教員紹介

伊藤 彰彦
  • 伊藤 彰彦
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 細胞接着・組織変性の分子病理学
ジャンル 医療・健康/健康問題
コメント 細胞の接着を司る分子(接着分子)の異常が起因となる病態について調べている。疾患としては、ストレス関連疾患(アトピー性皮膚炎、過敏性腸炎、禿げ)、肺気腫、糖尿病、慢性腎臓病、癌の浸潤・転移等。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0046599

学歴/経歴

学歴

  • - 1998年
    神戸大学 医学部
  • - 1998年
    神戸大学 Faculty of Medicine
  • - 1995年
    大阪大学 医学研究科
  • - 1995年
    大阪大学 Graduate School, Division of Medicine

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 実験病理学

研究キーワード

癌転移の分子機構, Molecular Basis of Metastasis

論文

  1. Severe Immune-Related Hepatitis Treated With Plasma Exchange.
    Hiroaki Kanemura; Hidetoshi Hayashi; Satoru Hagiwara; Tomoyuki Otani; Koji Haratani; Kimio Yonesaka; Akihiko Ito; Masatoshi Kudo; Kazuhiko Nakagawa
    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer  15  (3)  e39-e42  2020年3月  [査読有り]
  2. Impact of EGFR-TKI Treatment on the Tumor Immune Microenvironment in EGFR Mutation-Positive Non-Small Cell Lung Cancer.
    Kohsuke Isomoto; Koji Haratani; Hidetoshi Hayashi; Shigeki Shimizu; Shuta Tomida; Takashi Niwa; Toshihide Yokoyama; Yasushi Fukuda; Yasutaka Chiba; Ryoji Kato; Junko Tanizaki; Kaoru Tanaka; Masayuki Takeda; Takashi Ogura; Tadashi Ishida; Akihiko Ito; Kazuhiko Nakagawa
    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research  2020年1月14日  [査読有り]
  3. Ectopic TWEAKR expression in type I fiber of stroke-prone spontaneously hypertensive rats is related to slow muscle-specific hypotrophy.
    Takao Inoue; Man Hagiyama; Osamu Maenishi; Masatomo Kimura; Nobuyuki Mizuguchi; Yoshihiro Mine; Ryuichiro Kimura; Takaaki Chikugo; Tatsuki Itoh; Takao Satou; Akihiko Ito
    Life sciences  237  116919-116919  2019年11月15日  [査読有り]
MORE