近畿大学建築学部最終講義のご案内

2019.02.12

建築学部では、平成31年3月末日をもって定年退職する建築学部教授2名の最終講義をおこないます。

川本先生.jpg川本重雄(日本建築史研究室)最終講義】
■日  時:平成31年(2019年)2月16日(土)15:00~16:30
■会  場:近畿大学東大阪キャンパス 33号館403教室
■講師プロフィール
近畿大学建築学部教授 川本重雄(かわもとしげお)
講義タイトル:「サヴォワ邸と待庵~アンチテーゼの建築論~」
経    歴:昭和57年(1982年)東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
       昭和59年(1984年)北海道工業大学工学部建築学科講師 就任
       平成21年(2009年)京都女子大学学長 就任
       平成27年(2015年)近畿大学建築学部教授 就任
寝殿造から伝統的な日本の民家まで、日本の住まいの歴史を研究。前近代の日本建築史全般で多数の論文・著作を発表しており、特に 『寝殿造の空間と儀式』(中央公論美術出版、2005年)は、紫式部学術賞、建築史学会賞を受賞。

木村写真(カラー).jpg木村文雄(サスティナブルデザイン研究室)最終講義】    
■日  時:平成31年(2019年)3月10日(日)13:00~14:30
■会  場:近畿大学東大阪キャンパス 33号館403教室
■講師プロフィール
近畿大学建築学部教授 木村文雄(きむらふみお)
講義タイトル:「住まい学・私論~人は住まいに何を求めるのか」
経    歴:昭和51年(1976年)芝浦工業大学工学部建築学科卒業
       昭和51年(1976年)積水ハウス株式会社入社
       平成25年(2013年)近畿大学建築学部教授 就任
積水ハウス(株)において、商品企画部長、サステナブルデザインラボトリー所長、総合住宅研究所長等を歴任し退職後、本学においてエネルギーや資源消費など環境問題に対応しつつ人間の行動原理に基づいた「わかりやすい建築デザイン」の研究を進めてきた。

【共通】
■対  象:学生および一般の方(入場無料)
■お問合せ:近畿大学建築学部事務部 TEL(06)4307-3057
      FAX(06)6730-1320 E-mail:kenchiku@itp.kindai.ac.jp