教員紹介

楠 進
  • 楠 進
  • 客員教授
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 脳神経内科・神経免疫・ギラン・バレー症候群
ジャンル 医療・健康/医学
コメント ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、ビッカースタッフ脳幹脳炎、CIDP、多発性硬化症、NMO等の原因、症状、治療法について。日本神経免疫学会と日本抹消神経学会の理事長を務めています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2019/10/9
 朝日新聞
 本能性接戦について
●2019/8/21
 読売新聞
 中枢神経について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0110817

学歴/経歴

学歴

  • - 1978年
    東京大学 医学部

経歴

  • 2003年 - 2020年3月
    近畿大学医学部 主任教授 Faculty of Medicine
  • 2012年10月 - 2014年9月
    近畿大学 医学部 学部長
  • 1999年 - 2003年
    東京大学医学部 講師 Faculty of Medicine
  • 1987年 - 1999年
    東京大学医学部 助手 Faculty of Medicine

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 神経内科学

研究キーワード

末梢神経障害, ガングリオシド, 糖脂質, 糖鎖生物学, 神経免疫学, glycosyl transferase, ganglioside, glycolipid, autoimmune neuropathy, Guillain-Barré syndrome

論文

  1. Bardet-Biedl syndrome and related disorders in Japan.
    Makito Hirano; Wataru Satake; Nobuko Moriyama; Ken Saida; Nobuhiko Okamoto; Pei-Chieng Cha; Yutaka Suzuki; Susumu Kusunoki; Tatsushi Toda
    Journal of human genetics  2020年5月25日  [査読有り]
  2. [The prognosis and prognostic factor of Guillain-Barré Syndrome].
    Yuko Yamagishi; Susumu Kusunoki
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology  2020年3月31日  [査読有り]
  3. Neutral Lipid Storage Disease Associated with the PNPLA2 Gene: Case Report and Literature Review.
    Makoto Samukawa; Naoko Nakamura; Makito Hirano; Miyuki Morikawa; Hanami Sakata; Ichizo Nishino; Rumiko Izumi; Naoki Suzuki; Hiroshi Kuroda; Kensuke Shiga; Kazumasa Saigoh; Masashi Aoki; Susumu Kusunoki
    European neurology  83  (3)  317-322  2020年  [査読有り]
MORE