法律学科について

実社会で役立つ“リーガルマインド”を養成

法学部法律学科では、法律や政治に関する知識を学ぶだけではなく、複雑化する現代社会において、自ら問題点を見つけ解決策を提案できる“リーガルマインド”の養成を重視しています。リーガルマインドは法律家のみならず、一般企業におけるルール適応能力など、社会人としての普遍的な素養となるものです。1・2年次には法律学と政治学の基礎を学ぶ基幹科目を履修し、2年次からは実社会で生きる能力を養う展開科目によって体系的に学びます。

法律学科について

進路目標に向け専門特化したコース制度

法科大学院に進学し弁護士などの法曹をめざす「司法コース」、法律・政策の知識を用いて国際社会で活躍をめざす「国際コース」、国家公務員採用試験・地方公務員上級採用試験などの合格をめざす「行政コース」の3つのコースを設置。目標とする進路へ着実に近づいていくための充実した教育プログラムを編成しています。
また、幅広い知識を習得して進路を考えたい人のために、4つの専攻プログラムを設置。検察事務官や裁判所事務官、警察官、刑務官などの進路イメージを持つ学生向けの「犯罪・非行と法」、一般企業への就職を考える学生向けの「経済生活と法」、公認会計士、税理士、金融関係の進路イメージを持った学生向けの「会計・税務と法」、地方自治体や建設・不動産関連企業への進路イメージを持つ学生向けの「まちづくりと法」など、自分の適性を見極められるプログラムを編成しています。

アドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシー

資格

司法書士、行政書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、法科大学院進学など

サポート体制について