教員紹介

日髙 健
日髙 健
教授
所属 産業理工学部 経営ビジネス学科
産業理工学・産業技術研究科
学位 博士(水産学)、経営学修士(MBA)
専門 水産経営学、地域経営学
ジャンル 経営・産業/経営
コメント 沿岸域の利用と管理、特に最近では「里海」をマネジメントするための組織や仕組みについて研究しています。また、商店街、漁村など地域活性化を進めるための組織や仕組みを研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0058341

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 2005年4月 - 2008年3月
    神戸大学大学院 経営学研究科
  • 1988年4月 - 1996年3月
    慶應義塾大学 経済学部
  • - 1996年
    慶應義塾大学
  • 1976年4月 - 1980年3月
    九州大学 農学部

経歴

  • 2012年10月 - 現在
    近畿大学産業理工学部 学部長補佐
  • 2011年4月 - 現在
    近畿大学産業理工学部 教授
  • 2011年10月 - 2012年9月
    近畿大学産業理工学部 経営ビジネス学科長
  • 2007年4月 - 2011年3月
    近畿大学産業理工学部 准教授
  • 2001年4月 - 2007年3月
    近畿大学農学部 助教授
  • 1998年4月 - 2001年3月
    近畿大学農学部 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学, 環境政策、環境配慮型社会
  • ライフサイエンス, 水圏生産科学

研究キーワード

沿岸域管理, 里海, 水産経営学, 水産経済学

論文

  1. 沿岸域多段管理システムの適用可能性と課題ー大村湾を事例としてー

    日本海洋政策学会誌  (9)  94-107  2019年12月  [査読有り]
  2. ネットワーク・ガバナンスによる沿岸域多段階管理の試案
    日髙 健
    沿岸域学会誌  31  (3)  29-40  2018年12月  [査読有り]
  3. 漁業の6次産業化とビジネスモデル
    日髙 健
    フードシステム研究  24  (4)  351-355  2018年  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 里海管理論―きれいで豊かで賑わいのある持続的な海 , 柳 哲雄 , 沿岸海域の多段階管理システム(240-254ページ) , 農林統計協会 , 2019年3月29日
  2. GLOBAL CHANGE IN MARINE SYSTEMS; Integrating Natural, Social and Governing Responses , 日髙 健 , 分担執筆 , 第9章 長崎県による大村湾の自発的な沿岸域管理の事例分析 , ルートリッジ , 2017年
  3. 里海と沿岸域管理ー里海をマネジメントする , 日髙 健 , 単著 , 農林統計協会 , 2016年3月

MORE

講演・口頭発表等

  1. ノリ養殖漁場の賃貸借問題が提起する漁業管理の現代的課題 , 日髙 健 , 漁業経済学会第57回大会 , 2010年5月
  2. 直接取引による水産物地域流通再編の取組み―イオンとJFしまねの取組みを中心に― , 日髙 健 , 地域漁業学会第51回大会 , 2009年11月
  3. 地域資源管理システムとしての里海の要件 , 日髙 健 , 水産学会2009年度春期大会シンポジウム , 2009年3月

MORE

MISC

  1. 水産白書を読んで 漁業経営改善のための新たなビジネスモデル構築 , 農林統計調査 , 2005 7、29-36 , 2005年
  2. 中小漁業経営とイノベーション , 公庫月報 , vol.660、2005、2-5 , 2005年
  3. Evaluation of status and competitive advantage of tuna aquaculture in Australia , Journal of Rural Problems , 41-3 , 2005年

MORE

受賞

  1. 2019年7月, 日本沿岸域学会, 日本沿岸域学会論文賞, ネットワーク・ガバナンスによる沿岸域多段階管理の試案
  2. 2017年7月, 日本沿岸域学会, 出版・文化賞,
  3. 2011年9月, 日本沿岸域学会, 出版・文化賞,

MORE

競争的資金

  1. 環境省, 環境研究総合推進費, 三段階管理法提案
  2. 日本学術振興会, 科研費 基盤研究(C), 沿岸域の総合的評価手法と順応的管理システムの研究
  3. 日本学術振興会, 科研費 基盤研究(C), 沿岸域が里海として持続的に存続するための管理システムの構造と機能

MORE