グローバル教育・留学

経済学部語学留学プログラム

経済学部独自のプログラムで、3年次前期に20人程度を選抜して海外語学留学に派遣します。約4カ月間の語学留学を通して、真のコミュニケーション能力を育てます。留学先大学の授業料はすべて経済学部が負担します。

期間 4月~7月にかけての15週間
参加人数 20人程度
留学先 カルガリー大学(カナダ)

カルガリー大学の語学留学プログラムでは、英会話力や発音、英文構成力をはじめとした、総合的な英語教育を行います。講義はスピーキング、リーディング・ライティング、文法の3コースをすべて学びます。クラスは基礎から上級まで6つのレベルに分かれ、全270時間(月~木曜まで1日5時間、金曜は3時間)の豊富な講義時間と、1クラス平均16人という少人数の環境で、自分のレベルに合わせてしっかりと英語力を伸ばすことができます。留学中は歓迎イベントやキャンパスツアーなどが行われ、大学の図書館やレクリエーション施設が利用できるなど、充実した環境で楽しみながら学習ができます。

カルガリー大学

カルガリー大学

カルガリー帰国生エッセイ集

英語能力テストTOEICスコア平均

令和4年度実績 2年生3月 → 3年生8月
Speaking Test

104.7 → 130.5

Writing Test

132.6 → 144.7

令和元年度実績 2年生3月 → 3年生7月
Speaking Test

85.3 → 114.7

Writing Test

124.7 → 147.1

経済学部海外留学プログラム(国際経済学科)

国際経済学科に所属する学生を対象とした留学プログラムです。
詳細は以下よりご確認ください。

経済学部海外留学プログラム(国際経済学科)

近畿大学の国際交流プログラム

その他にも近畿大学ではグローバル教育・留学プログラムをサポートしています。詳細は以下よりご確認ください。

近畿大学の国際交流

留学経験者インタビュー

留学中に身についた行動力を生かし、何事にも積極的に取り組めるようになりました

森口 誠也 さん

【留学先】カナダ・カルガリー大学

国際経済政策学科[3年]
奈良県立桜井高校出身

中学、高校と勉強やTOEICに取り組む中で、リスニングやスピーキングがほとんど習得できていないことに気づきました。そこで、自分に足りない力を補うには英語力と異文化を肌で学び感じることができる留学が最適だと思い、入学時から学部独自の留学を志望。留学先では語学の勉強に励むだけでなく、せっかくの機会を逃して後悔したくなかったので、メキシコやコロンビアなど他国の留学生と積極的にコミュニケーションを取るようにしていました。慣れない地で他国の人と慣れない言語で話すことは簡単ではありませんでしたが、休日にはカルガリーの国立公園などいろんな場所に出かけ、交友関係を深め、勉強も遊びも全力で取り組んでいました。将来はグローバル企業で働きたいという目標があるので、この留学経験を生かし英語力を鍛えていきたいと思います。

森口 誠也 さん