教員紹介

伊藤 彰彦
  • 伊藤 彰彦
  • 教授/主任
所属 医学科
医学研究科
学位 医学博士
専門 細胞接着・組織変性の分子病理学
ジャンル 医療・健康/健康問題
コメント 細胞の接着を司る分子(接着分子)の異常が起因となる病態について調べている。疾患としては、ストレス関連疾患(アトピー性皮膚炎、過敏性腸炎、禿げ)、肺気腫、糖尿病、慢性腎臓病、癌の浸潤・転移等。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0046599

学歴/経歴

学歴

  • - 1998年
    神戸大学 医学部
  • - 1998年
    神戸大学
  • - 1995年
    大阪大学 医学研究科
  • - 1995年
    大阪大学

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 実験病理学

研究キーワード

癌転移の分子機構, Molecular Basis of Metastasis

論文

  1. Ectopic TWEAKR expression in type I fiber of stroke-prone spontaneously hypertensive rats is related to slow muscle-specific hypotrophy.
    Inoue T, Hagiyama M, Maenishi O, Kimura M, Mizuguchi N, Mine Y, Kimura R, Chikugo T, Itoh T, Satou T, Ito A
    Life sciences  237  116919  2019年11月  [査読有り]
  2. A Case of Metastatic Malignant Breast Adenomyoepithelioma With a Codon-61 Mutation of HRAS.
    Watanabe S, Otani T, Iwasa T, Takahama T, Takeda M, Sakai K, Nishio K, Ito A, Nakagawa K
    Clinical breast cancer  19  (5)  e589-e592  2019年10月  [査読有り]
  3. Guanylate binding protein 1 (GBP-1) promotes cell motility and invasiveness of lung adenocarcinoma.
    Yamakita I, Mimae T, Tsutani Y, Miyata Y, Ito A, Okada M
    Biochemical and biophysical research communications  518  (2)  266-272  2019年10月  [査読有り]
MORE