このページの本文へ移動します。

総合理工学研究科
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

総合理工学研究科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

総合理工学研究科は、近畿大学の建学の理念である「実学教育」に基づき、理学、工学の先端的基礎研究から産業、生命、環境、建築分野、モノづくりへの応用研究まで幅広い研究活動を行っています。これらの分野における優れた研究成果に基づく先進的教育により科学・技術の発展を支え、社会に貢献できる科学者、技術者、研究者、及び未来の人材を育てる高等教育者を育成することを目指しています。本研究科が受け入れを望むのは以下のような学生です。

<博士前期課程・修士課程>

  1. 博士前期課程・修士課程では学士としての基礎学力と研究への意欲を有する人。
  2. 自ら問題を発見し、解決しようとする意欲のある人。
  3. 研究で得られた知見を人類社会の未来に役立てたいと願う人。
  4. 研究者倫理、技術者倫理を順守できる人。

<博士後期課程>

  1. 博士後期課程では修士としての基礎学力及び研究力を有する人。
  2. 知的好奇心を強く持ち、これまで培った知識,研究力を駆使して自ら計画を立案し,遂行する能力を有する人。
  3. さまざまな事象を根源的に理解することにより、これらの分野において新たな知見を創出したいと願う人。
  4. 研究者倫理、技術者倫理を順守できる人。

本研究科の入学選考では上記の人材を多元的な評価尺度で選抜するために、複数の入学試験を適切な時期に行うとともに、受験生が各自の適性に応じて適切な入学選考を選択できる用意も充分に行っています。具体的には、学内推薦入学選考(7月)、学内入学選考(9月),一般入学選考(9月、2月)、社会人入学選考(9月,2月),留学生入学試験(10月,2月)などを実施しています。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

総合理工学研究科では、「理学から工学まで、人間環境から地球環境までを視野に入れた人間性重視の研究と教育をおこない、「限りある資源を限りのない創造」でもって人類の未来を構築すること」を学修と教育の目標としています。創造性豊かで自由な発想と倫理性を備え、自らの能力を課題発見とその解決につなげることができる人材を育成する教育課程を整えています。

<博士前期課程・修士課程>
博士前期課程・修士課程では学士課程で得られた知識等を基に専門科目においては研究活動に至る道筋を付けるプログラムを提供します。あわせて共通科目においては倫理性、社会性や広い学識を、また外国語科目では科学・技術における英語伝達力を修得できる環境を提供します。

<博士後期課程>
博士後期課程では前期課程での成果を基に、学術研究の第一線に身を置き自立した研究者として主体的な研究活動が行える環境を提供します。研究成果の発表、論文作成及び学術誌への投稿を支援します。研究成果を専門外の研究者等を対象に発表する場を自ら企画し実行することにより、幅広い視野から研究の位置付けが可能となる場を提供します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

総合理工学研究科では、「基礎から応用面にわたって高度な専門的研究をおこなうと共に、狭い専門領域にとらわれない幅広い視野と柔軟な思考能力を持った研究者や高度専門職業人を養成すること」を人材育成の目標とし、以下のようなディプロマポリシーに従って修士、もしくは博士の学位を授与します。

<博士前期課程・修士課程>
博士前期課程・修士課程の修了要件を満足し、学業成績および学位論文審査を通して、以下のような能力・資質を身に付けていると認められた者に修士の学位を授与します。

  1. 自然科学および専門分野の知識を十分に有し、それらの知識を活用し、幅広い視野で自ら研究を遂行できる能力。
  2. 得られた研究成果を公表するために必要な、論理的文章力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力。
  3. 技術者または研究者としての責任および社会的使命を十分に理解できる能力。

<博士後期課程>
博士後期課程の修了要件を満足し、学業成績および学位論文審査を通して、以下のような能力・資質を身に付けていると認められた者に博士の学位を授与します。

  1. 自然科学および専門分野に関する高度な知識を有し、幅広い視点から専門分野で創造的な研究を自ら遂行できる能力。
  2. 得られた研究成果を国際的に公表するために必要な、論理的文章力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力。
  3. 技術者または研究者としての責任および社会的使命を十分に理解できる能力。

