教員紹介

西尾 和人
  • 西尾 和人
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 博士(医学)
専門 腫瘍生物学、腫瘍生化学、分子標的治療
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント がんの新規遺伝子発見に関する臨床応用への可能性について。がん薬物治療、特に分子標的薬、がんトランスレーショナル研究、バイオマーカー、個別化医療。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2020/10/13
 ラジオNIKKEI「医学講座」
 がんゲノム医療の現状について
●2019/4/2
 読売新聞
 がんゲノム医療について
●2019/2/13
 朝日新聞
 1分で知るがんゲノム
●2018/12/14
 朝日新聞
 がんゲノム医療について
●2018/10/28
 朝日新聞
 薬の保険外について
●2018/6/8
 日本経済新聞
 SBI生命保険との提携について
●2018/6/4
 毎日新聞
 がんゲノム医療について
●2018/5/8
 新日本保険新聞
 人工知能を活用したがん遺伝子パネル検査について
●2018/4/16
 日経バイオテクONLINE
 SBI生命との提携について
●2018/4/13
 岩手日報・四国新聞・西日本新聞・静岡新聞
 ・日本海新聞・福島民友
 がんゲノム医療について
●2017/9/3
 毎日新聞
 ゲノム医療の取り組みについて
●2017/3/22
 毎日新聞
 薬への耐性と攻防について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/knishio

学歴/経歴

経歴

  • 2023年9月 - 現在
    近畿大学 医学部 医学科 教授
  • 2006年 - 2023年9月
    近畿大学 医学部 教授

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 呼吸器内科学
  • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学
  • ライフサイエンス, 脳神経外科学
  • ライフサイエンス, 消化器内科学
  • ライフサイエンス, 産婦人科学
  • ライフサイエンス, 病態医化学

研究キーワード

抗がん剤, チロシンキナーゼ阻害剤, 分子標的薬, アポトーシス, バイオマーカー, 肺癌, 遺伝子発現解析, マイクロアレイ, CD133, 化学療法, ゲフィチニブ, 遺伝子増幅, 細胞周期制御薬, ファルネシルトランスフェラーゼ, がん抑制遺伝子, CD117, 抗腫瘍効果, EGFR, アニーリング, 遺伝子移入

論文

  1. Downregulated expression of PBRM1 in sarcomatoid hepatocellular carcinoma
    Terufumi Yoshida; Kazuko Sakai; Masaki Kaibori; Mitsuaki Ishida; Shogo Tanaka; Shoji Kubo; Takuya Nakai; Marco De Velasco; Hideyuki Matsushima; Koji Tsuta; Mitsugu Sekimoto; Kazuto Nishio
    Oncology Letters  27  (3)  2024年1月26日 
  2. NOTCH1 and CREBBP co-mutations negatively affect the benefit of adjuvant therapy in completely resected EGFR-mutated NSCLC: translational research of phase III IMPACT study.
    Satoshi Ikeda; Masahiro Tsuboi; Kazuko Sakai; Toshihiro Misumi; Hiroaki Akamatsu; Hiroyasu Shoda; Noriaki Sakakura; Atsushi Nakamura; Yasuhisa Ohde; Hidetoshi Hayashi; Kyoichi Okishio; Morihito Okada; Ichiro Yoshino; Jiro Okami; Kazuhisa Takahashi; Norihiko Ikeda; Masayuki Tanahashi; Yuichi Tambo; Haruhiro Saito; Shinichi Toyooka; Hidetoshi Inokawa; Toyofumi Chen-Yoshikawa; Toshihide Yokoyama; Tatsuro Okamoto; Noriko Yanagitani; Masahide Oki; Makoto Takahama; Kenji Sawa; Hirohito Tada; Kazuhiko Nakagawa; Tetsuya Mitsudomi; Kazuto Nishio
    Molecular oncology  2023年10月21日 
  3. 妊孕性温存治療中BRAF融合型神経内分泌癌成分の転移が急速に進行した子宮内膜癌の1例
    加嶋 洋子; 宮川 知保; 高矢 寿光; 坂井 和子; 西尾 和人; 松村 謙臣
    日本癌治療学会学術集会抄録集  61回  P51-1  2023年10月 
MORE