今月のアクティビティー

  • 2017年8月・9月アクティビティーカレンダー

今月のACEプログラム

カフェメニュー

  • 2017年7月カフェメニュー

英語村E3[e-cube]とは

英語村E3[e-cube]とは

E3の3つのEはEnglish,Enjoyment,Educationの「英語を楽しみながら学ぶ」を表しています。

遊びながら英語を楽しく学ぶ――。近畿大学本部キャンパスに2006年11月、オープンした「英語村E3[e-cube](イーキューブ)」は、このコンセプトを徹底して実践する“英語の遊び場”。「遊びを取り入れた勉強」ではなく、徹頭徹尾、「遊び」を貫きます(―ただし、英語で)。日本の大学で初めてとなるユニークな試みは、大学英語教育の現状に一石を投じつつ、「英語嫌いだった」学生たちと英語との距離をぐんぐん縮めています。

村長あいさつ

「近畿大学英語村E3[e-cube]開村にあたって」

近畿大学英語村E3[e-cube]村長 北爪佐知子

「英語コミュニケーション能力を身につけたい。」という思いは多くの方が持っています。「中学、高校で6年間も勉強したのだけれど、英語が話せない、英語が苦手だ。」と感じている方も多くいます。近畿大学では、世耕弘昭理事長の「遊びながら英語を学べる空間を作る」と言う提案に基づき、これまでの英語学習方法と全く異なる、他大学には見られない斬新で画期的な構想を実現すべく、「笑顔で英語とふれあう空間」をキャッチフレーズに、近畿大学英語村E3[e-cube]を開村します。E3は、"English", "Enjoyment", "Education"の3つの"E"を表し、学生応募作品の中から決定しました。

近畿大学英語村E3[e-cube]は学生だけでなく教職員も参加でき、英語を楽しみながら自然にふれ合い、身につけられる施設です。大学休暇中には、附属学校、幼稚園向けプログラムや一般市民向けプログラム実施を計画しています。 施設内では、外国人が講師を務める、ダンス、ギター、料理、クイズ教室、世界文化講座等を開いています。毎月、学生、教職員有志などによる音楽イベントや芸術作品の展示、スピーチコンテスト、のみの市、クリスマスパーティ、スポーツ大会等のイベントなどの開催も計画しています。

外国人従業員が迎えるカフェで、ハンバーガーやブリトー等も販売します。英語で困っている方のためには、英語の質問に答える「ヘルプコーナー」も設けています。パスポートもあり、日付印を押してもらえますので、基礎ゼミ等の授業の一部として、利用することも可能です。

近畿大学英語村E3[e-cube]は、木の香りのする、心を癒される空間でもあります。夜ライトアップされると、さらに別の美しさを見せてくれます。このユニークな空間を様々な形で利用して下さることを願っています。

ネーミング決定について

近畿大学英語村のネーミング募集では、皆さまから多数のご応募いただきありがとうございました。
7月22日から9月22日まで、大学ホームページで募集を行いましたところ、本学学生のみなさんをはじめ、教職員、卒業生、他大学学生さんや一般の方からも、趣向、コンセプト、提言等深く考えられた108件のネーミング応募がありました。
9月25日、近未来プロジェクトⅣ(英語村)の会議において、メンバーで審査し、下記のとおり大賞、優秀賞2件の候補を選定、このほど正式決定しましたので、発表いたします。
近畿大学英語村E3[e-cube]は、10月30日(月)にオープニングイベントを行い、学園祭(11月1~4日)明けの11月6日(月)から本格的に稼働することとなりました。「“遊びながら楽しく英語を学ぶ”」をコンセプトに多くのみなさんに愛される空間づくりを目指しますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

