Researchers

KUDO Masatoshi

KUDO Masatoshi
Professor/Senior Staff
Faculty Department of Medicine / Graduate School of Medical Sciences
Researchmap https://researchmap.jp/m-kudo

Education and Career

Academic & Professional Experience

  • Apr. 1999 - Today , Kindai University Faculty of Medicine Professor and Chairman

Research Activities

Research Areas

  • Life sciences, Medical systems
  • Life sciences, Gastroenterology
  • Life sciences, Tumor diagnostics and therapeutics

Research Interests

Hepatocellular carcinoma, 肝腫瘍の画像診断, Conrast-ehnaced ultrasonogaraphy, EOB-MRI, Radiofreuqency ablation (RFA), Transarterial chemoembolization (TACE), 肝動注化学療法, Molecular targeted therapy, 血管新生阻害治療, Immunotherapy, Immune checkpoint inhibitor

Published Papers

  1. Cronkhite-Canada Syndrome Mimicking COVID-19-related Symptoms.
    Kayo Miyawaki; Takaya Komori; Yoshihiro Ishida; Yuri Sakaguchi; Hajime Honjo; Masatoshi Kudo; Atsushi Otsuka
    Acta dermato-venereologica  17, Oct. 2022 
  2. A case of HCC successfully treated with infliximab-steroid sequential therapy for small bowel perforation due to atezolizumab/bevacizumab combination therapy.
    Satoru Hagiwara; Yoriaki Komeda; Naoshi Nishida; Akihiro Yoshida; Masatoshi Kudo
    Cancer reports (Hoboken, N.J.)  , e1721-, 12, Oct. 2022 
  3. Prognostic Factors for Overall Survival in Patients with HCV-Related HCC Undergoing Molecular Targeted Therapies: Beyond a Sustained Virological Response.
    Yasunori Minami; Tomoko Aoki; Hirokazu Chishina; Masahiro Takita; Satoru Hagiwara; Hiroshi Ida; Kazuomi Ueshima; Naoshi Nishida; Masatoshi Kudo
    Cancers  14  (19)  4, Oct. 2022 

MORE

Books etc

  1. アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法による肝細胞癌治療 , 小川 力; 福家和諭; 真鍋卓嗣; 柴峠光成; 工藤正俊 , Wnt/βカテニン変異の症例に対するアテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法の使用経験 , Wnt/βカテニン変異の症例に対するアテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法の使用経験 , アークメディア , Sep. 2021
  2. アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法による肝細胞癌治療 , 工藤正俊 , アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法の登場による肝細胞癌治療の今後の展開 , アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法の登場による肝細胞癌治療の今後の展開 , アークメディア , Sep. 2021
  3. アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法による肝細胞癌治療 , 青木智子; 上嶋一臣; 工藤正俊 , アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法のpatient reported outcomes , アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法のpatient reported outcomes , アークメディア , Sep. 2021

MORE

Conference Activities & Talks

  1. 座長「肝疾患栄養代謝マネジメント~アンモニア代謝異常潜在期(LAM)における代謝ドミノと亜鉛~」 , 工藤正俊 , 肝疾患の栄養代謝マネジメント , 18, Nov. 2022
  2. Invited Lecture “The trends of development in treatment of advanced liver cancer in Japan” , Masatoshi Kudo , National Launch Conference (web) , 13, Nov. 2022
  3. 当院におけるEUS-BD事前準備の工夫. シンポジウム2「胆管ドレナージの現状と課題」 , 福永朋洋; 大本俊介; 山崎友裕; 竹中 完; 工藤正俊 , 第109回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 , 5, Nov. 2022

MORE

MISC

  1. 【膵神経内分泌腫瘍-新たなる胎動2022-】画像診断 膵神経内分泌腫瘍の内視鏡診断 , 大塚 康生; 鎌田 研; 山崎 友裕; 大本 俊介; 三長 孝輔; 竹中 完; 樫田 博史; 工藤 正俊 , 肝胆膵 , 84 , 6 , 783 , 788 , Jun. 2022
  2. CEUS LI-RADSを知る , 南 康範; 工藤 正俊; 河野 優子 , 超音波医学 , 49 , 3 , 205 , 213 , May. 2022
    Summary:LI-RADS(Liver Imaging Reporting and Data System)とはAmerican College of Radiology(ACR)から提唱されている肝細胞癌の診断アルゴリズムで,LI-RADSにはUSによるスクリーニングを目的としたUS LI-RADS,造影所見による診断を目的としたCT/MRI LI-RADSとCEUS LI-RADS,そして治療効果判定のCT/MRI LI-RADS treatment response algorithmがある.最近ではLI-RADSを用いたレポーティングシステムが米国の病院に広く採用されるようになり,肝細胞癌診断の標準化につながった.そして,2018年に米国肝臓学会によってLI-RADSが肝細胞癌の診断基準として正式に採用されるに至った.また,CT/MRI LI-RADSは11ヵ国語,CEUS LI-RADSは8ヵ国語の言語に翻訳され,世界中から注目を集める診断アルゴリズムとなっている.一方,日本では本学会が定めた腹部超音波検診判定マニュアルや肝腫瘤の超音波診断基準が日常診療に広く受け入れられている.現行のCEUS LI-RADSは日本で認可されている超音波造影剤(Sonazoid)に対応していないこともあり,日本の日常診療においてUSおよびCEUS LI-RADSが用いられる機会は非常に限定的である.しかし,CEUS LI-RADSがSonazoidに対応することで将来の世界標準となる可能性もあり,その動向が注視される.(著者抄録)
  3. 【肝胆膵癌におけるconversion therapy】肝細胞癌におけるconversion therapy 薬物療法後のconversion(TACE、Ablation) LEN-TACEとABC conversion therapy , 工藤 正俊; 土谷 薫; 中村 典明 , 肝胆膵 , 84 , 5 , 613 , 624 , May. 2022

MORE

Awards & Honors

  1. Apr. 2022, 日本消化器病学会学術賞受賞
  2. Nov. 2021, Highly Cited Researchers 2021 受賞(Clarivate Analytics:臨床医学部門)(日本人2名中1名)
  3. May. 2021, 日本超音波医学会 学会特別賞

MORE