教員紹介

岩朝 勤
  • 岩朝 勤
  • 医学部講師
所属 医学科
学位 博士(医学)
専門 乳腺
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント 化学療法、治療全般について(疫学等も)
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/iwasa_t

学歴/経歴

学歴

  • 2005年4月 - 2008年3月
    近畿大学医学部大学院医学研究科 大学院医学研究科内科学部門腫瘍内科学
  • 1997年4月 - 2003年3月
    近畿大学医学部

経歴

  • 2014年4月 - 現在
    近畿大学医学部 腫瘍内科 医学部講師
  • 2012年9月 - 2014年3月
    近畿大学医学部 腫瘍内科 助教
  • 2010年7月 - 2012年8月
    ダナファーバー癌研究所 Posdoc fellow
  • 2010年5月 - 2010年6月
    近畿大学医学部 腫瘍内科 助教
  • 2009年4月 - 2010年4月
    南和歌山医療センター 呼吸器内科 医員
  • 2003年4月 - 2008年3月
    近畿大学医学部 腫瘍内科 助教

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, ゲノム生物学
  • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学
  • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学
  • ライフサイエンス, 腫瘍生物学
  • ライフサイエンス, 内科学一般

論文

  1. Trastuzumab, pertuzumab, and eribulin mesylate versus trastuzumab, pertuzumab, and a taxane as a first-line or second-line treatment for HER2-positive, locally advanced or metastatic breast cancer: study protocol for a randomized controlled, non-inferiority, phase III trial in Japan (JBCRG-M06/EMERALD).
    Toshinari Yamashita; Norikazu Masuda; Shigehira Saji; Kazuhiro Araki; Yoshinori Ito; Toshimi Takano; Masato Takahashi; Junji Tsurutani; Kei Koizumi; Masahiro Kitada; Yasuyuki Kojima; Yasuaki Sagara; Hiroshi Tada; Tsutomu Iwasa; Takayuki Kadoya; Tsuguo Iwatani; Hiroki Hasegawa; Satoshi Morita; Shinji Ohno
    Trials  21  (1)  391-391  2020年5月7日  [査読有り]
  2. Multicentre, phase II study of eribulin in combination with S-1 in patients with advanced breast cancer.
    Tsutomu Iwasa; Junji Tsurutani; Satomi Watanabe; Ryoji Kato; Yutaka Mizuno; Yasuyuki Kojima; Tsutomu Takashima; Nobuki Matsunami; Takashi Morimoto; Jun Yamamura; Shoichiro Ohtani; Yuko Tanabe; Tetsuhiro Yoshinami; Toshimi Takano; Yoshifumi Komoike; Kazuhiko Nakagawa
    BMC cancer  19  (1)  962-962  2019年10月16日  [査読有り]
  3. A comparative study of curated contents by knowledge-based curation system in cancer clinical sequencing.
    Sakai K; Takeda M; Shimizu S; Takahama T; Yoshida T; Watanabe S; Iwasa T; Yonesaka K; Suzuki S; Hayashi H; Kawakami H; Nonagase Y; Tanaka K; Tsurutani J; Saigoh K; Ito A; Mitsudomi T; Nakagawa K; Nishio K
    Scientific reports  9  (1)  11340  2019年8月  [査読有り]
MORE