大賞

ロゴは文芸学部4年隅井研太さん(文芸学部4年)がデザインしました。

近畿大学英語村 E3[e-cube][読み方=イーキューブ]
応募者:森本真一さん(生物理工学部生物工学科3年)
ご本人からのネーミング理由:
enjoy、English、educationの頭文字をとったものです。いろんな人が「英語を学ぶことは楽しい」と認識していただければと思っています。
選考理由:
英語村のコンセプトである「英語を楽しく学ぶという3つのE」とキューブ=立方体は、建物の外観とのイメージともマッチ。キューブを数字の3と表現したのもユニークである。近畿大学英語村の名称はプロジェクト名にもあり、学内外で広く定着していることから、英語村の呼び名は残す方向でネーミングしました。
英語名:The Village E3[e-cube]

優秀賞2件

The E-3 池田真楠さん(文芸学部4年)
C.U.B.E. 八木徹平さん(文芸学部2年)

設計コンセプト

近畿大学英語村 E3[e-cube(イーキューブ)] 設計コンセプト

近畿大学英語村E3[e-cube]構想は様々な機能や活動、それに伴う複数の施設郡が文字通り村を構成するようなイメージで出発したが、むしろ1つの大きな箱の中に全ての要素を集約する方が、よりダイナミックで可変的な施設になると考えた。

当初は、まさしくBOX状のシンプルな、いわば飛行機の格納庫のような大空間を発想した。 しかしこの新施設が開校以来かつてない、またおそらくは他大学にも例を見ないユニークな企画であることを考えると、単に諸教室の増築ではなく、施設自体が他の建物と明確に一線を隔す特徴的な存在となるべきであろう。
そこで木造建築を思い立った。広いキャンパス内で木をふんだんに使った建物は何処にもない。鉄やコンクリートの教室郡に囲まれた中、唯一の木造建築は強烈な対比を持ってこの建物が特別の存在であることを物語る。

しかも英語村E3[e-cube]の木構造は、旧来の伝統的な軸組み構造ではなく、全く新しい考え方による前代未聞の新工法である。もともとは梁材として使う大断面集成材を、菱垣上に組み上げることによって壁面を構成し、一辺約18m四方、高さ約10mの大空間が一本の柱も立てずに成立した。 純粋な大空間は、無垢の松材によって編まれた籠のように美しいリズムを奏で、菱型に開け放たれた開口部からは光がふんだんに降り注ぐ。

木で出来た構造体の周囲を、透明ガラスの被膜で覆っているが、これは内外を区画すると同時に、激しい外部環境から木を保護し、風合いを、長い年月かけてゆっくりと経年変化させるためのショーケースでもある。

そもそもこのユニークな構造を思いついたのは、大阪府南港にある海の時空館に展示されている浪華丸という木造菱垣廻船を見たときのインスピレーションによる。その船体に取り付けられた菱垣装飾の見事な造形は、日本人の繊細で精緻な美学と技術力の結集であった。

それは我々が世界に誇れる洗練された文化の象徴と感じたのである。その思いを現代的な発想によって英語村に結実させた。次世代を担う若い人たちに、英語学習だけではなく、空間体験を通じても、真のインターナショナルとは何かを考えるきっかけが生まれれば幸いである。

近畿大学 英語村E3[e-cube(イーキューブ)] 基本設計担当
岡本清文
近畿大学 文芸学部文化デザイン学科教授

社会貢献

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2016年12月13日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(152,483円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2015年12月14日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(145,040円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2014年12月16日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(135,877円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2013年12月17日に開催いたしました。
クリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(85,935円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました。

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2012年12月17日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(87,107円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2011年12月14日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(95,852円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2010年12月16日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(106,965円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2009年12月15日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(55,032円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました。

近畿大学英語村E3[e-cube]では、2008年12月12日に開催いたしましたクリスマスチャリティーディナーの参加者からご協力いただいた募金(101,313円)を、財団法人日本ユニセフ協会に送りました。
このたび、財団法人日本ユニセフ協会から感謝状をいただきました ご協力ありがとうございました

トップへ