今月のアクティビティ

  • 2018年9月・10月 アクティビティカレンダー

今月のACEプログラム

  • 2018年10月ACEカレンダー

カフェメニュー

英語村E3[e-cube]とは

英語村E3[e-cube]とは

遊びながら英語を楽しく学ぶ――。近畿大学本部キャンパスに2006年11月、オープンした英語村E3[e-cube]は、このコンセプトを徹底して実践する“英語の遊び場”。「遊びを取り入れた勉強」ではなく、徹頭徹尾、「遊び」を貫きます(――ただし、英語で)。日本の大学で初めてとなるユニークな試みは、大学英語教育の現状に一石を投じつつ、「英語嫌いだった」学生たちと英語との距離をぐんぐん縮めています。

広さ320平方メートル、高さ10メートルの総吹き抜け(平屋)、木造総ガラス張りの立方体(キューブ)。英語村E3[e-cube]は、キャンパスの一角に開放感と透明感あふれる空間を生み出しました。

ユニークなのは外観だけではありません。一歩、中に踏み入れば、本当にここが大学?と戸惑う光景に出会えます。
本格的な料理教室、ダンスや武術の練習に励むグループもあれば、マジック、カードゲームに興じる一団も。常設のカフェで、お茶とスイーツ、おしゃべりを楽しむ女子学生の輪もあります。外のコートでは、バスケットボールが弾んでいます。

そこで交わされる会話はすべて英語。そして、常駐する外国人のネイティブスタッフたちは皆、音楽やスポーツ、料理、手芸といった「一芸」を持つ人物ばかり。それぞれの特技を活かして、学生と英語で「遊ぶ」のです。

村長あいさつ

村長 北爪佐知子

英語村E3[e-cube]は、元理事長世耕弘昭先生の「英語嫌いの学生、英語が苦手な学生が、英語を好きになり、英語がしゃべれるようにする」という独創的なビジョンをもとにして、2006年11月オープンしました。

この目標を達成するため、「楽しく英語を学ぶ」をコンセプトとして様々なアクティビティ、イベント、チャットなどを行ってきました。日本の大学で初めてとなるユニークなこの試みは、大学英語教育の現状に一石を投じつつ、教育界だけでなくマスコミ、自治体等からも多くの注目を集めてきました。

開村以来11年半で、126万人以上の人々が英語村で自然な英語コミュニケーションを楽しみ、その結果、自然に英語で自分を表現することができるようになり、国際社会でのマナー、文化を習得し、国際人として必要な素養を身に付け成長してきました。ショーン・レノンのミニコンサート、ビリーのブートキャンプ、ルー大柴のルー語トーク、米国総領事講演などのイベントを通して、学生は外部の著名な方々と直接英語で話せる楽しさを味わい、学内の教授によるサイエンス・ショー、デモ、理工学部学生によるプログラミング等を通して総合大学であることの強みを享受するなど、英語を通じて多様な経験をし、他では得難い知識を得、興味の巾を広げてきました。

勉強のための英語教育ではなく、コミュニケーションのための英語教育を自然に近い状況で行えるこの試みは大成功を収め、同じような教育施設が日本全国に広がっています。革新的なこの英語教育により、英語を苦手と感じてきた日本の人々が、英語を通じて世界で活躍できるようになることが、英語教育者としての大きな喜びであり、使命でもあると考えています。

E3[e-cube]officially named “the Village” was established in November 2006 based on the unique vision of the late chancellor Hiroaki Seko. His idea was “to make students who do not like English love English and to make poor speakers of English into fluent speakers”.

To achieve this goal, we have embodied the concept of “learning English with fun” in various forms such as “chats”, “activities” and “events”. This unique attempt, the first of its kind in a Japanese university, has created a movement to change the English education in universities and colleges, while attracting a lot of attention not only in educational fields, but also from mass media and local governments.

For the last 11 and a half years, more than 1,260,000 visitors have enjoyed communication in this English-immersing environment, acquired English communicative skills and learned about manners and cultures in international societies. Through various activities and events such as the Mini Concert by Sean Lennon, the Boot Camp by Billy Blanks, the Talk Show with Lou Oshiba and Lectures by the Consul General of the U.S., students have enjoyed the thrill of communicating with celebrities in English. The Science shows and demonstrations by professors and students have given our students knowledge and interest in fields other than their own majors.

This revolutionary method of English education in e-cube has achieved tremendous success, sparking a momentum to create facilities of the same kind all over Japan. It is my sincere wish that this innovative style of English education will expand all over Japan, contributing to the increase of fluent speakers of English who will contribute to international societies in the future.

