教員紹介

細野 眞
  • 細野 眞
  • 教授
所属 医学科
医学研究科
原子力研究所
学位 博士(医学)
専門 腫瘍核医学、核医学、放射線医学、放射線防護
ジャンル 医療・健康/がん治療
コメント アイソトープを用いた癌の診断と治療を専門としています。ICRPやIAEAの委員を務め、厚生労働省研究班の研究代表者として国内外の学会等と連携して、新しい放射線医療の推進に取り組んでいます。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2015/06/09
 読売新聞
 医療検査での放射線について
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0110821

学歴/経歴

学歴

  • 1989年4月 - 1993年3月
    京都大学大学院医学研究科 内科系
  • 1979年4月 - 1985年3月
    京都大学 医学部

経歴

  • 2005年10月 - 現在
    近畿大学医学部 放射線医学教室 教授
  • 2003年4月 - 2005年9月
    近畿大学医学部 放射線医学教室 助教授
  • 1995年10月 - 2003年4月
    埼玉医科大学 総合医療センター放射線科 講師
  • 1994年10月 - 1995年9月
    フランス政府 フランス保健医学研究所U211 フランス政府給費留学生
  • 1993年10月 - 1994年9月
    ドイツ連邦共和国フンボルト財団 ボン大学核医学科 フンボルト財団奨学研究員
  • 1993年4月 - 1993年9月
    京都大学医学部附属病院 放射線核医学科 医員
  • 1986年4月 - 1989年3月
    田附興風会北野病院(大阪市) 放射線科 医員
  • 1985年4月 - 1986年3月
    京都大学医学部附属病院 放射線核医学科 研修医

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 放射線科学

研究キーワード

放射線防護, 腫瘍核医学, 分子標的治療, 分子イメージング, 腫瘍ターゲティング

論文

  1. Radiation doses of endoscopic procedures in the gastrointestinal and hepatobiliary fields
    Takenaka M; Hosono M; Hayashi S; Nishida T; Kudo M
    British J Radiology  in press  2021年7月  [査読有り] [招待有り]
  2. Serum lactate dehydrogenase is a predictive biomarker in oropharyngeal cancer patients undergoing radiotherapy; a retrospective study on predictive factors
    Uehara T; Doi H; Ishikawa K; Inada M; Tatsuno S; Wada Y; Oguma Y; Kawakami H; Nakamatsu K; Hosono M; Nishimura Y
    Head & Neck  in press  2021年7月  [査読有り]
  3. FDG-avid tracheal mass and cartilage involvements in ANCA-negative granulomatosis with polyangiitis (GPA)
    Tanaka H; Hosono M
    Clin Nucl Med  in press  2021年6月  [査読有り]
MORE