教員紹介

尾村 誠一
  • 尾村 誠一
  • 講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 分子生物学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 動物モデルを用いて多発性硬化症、ウイルス性心筋梗塞の発症、順序について、バイオインフォマティクスの手法により研究しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/somura

学歴/経歴

学歴

  • 2006年4月 - 2010年3月
    筑波大学大学院 人間総合科学研究科
  • 2000年4月 - 2002年3月
    広島大学大学院 先端物質科学研究科
  • 1996年4月 - 2000年3月
    広島大学 工学部

経歴

  • 2021年4月 - 現在
    近畿大学医学部 微生物学講座 講師
  • 2016年4月 - 2021年3月
    近畿大学 医学部微生物学講座 助教
  • 2010年4月 - 2016年3月
    米国ルイジアナ州立大学医学部 微生物学免疫学講座 博士研究員
  • 2008年7月 - 2010年3月
    東京工業大学 統合研究院 ソリューション研究員
  • 2004年8月 - 2008年6月
    国立環境研究所 環境健康研究領域 研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 分子生物学
  • ライフサイエンス, 実験動物学
  • ライフサイエンス, 細菌学
  • ライフサイエンス, 免疫学
  • ライフサイエンス, ウイルス学

研究キーワード

タイラーウイルス, 実験的自己免疫性脳脊髄炎, バイオインフォマティクス, ウイルス性心筋炎, 多発性硬化症

論文

  1. Anti-Glycolipid Antibody Examination in Five EAE Models and Theiler’s Virus Model of Multiple Sclerosis: Detection of Anti-GM1, GM3, GM4, and Sulfatide Antibodies in Relapsing-Remitting EAE
    Kota Moriguchi; Yumina Nakamura; Ah-Mee Park; Fumitaka Sato; Motoi Kuwahara; Sundar Khadka; Seiichi Omura; Ijaz Ahmad; Susumu Kusunoki; Ikuo Tsunoda
    International Journal of Molecular Sciences  24  (16)  12937-12937  2023年8月18日  [査読有り] [招待有り]
  2. Adjuvant Injections Altered the Ileal and Fecal Microbiota Differently with Changes in Immunoglobulin Isotypes and Antimycobacterial Antibody Responses
    Sundar Khadka; Seiichi Omura; Fumitaka Sato; Ikuo Tsunoda
    International Journal of Molecular Sciences  24  (3)  2818-2818  2023年2月1日  [査読有り] [招待有り]
  3. Exploratory factor analysis determines latent factors in Guillain–Barré syndrome
    Seiichi Omura; Kazuaki Shimizu; Motoi Kuwahara; Miyuki Morikawa-Urase; Susumu Kusunoki; Ikuo Tsunoda
    Scientific Reports  12  (1)  21837  2022年12月17日  [査読有り]
MORE