教員紹介

平瀨 主税
  • 平瀨 主税
  • 講師
所属 近畿大学病院
学位 博士(医学)
専門 血液内科
ジャンル 医療・健康/医学
コメント 慢性骨髄性白血病に関する化学療法について。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/hirase_chikara

学歴/経歴

学歴

  • 2005年4月 - 2009年3月
    近畿大学大学院 医学研究科
  • 1997年4月 - 2003年3月
    近畿大学 医学部

経歴

  • 2023年9月 - 現在
    近畿大学 医学部 講師
  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学病院 臨床研究センター 講師
  • 2016年4月 - 2018年3月
    独立行政法人医薬品医療機器総合機構 新薬審査第五部 審査専門員
  • 2013年4月 - 2018年3月
    近畿大学医学部 血液・膠原病内科 医学部講師
  • 2009年4月 - 2013年3月
    近畿大学医学部 血液・膠原病内科 助教

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 血液、腫瘍内科学

研究キーワード

臨床研究, レギュラトリーサイエンス, ドラッグラグ, 造血器腫瘍, 慢性骨髄性白血病, フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病

論文

  1. Long-term effectiveness and safety of high dose chemotherapy followed by autologous stem cell transplantation in daily practice in patients with diffuse large B-cell lymphoma.
    Takahiro Haeno; Shinya Rai; Yoshiaki Miyake; Maiko Inoue; Ko Fujimoto; Aki Fujii; Yoshio Iwata; Shuji Minamoto; Takahide Taniguchi; Hiroaki Kakutani; Hiroaki Inoue; Takahiro Kumode; Kentaro Serizawa; Yasuhiro Taniguchi; Chikara Hirase; Yasuyoshi Morita; Hirokazu Tanaka; Yoichi Tatsumi; Takashi Ashida; Itaru Matsumura
    Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH  63  (2)  99-107  2023年6月28日 
  2. Novel prognostic predictor of haemoglobin-platelet index in diffuse large B-cell lymphoma, not otherwise specified: Anaemia and thrombocytopenia are associated with IL-6 production in lymphoma cells.
    Takahide Taniguchi; Shoko Nakayama; Hirokazu Tanaka; Shinya Rai; Chikara Hirase; Yasuyoshi Morita; Yoichi Tatsumi; Takashi Ashida; Mitsuhiro Matsuda; Shigeo Hashimoto; Itaru Matsumura
    British journal of haematology  198  (2)  360-372  2022年4月22日 
  3. CD34+ myeloma cells with self-renewal activities are therapy-resistant and persist as MRD in cell cycle quiescence.
    Kentaro Serizawa; Hirokazu Tanaka; Takeshi Ueda; Ayano Fukui; Hiroaki Kakutani; Takahide Taniguchi; Hiroaki Inoue; Takahiro Kumode; Yasuhiro Taniguchi; Shinya Rai; Chikara Hirase; Yasuyoshi Morita; J Luis Espinoza; Yoichi Tatsumi; Takashi Ashida; Itaru Matsumura
    International journal of hematology  115  (3)  336-349  2022年3月 
MORE