教員紹介

重吉 康史
  • 重吉 康史
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 時間生物学(哺乳類体内時計)、睡眠科学
ジャンル 医療・健康/健康問題
コメント 体内時計が作る”概日リズム”や”睡眠・覚醒のメカニズム”を研究しています。また、附属病院”睡眠・体内時計外来”にて睡眠や体内時計の問題をかかえた患者さんの診療にあたっています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2018/10/17
 NHK「ニュースほっと関西」
 ブルーライトが体内時計に及ぼす影響について
●2017/03/20
 朝日放送「おはよう朝日です」
 睡眠障害について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0052050

学歴/経歴

学歴

  • - 1996年
    神戸大学 医学研究科
  • - 1996年
    神戸大学 Graduate School, Division of Medicine
  • - 1988年
    神戸大学 医学部

経歴

  • 1999年 - 現在
    近畿大学医学部 解剖学 教授
  • 1998年 - 1999年
    神戸大学医学部 講師 School of Medicine
  • 1998年 - 1999年
    Kobe University School of Medicine, Assistant
  • 1996年 - 1998年
    神戸大学医学部 助手 School of Medicine
  • 1996年 - 1998年
    Kobe University School of Medicine, Research
  • 1995年 - 1996年
    京都府立医科大学 助手
  • 1995年 - 1996年
    京都府立医科大学

  • Professor

  • Assistant

  • Research Assistant

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 神経形態学
  • ライフサイエンス, 神経科学一般
  • ライフサイエンス, 神経科学一般

研究キーワード

神経科学一般, 神経解剖学・神経病理学, Neuroscience in General, Neuroanatomy and Neuropathology

論文

  1. Heavy Water Lengthens the Molecular Circadian Clock Period in the Suprachiasmatic Nucleus of Mice In Vitro.
    Mitsugu Sujino; Satoshi Koinuma; Yoichi Minami; Yasufumi Shigeyoshi
    Journal of biological rhythms  7487304211012905-7487304211012905  2021年5月10日 
  2. Transgenic rats expressing dominant negative BMAL1 showed circadian clock amplitude reduction and rapid recovery from jet lag.
    Yoichi Minami; Tomoko Yoshikawa; Mamoru Nagano; Satoshi Koinuma; Tadamitsu Morimoto; Atsuko Fujioka; Keiichi Furukawa; Keisuke Ikegami; Atsuhiro Tatemizo; Kentaro Egawa; Teruya Tamaru; Taizo Taniguchi; Yasufumi Shigeyoshi
    The European journal of neuroscience  53  (6)  1783-1793  2021年3月 
  3. cAMP response element induces Per1 in vivo.
    Keisuke Ikegami; Masato Nakajima; Yoichi Minami; Mamoru Nagano; Satoru Masubuchi; Yasufumi Shigeyoshi
    Biochemical and biophysical research communications  531  (4)  515-521  2020年10月22日  [査読有り]
MORE