ネーミング決定について

近畿大学英語村のネーミング募集では、皆さまから多数のご応募いただきありがとうございました。
7月22日から9月22日まで、大学ホームページで募集を行いましたところ、本学学生のみなさんをはじめ、教職員、卒業生、他大学学生さんや一般の方からも、趣向、コンセプト、提言等深く考えられた108件のネーミング応募がありました。
9月25日、近未来プロジェクトⅣ(英語村)の会議において、メンバーで審査し、下記のとおり大賞、優秀賞2件の候補を選定、このほど正式決定しましたので、発表いたします。
近畿大学英語村E3[e-cube]は、10月30日(月)にオープニングイベントを行い、学園祭(11月1~4日)明けの11月6日(月)から本格的に稼働することとなりました。「“遊びながら楽しく英語を学ぶ”」をコンセプトに多くのみなさんに愛される空間づくりを目指しますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

大賞

ロゴは文芸学部4年隅井研太さん(文芸学部4年)がデザインしました。

近畿大学英語村 E3[e-cube][読み方=イーキューブ]
応募者:森本真一さん(生物理工学部生物工学科3年)
ご本人からのネーミング理由:
enjoy、English、educationの頭文字をとったものです。いろんな人が「英語を学ぶことは楽しい」と認識していただければと思っています。
選考理由:
英語村のコンセプトである「英語を楽しく学ぶという3つのE」とキューブ=立方体は、建物の外観とのイメージともマッチ。キューブを数字の3と表現したのもユニークである。近畿大学英語村の名称はプロジェクト名にもあり、学内外で広く定着していることから、英語村の呼び名は残す方向でネーミングしました。
英語名:The Village E3[e-cube]

優秀賞2件

The E-3 池田真楠さん(文芸学部4年)
C.U.B.E. 八木徹平さん(文芸学部2年)

設計コンセプト

近畿大学英語村 E3[e-cube(イーキューブ)] 設計コンセプト

近畿大学英語村E3[e-cube]構想は様々な機能や活動、それに伴う複数の施設郡が文字通り村を構成するようなイメージで出発したが、むしろ1つの大きな箱の中に全ての要素を集約する方が、よりダイナミックで可変的な施設になると考えた。

当初は、まさしくBOX状のシンプルな、いわば飛行機の格納庫のような大空間を発想した。 しかしこの新施設が開校以来かつてない、またおそらくは他大学にも例を見ないユニークな企画であることを考えると、単に諸教室の増築ではなく、施設自体が他の建物と明確に一線を隔す特徴的な存在となるべきであろう。
そこで木造建築を思い立った。広いキャンパス内で木をふんだんに使った建物は何処にもない。鉄やコンクリートの教室郡に囲まれた中、唯一の木造建築は強烈な対比を持ってこの建物が特別の存在であることを物語る。

しかも英語村E3[e-cube]の木構造は、旧来の伝統的な軸組み構造ではなく、全く新しい考え方による前代未聞の新工法である。もともとは梁材として使う大断面集成材を、菱垣上に組み上げることによって壁面を構成し、一辺約18m四方、高さ約10mの大空間が一本の柱も立てずに成立した。 純粋な大空間は、無垢の松材によって編まれた籠のように美しいリズムを奏で、菱型に開け放たれた開口部からは光がふんだんに降り注ぐ。

木で出来た構造体の周囲を、透明ガラスの被膜で覆っているが、これは内外を区画すると同時に、激しい外部環境から木を保護し、風合いを、長い年月かけてゆっくりと経年変化させるためのショーケースでもある。

そもそもこのユニークな構造を思いついたのは、大阪府南港にある海の時空館に展示されている浪華丸という木造菱垣廻船を見たときのインスピレーションによる。その船体に取り付けられた菱垣装飾の見事な造形は、日本人の繊細で精緻な美学と技術力の結集であった。

それは我々が世界に誇れる洗練された文化の象徴と感じたのである。その思いを現代的な発想によって英語村に結実させた。次世代を担う若い人たちに、英語学習だけではなく、空間体験を通じても、真のインターナショナルとは何かを考えるきっかけが生まれれば幸いである。

近畿大学 英語村E3[e-cube(イーキューブ)] 基本設計担当
岡本清文
近畿大学 文芸学部文化デザイン学科教授

社会貢献

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2017年12月14日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(120,598円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2016年12月13日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(152,483円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2015年12月14日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(145,040円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2014年12月16日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(135,877円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2013年12月17日に開催いたしました。
クリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(85,935円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2012年12月17日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(87,107円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2011年12月14日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(95,852円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2010年12月16日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(106,965円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2009年12月15日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(55,032円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2008年12月12日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(101,313円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

トップへ