教員紹介

垣内 康宏
  • 垣内 康宏
  • 教授/主任
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 法医学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 医学部を卒業後、病理医を経て、法医学者になりました。
法医学と公衆衛生学の学際領域に関する研究を、南大阪地域でも進めていきたいと考えています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/kakiuchi04

学歴/経歴

学歴

  • 2008年4月 - 2013年3月
    横浜市立大学 大学院医学研究科 博士課程
  • 2006年8月 - 2007年7月
    カリフォルニア大学バークレー校 公衆衛生学部
  • 2005年8月 - 2006年7月
    ワシントン大学 法学部
  • 2001年4月 - 2003年3月
    京都大学 法学部(3年次学士編入学・卒業)
  • 1995年4月 - 2001年3月
    横浜市立大学 医学部医学科

経歴

  • 2021年4月 - 現在
    近畿大学 医学部 医学科 法医学教室 主任教授
  • 2020年4月 - 2021年3月
    近畿大学 医学部 医学科 法医学教室 准教授
  • 2019年4月 - 2020年3月
    福知山公立大学 地域経営学部医療福祉経営学科 教授
  • 2017年7月 - 2019年3月
    東海大学 医学部 医学科 基盤診療学系 法医学 講師
  • 2016年4月 - 2017年6月
    横浜市医療局 がん・疾病対策課 担当課長
  • 2014年3月 - 2016年3月
    京都府立医科大学 法医学教室 講師
  • 2013年4月 - 2014年3月
    京都府立医科大学 法医学教室 助教

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 法医学

研究キーワード

警察・救急搬送データを活用した疫学研究

論文

  1. The Impact of Discontinuation of the Medical Examiner System: Cases of Drowning in the Bathtub at Home.
    Yasuhiro Kakiuchi; Ryoko Nagao; Eriko Ochiai; Yu Kakimoto; Motoki Osawa
    Journal of forensic sciences  65  (3)  974-978  2020年5月  [査読有り]
  2. The importance of the rate of pure "attended deaths at home" for objective outcome indicator for assessing the prevalence of home care in Japan.
    Yasuhiro Kakiuchi; Ryoko Nagao; Eriko Ochiai; Yu Kakimoto; Motoki Osawa
    Environmental health and preventive medicine  24  (1)  76-76  2019年12月17日  [査読有り]
  3. Sudden Infant Death After Vaccination: Survey of Forensic Autopsy Files.
    Motoki Osawa; Ryoko Nagao; Yu Kakimoto; Yasuhiro Kakiuchi; Fumiko Satoh
    The American journal of forensic medicine and pathology  40  (3)  232-237  2019年9月  [査読有り]
MORE