総合理工学研究科 理学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

理学専攻は自然を解明することを目標としています。このために、本専攻では、数理解析、物理学、機能性分子化学、生物・環境化学の各分野に分かれ、先端的な研究活動を行っています。またこれらにまたがる複合的な研究もおこなわれています。これらの研究に携わる研究者による積極的かつ周到な教育・指導により、先端的な科学研究者、高等教育者、技術者を育成することを目指しています。このために本専攻が受け入れを望むのは、以下のような学生です。

  1. 未知のことに興味を持ち、筋道を立てて解明する意欲を持つ人。
  2. 自然科学全般および専門領域における研究のための基礎学力を有する人。
  3. 新たに得た知見を広め、役立てる意欲を持ち、努力する人。

さらに理学専攻に入学するまでに、各分野で行われている先端的な研究を学修するために必要な語学力(日本語および英語による読解力、表現力、コミュニケーション能力)と数学・物理学・化学・生物学に対する基礎的理解力が修得できていることが望まれます。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

理学専攻では、これまでに蓄積されたものを学び、現在の種々の問題を見つけだし、取組み、新しい知見に至るための能力を身につけなければなりません。また社会的な責任感を養う必要があります。このために次のようなカリキュラムを実施しています。

<博士前期課程>
各科目特論によって専門分野の必要知識を修得します。各科目特別研究では、教員の指導の下にそれぞれの科目の研究を進めます。共通科目では、文献を理解し、自らも発 表するための語学力も磨きます。関連する分野、あるいは学際的な分野を学び、視野を広めるための科目も置かれます。生物・環境化学遺伝カウンセラー養成課程では、遺伝カウンセラー認定試験受験のための科目も置かれます。

<博士後期課程>
特殊研究を各人が1つ選びます。そこでは指導教員のもとで、自立して研究できる能力を目指しつつ研究を進めます。このほか、博士前期課程と共通の科目や演習などが開かれています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程では、修了に必要な授業科目の単位の取得に加えて、修士論文を提出させます。修士論文の審査は、指導教員を含む複数の教員によっておこなわれ、広い視野に立って深い学識を修め、専門分野についての研究能力を有するか、または各専門分野に関わる職業に従事するに必要な研究能力を有するかを判断し、それが認められた提出者には修士(理学)の学位が授与されます。
博士後期課程では、査読付き学術誌に一定基準数以上の論文が掲載されていることを論文提出の条件としています。博士論文の審査は、指導教員を含む複数の教員によっておこなわれ、研究成果が新たな知見を含み、研究者として自立して研究活動を行い得る能力を有するか、または各専門分野に関わる職業に従事するために必要な高度な研究能力を有するかを判断し、それが認められた提出者には博士(理学)の学位が授与されます。
さらに各課程修了までに、以下の資質・能力の修得が望まれます。

博士前期課程では、

  1. 自然科学における基礎的な概念・原理・法則を理解するための十分な知識を修得している。
  2. 自然科学に関する研究や技術の専門的課題を自主的に解決する能力を修得している。
  3. 自然科学に関する専門的な研究や技術について、日本語で表現し、コミュニケーションできる能力を修得している。

博士後期課程では、博士前期課程で求められる能力に加えて、

  1. 自然科学の概念・原理・法則に関する新たな知見を自主的に発見・創造できる能力を修得している。
  2. 自然科学に関する研究や技術の専門的課題を自主的に見出し、解決する能力を修得している。
  3. 自然科学に関する専門的な研究や技術について、日本語および英語で表現し、コミュニケーションできる能力を修得している。

総合理工学研究科 物質系工学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

地球温暖化など、現代社会が抱える問題の解決は、明るい次世代社会を築くために必要不可欠です。本専攻では、これらの問題にかかわる化学現象の解明や新物質の創出に関する基礎研究、高等教育、産業応用を担う人材を育成することを目指しています。そのため、選考には、物理化学・無機化学・有機化学等、多分野の教員による面接試験を取り入れています。本専攻が受け入れを望むのは、以下のような人です。

<博士前期課程>

  1. 自然科学全般において学士としてふさわしい基礎学力を有し、その基礎学力をさらに培う意欲をもつ人
  2. 修養した基礎学力をもとに各自の専門領域を深耕する意欲をもつ人
  3. 積極性、主体性、倫理観に対する意識を高め、語学力やコミュニケーション能力を磨き、将来は国際的に活躍する技術者・研究者として人類社会の発展に貢献する意志をもつ人

