教員紹介

no image
  • 上嶋 一臣
  • 医学部講師
所属 医学科
専門 肝臓
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 肝癌の診断と治療
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/kaz-ues

学歴/経歴

学歴

  • 1989年4月 - 1995年3月
    神戸大学 医学部

経歴

  • 2005年1月 - 現在
    近畿大学医学部 消化器内科 講師
  • 2000年6月 - 2004年12月
    神戸市立中央市民病院 消化器内科
  • 1997年6月 - 2000年5月
    神戸市立中央市民病院 救急部 専攻医
  • 1995年4月 - 1997年5月
    神戸市立中央市民病院 内科 研修医

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 消化器内科学

研究キーワード

肝動注化学療法, 化学療法, 肝細胞癌

論文

  1. Randomised, multicentre prospective trial of transarterial chemoembolisation (TACE) plus sorafenib as compared with TACE alone in patients with hepatocellular carcinoma: TACTICS trial.
    Kudo M, Ueshima K, Ikeda M, Torimura T, Tanabe N, Aikata H, Izumi N, Yamasaki T, Nojiri S, Hino K, Tsumura H, Kuzuya T, Isoda N, Yasui K, Aino H, Ido A, Kawabe N, Nakao K, Wada Y, Yokosuka O, Yoshimura K, Okusaka T, Furuse J, Kokudo N, Okita K, Johnson PJ, Arai Y, TACTICS study group
    Gut  2019年12月  [査読有り]
  2. Objective Response by mRECIST Is an Independent Prognostic Factor for Overall Survival in Hepatocellular Carcinoma Treated with Sorafenib in the SILIUS Trial.
    Kudo M, Ueshima K, Chiba Y, Ogasawara S, Obi S, Izumi N, Aikata H, Nagano H, Hatano E, Sasaki Y, Hino K, Kumada T, Yamamoto K, Imai Y, Iwadou S, Ogawa C, Okusaka T, Kanai F, Arai Y
    Liver cancer  8  (6)  505-519  2019年11月  [査読有り]
  3. Switching from entecavir to tenofovir alafenamide versus maintaining entecavir for chronic hepatitis B.
    Hagiwara S, Nishida N, Ida H, Ueshima K, Minami Y, Takita M, Komeda Y, Kudo M
    Journal of medical virology  91  (10)  1804-1810  2019年10月  [査読有り]
MORE