教員紹介

中川 和彦
  • 中川 和彦
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 肺癌、新抗癌剤の臨床試験、分子標的治療
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 肺がんを中心に抗がん剤の化学療法、早期臨床試験等を専門分野としており、がん患者の緩和医療、患者・家族とのコミュニケーションの促進を図ることによる全人的癌診療の実現に努めています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2018/10/27
 TBS系JNNニュース
 医療セミナー内の講演の様子について
●2018/10/5
 関西テレビ報道ランナー
 がん免疫療法について
●2018/10/2
 読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
 本庶佑氏がノーベル賞を受賞したことについて
●2018/9/7
 読売新聞
 がん治療について
●2018/4/20
 関西医事新報
 「化学療法wp横断的に実施する専門家を育成」
●2017/2/2
読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
2月からのオプジーボ薬価改定について
●2017/1/17
 オプシーボ+高脂血症薬の併用で
 がん治療「効果アップ」について
●2016/10/30
 毎日放送「映像'16」
 がん治療における最新の化学療法や主治医として
●2016/10/3
 読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
 PD1抗体、オプジーボについて
●2016/8/2
 毎日新聞
 がん医療における緩和医療等について
●2015/05/12
 毎日放送「VOICE」
 進行がん患者に対する新薬の治験について。
●2019/9/7
 読売新聞
 遺伝子」の異常に着目した肺がん治療について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0066127

学歴/経歴

学歴

  • - 1983年
    熊本大学 医学部
  • - 1983年
    熊本大学

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 呼吸器内科学

研究キーワード

臨床腫瘍学, Medical Oncology

論文

  1. Phase I safety and pharmacokinetics study of rovalpituzumab tesirine in Japanese patients with advanced, recurrent small cell lung cancer.
    Udagawa H, Akamatsu H, Tanaka K, Takeda M, Kanda S, Kirita K, Teraoka S, Nakagawa K, Fujiwara Y, Yasuda I, Okubo S, Shintani M, Kosloski MP, Scripture C, Tamura T, Okamoto I
    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)  135  145-150  2019年9月  [査読有り]
  2. Reply to A.-M. Conway et al.
    Hayashi H, Nishio K, Nakagawa K
    Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology  37  (23)  2090  2019年8月  [査読有り]
  3. Effects of dose modifications on the safety and efficacy of dacomitinib for <i>EGFR</i> mutation-positive non-small-cell lung cancer.
    Corral J, Mok TS, Nakagawa K, Rosell R, Lee KH, Migliorino MR, Pluzanski A, Linke R, Devgan G, Tan W, Quinn S, Wang T, Wu YL
    Future oncology (London, England)  15  (24)  2795-2805  2019年8月  [査読有り]
MORE