<博士後期課程>

  1. 自然科学全般において修士としてふさわしい学識をもち、かつ各自の専門分野における課題を解決するための専門知識と実行力をもつ人
  2. 各自の専門分野を深耕することに加え、専門以外の分野からも積極的に知見を取り入れることで自らの専門領域の新たな展開をはかり、ひいては新領域を切り拓く意欲をもつ人
  3. 博士前期課程で培った積極性、主体性、倫理観、語学力、コミュニケーション能力にさらに磨きをかけ、将来は国際的な技術者・研究者の中にあってリーダーシップを発揮し、人類社会の発展のため貢献する意志をもつ人

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻は、分子プロセス工学・複合物質工学・材料創成工学の3分野から構成されており、それぞれの分野の学際的な特徴を生かし、広領域における諸問題を解決できる柔軟な思考力と豊かな創造性を身につけた人材を育成するための学術・研究指導を行います。さらに、学会参加や外部との積極的な交流を通して情報発信能力やコミュニケーション能力を養い、TA・RAとして学部学生への指導を通してリーダーシップを養うなど、“人間力”の養成を重視しています。

<博士前期課程>
学士として修養してきた基礎力をさらに培うため、全員が物理化学・無機化学・有機化学の3領域それぞれの「物質工学総論」を全て履修し、基礎力強化を図ります。これを基盤に各種の特論科目を履修することで、幅広い分野にわたって先端知識を習得します。特別研究ではそれぞれを担当する教員の指導のもと、論理性・倫理観・問題解決のための実践力を養います。その際、指導教員の属する分野(分子プロセス工学・複合物質工学・材料創成工学のいずれか)内でのコミュニケーションを通じて、研究展開のための広い視野を身に付けます。

<博士後期課程>
各自が選択した特殊研究において、指導教員との相談のうえ当該分野発展のための研究課題を設定し、的確な情報収集と分析にもとづいて実験をデザインし、遂行する能力を身に付けます。また、得られた成果を国内外の学会・学術誌にて発信する能力を身に付けます。加えて、指導教員の属する分野(分子プロセス工学・複合物質工学・材料創成工学のいずれか)内、さらには分野間での積極的なコミュニケーションを通じて、新たな研究領域の開拓に挑戦する姿勢を身に付けます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

広領域における諸問題を考察できる柔軟な思考力と豊かな創造性を身につけた人材を輩出するため、学位審査では分子プロセス工学・複合物質工学・材料創成工学の各分野の教員が、主査・副主査として審査を行います。また、博士の学位審査の際は、国際学術雑誌への投稿状況も公表し、審査水準の明確化を行っています。

<博士前期課程>
修了認定のためには、物質工学総論の履修により基礎力強化が認められること、かつ各特論の履修により諸分野における先端知識を習得したことが認められることが必要です。また、研究計画書や研究進捗報告書の作成、ならびに報告会でのプレゼンテーション実施により、修士論文作成にむけて着実に研究が進捗していることが認められることが必要です。修士論文の審査は指導教員を含む複数の教員によっておこなわれ、提出された論文の記載内容をもとに質疑応答を行い、修士としてふさわしい学識・論理的思考・倫理観・研究実践能力を有すると判断された場合に、修士(工学)の学位が授与されます。

<博士後期課程>
研究計画書や研究進捗報告書の作成、ならびに報告会でのプレゼンテーション実施により、研究企画能力を有していること、さらに広い視野をもちつつ柔軟な発想により研究を遂行していると認められることが必要です。また、研究成果に関する論文が、査読付き学術誌に一定基準数以上掲載された場合に、博士論文の提出が認められます。博士論文の審査は指導教員を含む複数の教員によって行われ、提出された論文の記載内容をもとに質疑応答を行い、研究成果が当該分野の発展に寄与する内容を含んでおり、かつ多分野にわたる視点からその内容を議論できる能力を有すると判断された場合に、博士(工学)の学位が授与されます。

総合理工学研究科 メカニックス系工学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

本専攻の入学者受け入れ方針はつぎの通りです。

<博士前期課程>

  1. 機械工学の学士の専門知識を修得した人。
  2. 与えられた研究テーマに取り組む意欲があり、前期課程修了までの研究計画を立てられる人。
  3. 学士の英語力をもち、産学官の中核的人物としてのグローバルな視点をもちたい人。

