教員紹介

佐野 博幸
  • 佐野 博幸
  • 准教授
所属 医学科
医学研究科
学位 博士(医学)
専門 呼吸器内科学、アレルギー学
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 気管支喘息の病態と治療。アレルギーの病態における好酸球機能解析。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0106845

学歴/経歴

学歴

  • - 1997年
    鳥取大学 医学系研究科
  • - 1997年
    鳥取大学
  • - 1991年
    鳥取大学 医学部
  • - 1991年
    鳥取大学

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学医学部附属病院 アレルギーセンター 副センター長
  • 2014年 - 現在
    近畿大学 医学部呼吸器・アレルギー内科 准教授
  • 2005年 - 2013年
    近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科 講師
  • 2000年 - 2004年
    鳥取大学医学部第三内科 助手
  • 2000年 - 2003年
    Research Associate, Faculty of Medicine,
  • 1997年 - 2000年
    シカゴ大学呼吸器内科 研究員
  • 1997年 - 2000年
    Post Doctral Fellow, Section

  • 鳥取大学

  • The University of Chicago

  • of Pulmonary and Critical Medicine,

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 膠原病、アレルギー内科学
  • ライフサイエンス, 呼吸器内科学
  • ライフサイエンス, 免疫学

研究キーワード

アラキトン酸代謝, 好酸球, 気管支喘息, Arachidonic Acid cascade, Eosinophil, Bronchial Asthma

論文

  1. Accuracy of objective tests for diagnosing adult asthma in symptomatic patients: A systematic literature review and hierarchical Bayesian latent-class meta-analysis.
    Sano H, Tomita K, Sano A, Saeki S, Nishikawa Y, Nishiyama O, Iwanaga T, Tohda Y
    Allergol Int.  Epub ahead of print  2018年10月  [査読有り]
  2. Ozone augments interleukin-8 production induced by ambient particulate matter.
    Kurai J, Onuma K, Sano H, Okada F, Watanabe M
    Genes Environ  40  (14)  2018年7月  [査読有り]
  3. A Muscarinic Antagonist Reduces Airway Inflammation and Bronchoconstriction Induced by Ambient Particulate Matter in a Mouse Model of Asthma.
    Kurai J, Watanabe M, Sano H, Iwata K, Hantan D, Shimizu E
    nt J Environ Res Public Health.  15  (6)  2018年6月  [査読有り]
MORE