岡村健太郎講師が、「綾里 津波のあいだ展 in 神戸 明治三陸津波(1896)~昭和三陸津波(1933)~東日本大震災(2011)を超えて」の関連イベントで登壇およびギャラリートークを行います。

2021.07.14

岡村健太郎講師が、「綾里 津波のあいだ展 in 神戸 明治三陸津波(1896)~昭和三陸津波(1933)~東日本大震災(2011)を超えて」の関連イベントで登壇およびギャラリートークを行います。
この企画展は、東日本大震災10年の節目に、都市・建築史系を中心とした学術グループ「綾里地区研究会」が2011年の東日本大震災以降、人口約2,300人(2021年時点)の綾里地区において実施した、明治三陸津波、昭和三陸津波(1933年)、東日本大震災の三度の津波災害による被害の比較や地域社会・文化への影響、津波の記憶継承の方策等についての研究・活動の成果を展示・紹介するものです。

■展示
〇開催期間:2021年7月20日(火)~ 8月15日(日)※休館日あり
〇会場:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 西館1Fロビー(無料ゾーン)

■関連イベント-1 オンラインシンポジウム:記憶の分有
展示に合わせ、研究グループの活動について阪神間の研究者・関係者と意見交換をするシンポジウムイベントをオンラインで開催します。
 日程:7月24日(土)14:00~16:30(予定)
 配信方法:YouTube Live により配信します。参加費無料
https://ryoriinkobe.peatix.com/ よりお申し込みください。
 プログラム・登壇者(予定) 
・プロジェクトおよび展示の概要:岡村健太郎(近畿大学講師・建築史)
・津波のあいだ(綾里の歴史と復興):饗庭伸(東京都立大学教授・都市計画)
・綾里における記憶の継承:西風雅史(大船渡市議会議員)
・関連研究者とのディスカッション

■関連イベント-2 ギャラリートーク: 
展示会期中、研究グループのメンバーおよび関係者が、展示空間でのギャラリートークおよびミニレクチャーを実施します。
① 7月20日(火)15:00:澤田雅浩(兵庫県立大学准教授・災害復興計画)× 石榑督和(関西学院大学准教授・建築史)×岡村健太郎(近畿大学講師・建築史)
② 7月24日(土)10:30:森栗茂一(神戸学院大学教授・歴史民俗学)× 辻本侑生(民間シンクタンク・民俗学)
③ 7月25日(日)11:00:饗庭 伸(東京都立大学教授・都市計画) 
④ 8月7日(土)14:00:福島秀哉(東京大学助教・景観デザイン)× 岡村健太郎(近畿大学講師・建築史)
⑤ 8月9日(月・祝)14:00:照本清峰(関西学院大学教授・防災計画)× 石榑督和(関西学院大学准教授・建築史)
⑥ 8月15日(日)11:00:饗庭 伸
⑦ 8月15日(日)14:00:饗庭 伸
・レクチャー会場:西館1Fガイダンスルーム2(7月24日のみガイダンスルーム1)
・所要時間:各回1時間
・定員:各回20名 参加費無料
・参加方法: https://ryoriinkobe.peatix.com/ よりお申し込みください。

〇注意:新型コロナウイルスの感染状況により、展示および関連イベントに変更が生じる場合があります。
 状況は人と防災未来センターのホームページでご確認ください。

ryori_flyer_2107131024_1.jpgryori_flyer_2107131024_2.jpg