本専攻の入学試験では、上記人材を見出すために機械工学関連の専門知識、英語力さらに志望する専修科目に関する面接試問などを評価して選抜します。

<博士後期課程>

  1. 機械工学の修士の専門知識と研究能力を修得した人。
  2. 自ら問題を発見・解決して発表する意欲があり、学会で口頭発表でき、後期課程修了までの研究計画を立てられる人。
  3. 英語論文を読解でき、産学官の中核的研究者としてのグローバルな視点をもちたい人。

本専攻の入学試験では、上記の人材を見出すために志望する専修科目についての面接試問で評価することで選抜します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本専攻の教育課程の編成方針はつぎの通りです。

<博士前期課程>

  1. 機械工学の基礎から応用研究までの専門知識の習得。
  2. 研究した成果をまとめ、学会で口頭発表できる能力の育成。
  3. 産学官の中核的人物としてのグローバルな視点と、英語論文を読解する能力の育成。

<博士後期課程>

  1. 機械工学の基礎から応用研究までの高度な専門知識の習得。
  2. 研究した成果を学術論文にまとめ、査読に通って採録される能力の育成。
  3. 産学官の中核的研究者としてのグローバルな視点と、英語で発表できる能力の育成。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

本専攻の修了認定の方針はつぎの通りです。

<博士前期課程>
つぎの学修成果の修得が到達目標であり、達成した者に修士(工学)の学位を授与します。

  1. 機械工学の基礎から応用研究までの専門知識をもつこと。
  2. 研究した成果をまとめ、学会で口頭発表できること。
  3. 産学官の中核的人物としてのグローバルな視点をもち、英語論文を読解できること。

<博士後期課程>
つぎの学修成果の修得が到達目標であり、達成した者に博士(工学)の学位を授与します。

  1. 機械工学の基礎から応用研究までの高度な専門知識をもつこと。
  2. 研究した成果を学術論文にまとめ、査読に通って採録される能力をもつこと。
  3. 産学官の中核的研究者としてのグローバルな視点をもち、英語で発表できること。

総合理工学研究科 エレクトロニクス系工学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

エレクトロニクス系工学専攻では、前期課程においては学士、後期課程においては修士のレベルに相当する理工系の素養と英語力を身につけ、豊かな創造力と論理的思考力を備え、高度な専門知識を学ぶ意欲と、研究開発に取り組むことへの強い興味と情熱をもち、計測・情報システム、材料・デバイス、情報処理、原子エネルギーの4分野において、専門技術者、研究者、教育者を目指す学生を求めています。

<博士前期課程>

  1. 当専攻の何れかの分野に強い関心があり、その専門知識を深く学ぶ意欲のある人。
  2. 前期課程では学士のレベルに理工系の基礎学力と英語力を身につけている人。
    英語力については入学試験にTOEICを導入することにより能力評価の客観性を保っています。
  3. 自らの問題を解決するための深い洞察力と論理的な思考力を獲得したい人。
  4. 学修を通して得られた知識、知見を高い倫理性をもって社会に還元しようとする人。

<博士後期課程>

  1. 博士前期課程(修士課程)修了レベルの基礎知識と英語力をもち、前期課程より継続して研究を進める好奇心と意欲を有する人。
  2. 研究課題を解決するための深い洞察力と論理的な思考力を獲得したい人。
  3. 専門領域において深い学識を得て、その知見を社会に知らしめる努力をする人。
  4. 研究の社会的意義について正しい認識を持ち、研究者・技術者倫理を遵守できる人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

エレクトロニクス系工学専攻のカリキュラムは、計測・情報システム、材料・デバイス、情報処理、原子エネルギーの4分野に分けられています。

<博士前期課程>
前期課程では、本学理工学部の電気電子工学科・情報学科における教育を基盤とし、それぞれの分野ごとに編成された講義・演習を通じて、専門知識・技能を体系的に学べる教育プログラムを提供しています。
4分野のすべてにおいて基礎科目を必修科目として設け、学部で学んだ内容をより深く理解し、研究を進めていく上での基礎学力の確認、問題解決、対応能力の向上を図っています。
担当教員の指導のもとで、各自の研究課題に取り組む機会と環境を与え、高度な専門性を必要とする職業を担うための実践的な能力を培わせます。入学後は、学会・研究会への積極的参加を勧め、外部の研究者・研究機関との交流を通じ、技術者・研究者としてコミュニケーション能力の養成、国内だけでなく国際社会における立場や求められる倫理についての認識を深めることを求めます。TAとして学部生の実習や講義に参加し、学生指導を通じて説明能力、指導力を高めることも図っています。

