教員紹介

角田 郁生
  • 角田 郁生
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 神経ウイルス学、神経免疫学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 神経難病の多発性硬化症や心筋炎におけるウイルスと免疫系の役割をデータサイエンスの手法などを用いて研究しております。21年間米国でテニュアの教員として医学部・大学院教育に携りました。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>

●2017/3/1
 毎日放送「ちちんぷいぷい」
 スタジオに生出演
 刻み海苔によるノロウイルス集団食中毒について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/itsunoda

学歴/経歴

学歴

  • 1990年4月 - 1994年3月
    東北大学 大学院博士課程
  • 1984年4月 - 1990年3月
    東北大学 医学部

経歴

  • 2016年4月 - 現在
    近畿大学医学部 微生物学講座 主任教授
  • 2015年7月 - 2016年3月
    ルイジアナ州立大学医学部 神経内科学学講座 兼任准教授
  • 2015年7月 - 2016年3月
    ルイジアナ州立大学医学部 微生物学・免疫学講座 准教授(テニュア)
  • 2009年7月 - 2015年6月
    ルイジアナ州立大学医学部 微生物学・免疫学講座 准教授
  • 2008年1月 - 2009年6月
    ユタ大学医学部 神経内科学講座 兼任准教授r
  • 2007年10月 - 2009年6月
    ユタ大学医学部 病理学講座 細胞生物学・免疫学分野 准教授
  • 2005年3月 - 2007年9月
    ユタ大学医学部 神経内科学講座 准教授
  • 2002年7月 - 2005年2月
    ユタ大学医学部 神経内科学講座 講師
  • 1999年1月 - 2002年6月
    ユタ大学医学部 神経内科学講座 助手
  • 1995年1月 - 1998年12月
    ユタ大学医学部 神経内科学講座 博士研究員
  • 1994年4月 - 1994年12月
    東北大学医学部 病態神経学講座 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 免疫学
  • ライフサイエンス, 実験動物学
  • ライフサイエンス, ウイルス学

研究キーワード

多発性硬化症, バイオインフォマティクス, 神経免疫学, 神経ウイルス学, ウイルス学

論文

  1. Neurolymphatic biomarkers of brain endothelial inflammatory activation: Implications for multiple sclerosis diagnosis
    J. W. Yun, U. Cvek, P. C.S.R. Kilgore, I. Tsunoda, S. Omura, F. Sato, R. Zivadinov, M. Ramanathan, A. Minagar, J. S. Alexander
    Life Sciences  229  116-123  2019年7月15日 
  2. Bioinformatics Analyses Determined the Distinct CNS and Peripheral Surrogate Biomarker Candidates Between Two Mouse Models for Progressive Multiple Sclerosis.
    Omura S, Sato F, Martinez NE, Park AM, Fujita M, Kennett NJ, Cvek U, Minagar A, Alexander JS, Tsunoda I
    Frontiers in immunology  10  516  2019年3月19日  [査読有り]
  3. Theiler's Virus-Mediated Immunopathology in the CNS and Heart: Roles of Organ-Specific Cytokine and Lymphatic Responses.
    Omura S, Kawai E, Sato F, Martinez NE, Minagar A, Al-Kofahi M, Yun JW, Cvek U, Trutschl M, Alexander JS, Tsunoda I
    Frontiers in immunology  9  2870  2018年12月10日  [査読有り]
MORE