教員紹介

髙橋 英夫
  • 髙橋 英夫
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 博士(医学)
専門 免疫薬理学、神経薬理学、臨床薬理学
ジャンル 医療・健康/薬と社会
コメント 病気はホメオスタシス機構の異常であるという観点から、異常の原因となる標的分子を特定し、病態生理への関与を多様な方法で検討し、創薬研究によって臨床医学へ貢献する所存です。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0074498

学歴/経歴

学歴

  • 岡山大学 医学部
  • 岡山大学

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 外科学一般、小児外科学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 免疫学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学
  • ライフサイエンス, 薬理学
  • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学

研究キーワード

ターゲットバリデーション, 病態メカニズム, 創薬, ターゲットバリデーション, 病態メカニズム解析, 創薬

論文

  1. Differential contribution of possible pattern-recognition receptors to advanced glycation end product-induced cellular responses in macrophage-like RAW264.7 cells.
    Watanabe M, Toyomura T, Wake H, Liu K, Teshigawara K, Takahashi H, Nishibori M, Mori S
    Biotechnology and applied biochemistry  2019年10月  [査読有り]
  2. Histidine-rich glycoprotein ameliorates endothelial barrier dysfunction through regulation of NF-κB and MAPK signal pathway.
    Gao S, Wake H, Gao Y, Wang D, Mori S, Liu K, Teshigawara K, Takahashi H, Nishibori M
    British journal of pharmacology  176  (15)  2808-2824  2019年8月  [査読有り]
  3. Anti-HMGB1 monoclonal antibody therapy for a wide range of CNS and PNS diseases.
    Nishibori M, Mori S, Takahashi HK
    Journal of pharmacological sciences  140  (1)  94-101  2019年5月  [査読有り]
MORE