<博士後期課程>
前期課程での教育によって得られた成果を発展させ、専門領域の枠を超えた工学分野における問題設定・解決能力を備え、国際的に活躍できる自立した研究者を養成します。専門の学会・研究会における学会発表、論文投稿による研究成果の発信を求め、電気電子工学、情報通信技術の国際的な発展に寄与し、倫理性と指導力を備えた研究者として社会的に通用する人材輩出を目標とします。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

エレクトロニクス系工学専攻で学位を取得するためには、所定の期間在学して、本専攻が定める講義・演習を履修するとともに、担当教員の研究指導を受け、基準となる単位数以上を修得し、学位論文の審査・試験に合格する必要があります。
修了までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 電気電子及び情報工学分野の研究者・技術者として科学・技術を発展させるための幅広い見識と健全な倫理観
  2. 環境調和社会、知識基盤社会を多様に支える工学分野の高度な専門知識と実践的技術力
  3. さまざまな課題に対処できる高い情報収集・分析能力とグローバルな情報発信能力
  4. 専門知識に基づいて自らの思考や妥当性を論理的に説明できる批判的思考力

<博士前期課程>
入学後は、技術者・研究者として知的好奇心と向上心を持ち続け、積極的に学修を進めることが求められます。エレクトロニクス系工学の分野において、研究と技術の進展は日進月歩であり、常に最新情報に触れておく必要があります。学生は、研究テーマについて学会誌等により国際的な研究情報を得て、自身の課題を選択し、基礎理論・基礎技術を身につけたうえで、研究成果を学会発表・論文発表を通して社会に供することを目標とします。学生には、得られた専門知識を活用し、柔軟な発想力をもって問題解決を進める能力が求められます。成果発表に至る過程で指導教員、外部の研究者、技術者と交流するために、専門知識のみでなく幅広い教養、協調能力、国際化時代に対応できる語学能力が求められます。また、研究の社会性、公益性についての深い認識と健全な倫理観も必要とされます。
具体的な学習プログラムとして、(1)計測・情報システム、材料・デバイス、情報処理、原子エネルギーの4専攻ごとに必修科目を設定し、専門分野を学んでいくための基礎理論・基礎技術の修得を確認します。必修科目とあわせて選択科目、専攻科目の所定単位数の履修を求めます。(2)担当教員に研究計画書を提出し、中長期的な目標を定め学修・研究を進めます。研究計画書作成を通して、専攻分野における課題発見能力が求められます。(3)学会、研究会での研究発表を修了までの2年間に2回以上行うことが必須となっています。この研究発表を行うためには、(i)研究を遂行し成果を挙げること、(ii)発表応募に関わるコミュニケーション能力と論文作成能力、(iii)発表時のプレゼンテーションの能力が求められます。この研究発表により専門分野における研究能力の厳正な評価を行っています。(4)最終的には、修士論文を提出し、論文内容に関する指導教員を含めた複数の教員によって公聴会を行い、審査に合格した学生に修士の学位が授与されます。

<博士後期課程>
後期課程では、前期課程(修士課程)で求められた研究者としての基礎理論、基礎技術、自主性、問題解決能力、周囲との協調能力、社会における研究の公益性、倫理観、そして言語能力を備えていることが前提となります。後期課程で定められた所定単位の取得と当該専門分野の査読付き学術雑誌への基準数をこえる論文の掲載を条件として、学位論文の提出が求められます。学位論文の審査は、指導教員を含む複数の教員によって行われます。この審査において研究者・技術者として社会を牽引できる十分な研究能力の有無を判断し、認められた場合に博士の学位が授与されます。

