono T, Shimakawa K, Hikita Y, Moro K, Kida K, Oohama M, Wada Y, Tobe T, Kamisako T, Tanaka Y
    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy  24  (3)  171-176  2018年3月  [査読有り]
  3. A Case of Waldenstrom Macroglobulinemia with Temporary Appearance of 7S IgM Half Molecule.
    Imoto M, Yoshida K, Maeda Y, Nakae KI, Kudo M, Sakurabayashi I, Yamada T, Kamisako T
    Clinical laboratory  63  (5)  983-989  2017年5月  [査読有り]
MORE