教員紹介

浅野 真誠
浅野 真誠
准教授
所属 産業理工学部 情報学科
産業理工学研究科
学位 博士(理学)
専門 量子情報理論
ジャンル 科学・技術/数学
コメント 量子情報理論を認知情報処理の数理モデル化やバイオインフォマティクスに応用する研究をおこなっています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0084345

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • - 2005年
    東京理科大学 理学研究科
  • - 2005年
    東京理科大学 Graduate School, Division of Natural Science
  • - 1999年
    東京理科大学 理学部
  • - 1999年
    東京理科大学 Faculty of Science

経歴

  • 2022年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 情報学科 准教授
  • 2013年4月 - 2022年3月
    徳山工業高等専門学校 一般科目 准教授
  • 2012年4月 - 2013年3月
    芝浦工業大学 工学部 非常勤講師
  • 2010年4月 - 2011年3月
    東京理科大学 量子生命情報研究センター
  • 2005年4月 - 2010年3月
    東京理科大学 理工学部情報科学科 嘱託助教

研究活動情報

研究分野

  • 自然科学一般, 数理物理、物性基礎

論文

  1. A Quantum-Like Model of Information Processing in the Brain
    Andrei Khrennikov; Masanari Asano
    APPLIED SCIENCES-BASEL  10  (2)  2020年1月 
  2. Quantum-like model of subjective expected utility
    Basieva Irina; Khrennikova Polina; Pothos Emmanuel M; Asano Masanari; Khrennikov Andrei
    JOURNAL OF MATHEMATICAL ECONOMICS  78  150-162  2018年10月  [査読有り]
  3. A HYSTERESIS EFFECT on OPTICAL ILLUSION and NON-KOLMOGOROVIAN PROBABILITY THEORY
    Masanari Asano; Andrei Khrennikov; Masanori Ohya; Yoshiharu Tanaka
    Lecture Notes Series, Institute for Mathematical Sciences  34  201-213  2018年 

MORE

書籍等出版物

  1. Quantum adaptivity in biology : from genetics to cognition , Asano Masanari , Springer, ISBN: 978-94-017-9818-1 (2015) , 2015年

MISC

  1. 携帯端末機を利用した外来癌化学療法患者の発熱性好中球減少症アラートシステムの開発(第2段階報告) , 外崎明子; 竹田雄一郎; 松澤智史; 田畑耕治; 浅野真誠; 田中芳治 , 国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会プログラム・抄録集 , 7th , 81 , 2017年
  2. Quantum adaptivity in biology: From genetics to cognition , Masanari Asano; Andrei Khrennikov; Masanori Ohya; Yoshiharu Tanak; Ichiro Yamato , Quantum Adaptivity in Biology: From Genetics to Cognition , 1 , 173 , 2015年1月1日
    概要:This book examines information processing performed by bio-systems at all scales: from genomes, cells and proteins to cognitive and even social systems. It introduces a theoretical/conceptual principle based on quantum information and non-Kolmogorov probability theory to explain information processing phenomena in biology as a whole. The book begins with an introduction followed by two chapters devoted to fundamentals, one covering classical and quantum probability, which also contains a brief introduction to quantum formalism, and another on an information approach to molecular biology, genetics and epigenetics. It then goes on to examine adaptive dynamics, including applications to biology, and non-Kolmogorov probability theory. Next, the book discusses the possibility to apply the quantum formalism to model biological evolution, especially at the cellular level: genetic and epigenetic evolutions. It also presents a model of the epigenetic cellular evolution based on the mathematical formalism of open quantum systems. The last two chapters of the book explore foundational problems of quantum mechanics and demonstrate the power of usage of positive operator valued measures (POVMs) in biological science. This book will appeal to a diverse group of readers including experts in biology, cognitive science, decision making, sociology, psychology, and physics mathematicians working on problems of quantum probability and information and researchers in quantum foundations.
  3. Horodeckiモデルについて , 斎藤辰徳; 浅野真誠; 松岡隆志; 大矢雅則 , 素粒子論研究・電子版(Web) , 13 , WEB ONLY , 2012年12月2日

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 意思決定理論再考―新しい実在論の視座から― , 徳山工業高等専門学校
  2. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 癌化学療法中の有害事象管理とセルフケアのための双方向性モバイル通信システムの開発 , 国立研究開発法人国立国際医療研究センター
  3. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), がん患者の最適身体活動量の維持をめざす多機能携帯電話利用看護支援システムの検証 , 国立研究開発法人国立国際医療研究センター

MORE