Researchers

ISHIGAMI Keiko

ISHIGAMI Keiko
Associate Professor
Faculty Department of Law
Researchmap https://researchmap.jp/k-1sh1gam1

Education and Career

Education

  • Doshisha University, Graduate School of Law,
  • Kyoto University, Faculty of Law,
  • - 2011/03 , Tohoku University, 大学院,

Academic & Professional Experience

  • Apr. 2021 - Today , Kindai University Faculty of Law 准教授
  • Apr. 2016 - Mar. 2021 , Osaka University of Economics and Law Faculty of Law 准教授
  • Apr. 2011 - Mar. 2016 , Doshisha Women's College of Liberal Arts Faculty of Contemporary Social Studies 助教(有期)

Research Activities

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Civil law
  • Humanities & social sciences, Social law
  • Humanities & social sciences, New fields in law

Research Interests

民法, 契約法, 不当条項規制, 約款, 定型約款, 事業者間契約, 消費者契約, 労働契約, 保険契約, ドイツ法, 法教育, 教育工学, 生成AI, 生成系AI

Published Papers

  1. 契約内容規制における考慮事由としての当事者利益の外延――ドイツ約款法における「一般利益[Allegemeininteressen]」 をめぐる議論を契機に――

    生命保険論集  223  Jun. 2023  , Refereed
  2. 約款における契約説の意義に関する一考察―スポーツ仲裁自動応諾条項に関する仲裁判断を契機に
    石上 敬子
    『これからの民法・消費者法(Ⅱ) ― 河上正二先生古稀記念』信山社  , 463-480, Mar. 2023 
  3. 約款規制の事業者間契約における意義 ―ドイツにおける議論の変遷と現状-
    石上敬子
    損害保険研究  82  (3)  , 35-60, Nov. 2020  , Refereed

MORE

Books etc

  1. 新・判例ハンドブック債権法I , 潮見 佳男; 山野目 章夫; 山本 敬三; 潮見 佳男; 山野目 章夫; 山本 敬三 , 日本評論社 , 23, Mar. 2018
  2. ヨーロッパ契約法原則〈3〉 , オーレ ランドー; アンドレ プリュム; ラインハルト ツィンマーマン; エリック クライフ; Eric Clive; Andr ́e Pr ̈um; Ole Lando; Reinhard Zimmermann; 潮見 佳男; 中田 邦博; 松岡 久和 , 法律文化社 , Oct. 2008
  3. 世界のジェンダー平等―理論と政策の架橋をめざして (東北大学21世紀COEプログラムジェンダー法・政策研究叢書) , 辻村 みよ子; 西谷 祐子; 戸澤 英典 , 東北大学出版会 , Apr. 2008

Conference Activities & Talks

  1. ドイツの「児童騒音」をめぐる法状況―環境法における特権化と民法への影響 , 石上敬子 , 比較法学会第87回総会 , 1, Jun. 2024
  2. 大人数(対面型)講義におけるzoomを用いたグループワーク――ポストコロナのICT活用授業 , 石上敬子; 芳中千裕 , 令和5年度私情協教育イノベーション大会 , 7, Sep. 2023
  3. 大学法学部における生成AIの可能性と展望 , 石上敬子 , 法と教育学会第14回学術大会 , 3, Sep. 2023

MORE

MISC

  1. Die Zeit als Vormund im Recht des Verbraucherschutzes , Cosima Möller; 石上敬子 , 『これからの民法・消費者法(Ⅰ) ― 河上正二先生古稀記念』信山社 , 99 , 116 , Mar. 2023
  2. 死亡保険金等が遺留分算定の基礎財産となるかが相続人以外の者との間で争われた事例[東京地裁令和元.12.23判決] , 石上敬子 , 保険事例研究会レポート , 347 , 12 , 20 , Dec. 2021
  3. ルーブリックの法学部教育への展開 : 法学部学生研究発表大会における実践例と統計的検証 , 石上 敬子; 喜入 暁; 大島 一悟 , 大阪経済法科大学法学論集 , 84 , 1 , 26 , Mar. 2021

MORE

Research Grants & Projects

  1. 生命保険文化センター, 生命保険に関する研究助成, 約款の内容規制における考慮事由としての抽象的利益――ドイツにおけるAllgemeininteressenをめぐる議論を契機に
  2. Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Early-Career Scientists, 約款の不当条項規制論の再構成―事業者間契約におけるその意義 , Osaka University of Economics and Law
  3. 損害保険事業総合研究所, 損害保険研究費助成, 約款規制の事業者間契約への展開と「商慣習」の意義

MORE