教員紹介

尾村 誠一
  • 尾村 誠一
  • 講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 分子生物学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 動物モデルを用いて多発性硬化症、ウイルス性心筋梗塞の発症、順序について、バイオインフォマティクスの手法により研究しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/somura

学歴/経歴

学歴

  • 2006年4月 - 2010年3月
    筑波大学大学院 人間総合科学研究科
  • 2000年4月 - 2002年3月
    広島大学大学院 先端物質科学研究科
  • 1996年4月 - 2000年3月
    広島大学 工学部

経歴

  • 2021年4月 - 現在
    近畿大学医学部 微生物学講座 講師
  • 2016年4月 - 2021年3月
    近畿大学 医学部微生物学教室 助教
  • 2010年4月 - 2016年3月
    米国ルイジアナ州立大学医学部 微生物学免疫学講座 博士研究員
  • 2008年7月 - 2010年3月
    東京工業大学 統合研究院 ソリューション研究員
  • 2004年8月 - 2008年6月
    国立環境研究所 環境健康研究領域 研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 分子生物学
  • ライフサイエンス, 実験動物学
  • ライフサイエンス, 細菌学
  • ライフサイエンス, 免疫学
  • ライフサイエンス, ウイルス学

研究キーワード

タイラーウイルス, 実験的自己免疫性脳脊髄炎, バイオインフォマティクス, ウイルス性心筋炎, 多発性硬化症

論文

  1. Galectin-3 as a Therapeutic Target for NSAID-Induced Intestinal Ulcers
    Ah-Mee Park; Sundar Khadka; Fumitaka Sato; Seiichi Omura; Mitsugu Fujita; Daniel K. Hsu; Fu-Tong Liu; Ikuo Tsunoda
    Frontiers in Immunology  11  2020年9月23日  [査読有り]
  2. Bioinformatics Analysis of Gut Microbiota and CNS Transcriptome in Virus-Induced Acute Myelitis and Chronic Inflammatory Demyelination; Potential Association of Distinct Bacteria With CNS IgA Upregulation
    Seiichi Omura; Fumitaka Sato; Ah-Mee Park; Mitsugu Fujita; Sundar Khadka; Yumina Nakamura; Aoshi Katsuki; Kazuto Nishio; Felicity N. E. Gavins; Ikuo Tsunoda
    Frontiers in Immunology  11  1138  2020年7月7日  [査読有り]
  3. Neurolymphatic biomarkers of brain endothelial inflammatory activation: Implications for multiple sclerosis diagnosis
    Yun JW; Cvek U; Kilgore PCSR; Tsunoda I; Omura S; Sato F; Zivadinov R; Ramanathan M; Minagar A; Alexander JS
    Life Sciences  229  116-123  2019年7月  [査読有り]
MORE