教員紹介

門前 一
  • 門前 一
  • 教授
所属 近畿大学病院
医学科
医学研究科
学位 保健衛生学博士
専門 医学物理、放射線防護
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 放射線治療における工学的なニーズを模索し、医学物理教育・研究を実践しています。放射線治療の専門家養成、新しい治療法の開発、市民、途上国への放射線防護などの啓発をしています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2019/9/25、30
 日刊工業新聞、ゴム報知新聞
 加温することで柔らかくなり、常温では型が維持できる放射線遮蔽材「シーラー Soft Tungsten Rubber(STR)」の開発に成功
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/HajimeMonzen

学歴/経歴

経歴

  • 2021年4月 - 現在
    近畿大学 医学部医学研究科 教授
  • 2014年4月 - 2021年3月
    近畿大学 医学部医学研究科 准教授
  • 2011年4月 - 2014年3月
    京都大学 医学(系)研究科(研究院) 特定准教授
  • 1991年4月 - 2011年3月
    日本赤十字社 大津赤十字病院 放射線科部
  • 2001年 - 2002年
    Minnesota University Department of Radiation Oncology visiting fellow

研究活動情報

研究分野

  • エネルギー, 量子ビーム科学
  • ライフサイエンス, 放射線科学
  • ライフサイエンス, 放射線科学

研究キーワード

核医学, 医学物理学, 放射線防護, 放射線治療, 癌, トランスレーショナルリサーチ

論文

  1. Dosimetric evaluation of skin collimation with tungsten rubber for electron radiotherapy: A Monte Carlo study.
    Kazuki Wakabayashi; Hajime Monzen; Mikoto Tamura; Kenji Matsumoto; Yoshiki Takei; Yasumasa Nishimura
    Journal of applied clinical medical physics  22  (4)  63-70  2021年4月 
  2. First Clinical Experience of Tungsten Rubber Electron Adaptive Therapy With Real-time Variable-shape Tungsten Rubber.
    Yoshihiro Kawai; Mikoto Tamura; Morikazu Amano; Takashi Kosugi; Hajime Monzen
    Anticancer research  41  (2)  919-925  2021年2月 
  3. [Impact of Aperture Shape Controller on Knowledge-based VMAT Planning of Prostate Cancer].
    Takaaki Ito; Mikoto Tamura; Hajime Monzen; Kenji Matsumoto; Kiyoshi Nakamatsu; Tomoko Harada; Tatsuya Fukui
    Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi  77  (1)  23-31  2021年 
MORE