教員紹介

水越 厚史
  • 水越 厚史
  • 講師
所属 医学科
学位 博士(環境学)
専門 室内空気質
ジャンル 環境/環境と社会
コメント 室内空気及び大気汚染物質の挙動を実験室実験やフィールド調査にて解明し、健康への影響を評価しています。対策方法についても研究しています。対象は主に、揮発性有機化合物(VOC)です。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/amizukos

学歴/経歴

学歴

  • 2002年4月 - 2007年6月
    東京大学 大学院新領域創成科学研究科
  • 1998年4月 - 2002年3月
    東京工業大学 工学部

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 医学部 環境医学・行動科学教室 講師
  • 2014年6月 - 2019年3月
    早稲田大学 応用脳科学研究所 招聘研究員
  • 2014年4月 - 2018年3月
    近畿大学 医学部 環境医学・行動科学教室 助教
  • 2012年4月 - 2014年3月
    東京都立産業技術研究センター 開発本部 開発第二部 環境技術グループ 副主任研究員
  • 2011年11月 - 2012年3月
    東京都立産業技術研究センター 開発本部 開発第二部 環境技術グループ 研究員
  • 2007年7月 - 2011年10月
    東京大学 大学院新領域創成科学研究科 共同研究員
  • 2007年7月 - 2011年10月
    東京都立産業技術研究センター 地域結集事業推進部 地域結集研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • 環境・農学, 環境負荷低減技術、保全修復技術
  • 環境・農学, 化学物質影響
  • 環境・農学, 放射線影響

研究キーワード

室内環境, 健康影響(14), 分析化学, VOC

論文

  1. Effects of reduced pressure on the reaction between ozone and limonene in a simulated aircraft cabin environment
    Atsushi Mizukoshi, Kenichi Azuma, Shigehiro Sugiyama, Daisuke Tanaka, Masashi Inoue, Masahiro Tokumura, Jiro Okumura
    Building and Environment  163  106320  2019年10月  [査読有り]
  2. Emission characteristics of diethylhexyl phthalate (DEHP) from building materials determined using a passive flux sampler and micro-chamber
    Naohide Shinohara, Atsushi Mizukoshi, Mayumi Uchiyama, Hirofumi Tanaka
    PLos ONE  14  (9)  e0222557  2019年9月  [査読有り]
  3. 入門講座 室内環境 ―第2講 室内空気汚染の人体への影響と管理―
    水越 厚史, 中井 里史, 野口 美由貴, 橋本 一浩
    大気環境学会誌  54  (5)  A103  2019年9月  [招待有り]
MORE