卒業者インタビュー

文学科 日本文学専攻

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)勤務

鍬田 祥子さん (2015年卒業)

車が故障した際の「ロードサービスのJAF」でご存知の方もいらっしゃると思いますが、それ以外でも「入会して良かった」と喜んでいただくために、様々な会員向けサービスを提供しています。中でも私は、割引や特典のある店舗の新規開拓や紹介、広報冊子・チラシの作成、自治体とドライブを通じた観光の促進業務などを担当しています。店舗や自治体の現状をヒアリングし、集客のための企画を提案する…広告業界に近いかもしれません。実際の企画に、予想より多くのお客様が訪れれば大変嬉しいですし、下回れば「どこに問題があったのか」を分析し、新たな企画を提案します。様々な業種・職種の方と仕事を行うため、自分の知らない業界を学ぶことができるのがやりがいです。

鍬田 祥子さん

文学科 英語英米文学専攻

株式会社ジェイエア

北岸 千知さん (2015年卒業)

私は、JALグループの中でも伊丹空港をベースにし地方路線の主翼を担っている会社ジェイ・エアにて、北海道から鹿児島まで国内のフライトを担当しています。ジェイ・エアは創立以来、モニターなどの機内エンターテインメントがない機材を運航してきました。そこで、お客さまに快適な空の旅をお楽しみいただけるよう、手作りのルートマップを用いて現在どこの上空を飛行しているのかお客さまとお話をしたり、客室乗務員の似顔絵シールをお渡しするなど、乗務員一人一人がさまざまな工夫を凝らしています。フライトパターンは日帰りから3泊4日まであり、基本は4勤2休の繰り返しであるため、休日の予定も立てやすく公私ともに充実した生活を送れています。ステイ先では自由時間もあるため、近場の観光や、地元の美味しい物を食べに行けることも客室乗務員の仕事の魅力の一つです。札幌なら海鮮、福岡ならもつ鍋など、地方は地域や旬によって新鮮で美味しい物が沢山あり、これらを楽しんでいる乗務員も多くいます。

北岸 千知さん

芸術学科 舞台芸術専攻

映画監督

舞台を学んだことが映画監督としての土台に。
これからも全力で撮り続けていきます

戸田 彬弘さん (2006年卒業)

映画監督の仕事を中心に、舞台演出、脚本、演技トレーナーなどを手掛けています。最近は役者のマネージメントを自社で行うこともはじまり、役者と一緒に仕事で歩むことが増えてきています。年々、どんな職種であろうと、一番重要なことはコミュニケーション能力だと痛感します。僕は大学で演劇を専攻していたので、在学中は作品作りの中で毎日たくさんの人と関わっていました。その時の経験が本当に今生かされています。映画監督や芸能界というのは本当に特別なものでも何でもなく、結局は社会と同じなんだなと日々痛感しています。これからもコミュニケーションを大切に作品と向き合っていけたらと思っています。

戸田 彬弘さん

芸術学科 造形芸術専攻

フェリシモ勤務

大学の4年間は、夢を磨いた青春時代。
商品企画を通じ世の中を幸せにしたい!

大谷 晃平さん (2013年卒業)

専攻していたガラス造形ゼミでは毎日制作に没頭し、技術だけでなく、自分で考えて創り出す力を身につけることができました。自問自答の毎日でしたが、とても楽しく大学時代を過ごすことができ、僕にとってかけがえのない4年間でした。ものづくりを通して世の中のニーズに応え、人や社会を幸せにできる道に進みたいと思い、商品企画の道を選びました。現在はインテリアや収納アイテムの企画に携わり、ステンドグラスを用いた商品も企画しました。自分ができることをやり続け、少しでも人々の生活や社会を豊かにすることが僕の夢です。

大谷 晃平さん

文化・歴史学科

生駒ふるさとミュージアム(地域文化財研究所)

俵 和馬さん (2013年卒業)

目の前にあるコップ。ただ眺めるだけでは「水を飲む器」で終わってしまいます。でもそれには、どこで作られたのか、誰が使い続けてきたのか…といった幾多もの情報や歴史が込められているのです。それらを掘り起こし(展示・研究)、伝え(教育普及)、歴史とともに資料を未来へ残す(保存・管理)のが学芸員のお仕事です。こういった基本的なお仕事以外にも、イベントの企画やミュージアムショップの運営、事務作業などをこなしていくのも、私たちのお仕事でもあります。正直、日本の学芸員は多忙で、私自身もその例に漏れません。ですが、文化財を守っていくという義務感は大きな魅力です。また、民俗や歴史を教え伝えていくという目に見えない形で、微力ながらみんなの「夢」を守っていくことは一番のやりがいだと感じています。

俵 和馬さん