教員紹介

no image
  • 馬場谷 成
  • 講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 糖尿病、内分泌代謝 
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 糖尿病の診断・治療。糖尿病の遺伝因子。糖尿病実験動物(マウス)。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/babaya

学歴/経歴

経歴

  • 2007年 - 2012年
    近畿大学 医学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 代謝、内分泌学

研究キーワード

1型糖尿病, ELISA, ELISpot, エネルギー, 発症予知・予防, 抗体, 糖質代謝異常, 疾患感受性遺伝子, 糖尿病学, 自己抗体, インスリン抗体, MAFA, NODマウス, コンジェニックマウス, 遺伝解析, ゲノム, NSYマウス, type 1 diabetes, 遺伝子, 遣伝子

論文

  1. Contribution of Asian Haplotype of KCNJ18 to Susceptibility to and Ethnic Differences in Thyrotoxic Periodic Paralysis
    Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Taketomo Y, Yoshida S, Niwano F, Monobe K, Minohara T, Okada T, Tsugawa M, Kawabata Y, Ikegami H
    The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism  104  (12)  6338-6344  2019年12月  [査読有り]
  2. Verification That Mouse Chromosome 14 Is Responsible for Susceptibility to Streptozotocin in NSY Mice
    Babaya N, Ueda H, Noso S, Hiromine Y, Itoi-Babaya M, Kobayashi M, Fujisawa T, Ikegami H
    International Journal of Endocrinology  2018  1-7  2018年11月  [査読有り]
  3. Early-Onset Diabetes Mellitus in a Patient With a Chromosome 13q34qter Microdeletion Including IRS2
    Babaya N, Noso S, Hiromine Y, Ito H, Taketomo Y, Yamamoto T, Kawabata Y, Ikegami H
    Journal of Endocrine Society  2  (10)  1207-1213  2018年10月  [査読有り]
MORE