教員紹介

髙橋 英夫
  • 髙橋 英夫
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 博士(医学)
専門 免疫薬理学、神経薬理学、臨床薬理学
ジャンル 医療・健康/薬と社会
コメント 病気はホメオスタシス機構の異常であるという観点から、異常の原因となる標的分子を特定し、病態生理への関与を多様な方法で検討し、創薬研究によって臨床医学へ貢献する所存です。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0074498

学歴/経歴

学歴

  • 岡山大学 医学部
  • 岡山大学 Faculty of Medicine

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 免疫学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学

研究キーワード

ターゲットバリデーション, 病態メカニズム, 創薬, ターゲットバリデーション, 病態メカニズム解析, 創薬

論文

  1. Advanced glycation end products (AGEs) synergistically potentiated the proinflammatory action of lipopolysaccharide (LPS) and high mobility group box-1 (HMGB1) through their direct interactions.
    Masahiro Watanabe; Takao Toyomura; Mayuko Tomiyama; Hidenori Wake; Keyue Liu; Kiyoshi Teshigawara; Hideo Takahashi; Masahiro Nishibori; Shuji Mori
    Molecular biology reports  47  (9)  7153-7159  2020年9月  [査読有り]
  2. Histidine-Rich Glycoprotein Inhibits High-Mobility Group Box-1-Mediated Pathways in Vascular Endothelial Cells through CLEC-1A.
    Shangze Gao; Hidenori Wake; Masakiyo Sakaguchi; Dengli Wang; Youhei Takahashi; Kiyoshi Teshigawara; Hui Zhong; Shuji Mori; Keyue Liu; Hideo Takahashi; Masahiro Nishibori
    iScience  23  (6)  101180-101180  2020年6月26日  [査読有り]
  3. Alterations of lymphocyte count and platelet volume precede cerebrovascular lesions in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.
    Takashi Nishinaka; Yui Yamazaki; Atsuko Niwa; Hidenori Wake; Shuji Mori; Tadashi Yoshino; Masahiro Nishibori; Hideo Takahashi
    Biomarkers : biochemical indicators of exposure, response, and susceptibility to chemicals  25  (3)  305-313  2020年5月  [査読有り]
MORE