総合理工学研究科 環境系工学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

環境系工学専攻では、自然環境や都市・居住環境の保全と再生、自然災害に対して安 全な構造物の構築、人と地球に優しい公共施設・居住空間の整備や創造にむけた、各分野ごとの専門科目と特別研究に取り組み、高度な専門知識をいかして取り組める人材の養成を目指しています。この分野で、自ら課題を設定して探求するための充分な基礎学力を備えており、専門分野で積極的な研究をおこなう意欲をもった人の入学を期待して選抜(試験・面接)を実施します。

  1. 安全で快適な都市・居住環境の創造や整備に貢献する意欲を持った人
  2. 物事を多角的に捉え、課題解決のために論理的な考察を行う能力のある人
  3. 専攻分野における学修・研究に必要な基礎学力を備えた人

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

地球環境保全や社会基盤形成に関係する各分野(地球・人間環境工学分野、都市・居住環境計画分野、建築設計・計画分野、構造工学分野、耐風・耐震工学分野、材料・地盤工学分野)で、高度な知識・分析力・総合力を持った技術者・研究者を養成します。構造物構築のためのハードの知識とともに、社会環境のあるべき姿を見通し、総合的な知見を持って問題を解決できる能力を養成します。
博士前期課程では、これらの分野で高い能力を持つ技術者、計画者、設計者、コンサルタント等として社会に貢献できる人材を養成します。博士後期課程では、これらの分野で国際的に活躍できる自立した研究者を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程にあっては、環境系工学の各分野において、高度な専門性を必要とする職業を担うための、問題発見・分析考察・提案に関する優れた能力を身につけているかどうかが課程修了の基準となります。
博士後期課程にあっては、自立した研究者として活動するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけているかどうかが、課程修了の基準となります。課程を修了し学位を取得するためには、所定の単位を修得し、学位論文の審査に合格する必要があります。

総合理工学研究科 建築デザイン専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

建築デザイン専攻では、歴史と伝統を踏まえ、デザインを通じて新たな環境構築を創造できる能力および21世紀となり世界を見据え国際社会において活躍できる能力を身に付けた高度な専門的職業人の養成を目指しています。地球環境保全や社会基盤形成に関する諸分野の専門知識をいかし、探求していくための充分な基礎学力を備えており、自ら課題を設定し、積極的に研究をおこなう意欲をもった人の入学を期待します。

  1. 建築に関する基礎的な学力を有しており、計画的に研究を遂行できる人。
  2. 領域横断的な知性と教養を身に付け、総合的な思考力と判断力をもって国際社会また地域社会に貢献する意欲を持った人。
  3. 建築デザイン分野における能力を活かして、新たな都市、建築を構想する力を発揮できる人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

建築の専門領域である構造、環境、計画と連携を保ちながら、特に実践的なデザインを設計する能力の向上に重点を置き、地域に根差し、社会と密接な関係を保ちながら、都市・建築の構築を担っていくような建築家および設計技術者を養成します。
修士課程では、実践的デザインと設計力の向上を目指した講義科目を充実させ、さらに実務教育を重視し、インターンシップなど演習科目に重点を置いたカリキュラムとなっています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

建築デザイン分野に関する高度な専門性を身に付け、その分野の職業人として力を発揮できる能力を有していることが課程修了の基準となります。そのため、課程を修了し学位を取得するためには、所定の単位を修得し、学位論文の審査において合格する必要があります。

総合理工学研究科 東大阪モノづくり専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

最先端の理論と実務との架け橋の役割を果たそうとする意欲を持ち、理工系全般の素養を身につけ、創意工夫の精神をもち、モノづくり産業の発展に深い関心をもつ意思の高い人材の育成を目指しています。学則の理念に基づき、企業での研究開発と大学院での高度な教育を行うことにより、多様な価値観を身につけ、幅広い知識と総合力を備えた「新しい価値を創造できる研究者・技術者の養成」を目的としています。
本専攻が受け入れを望むのは以下のような学生です。

  1. 未知のことに興味を持ち、筋道を立てて解明する意欲を持つ人。
  2. 自然科学全般および専門領域における研究のための基礎学力を有する人。
  3. 新たに得た知見を広め役立てる意欲をもち努力する人。

本専攻の入学試験では上記の人材を多元的な評価尺度で選抜するために、1に対しては、一次試験として、定められたテーマに対する小論文を課す、2に対しては、二次試験として、限られた道具と材料を用いて、テーマに沿ったモノを作製し、プレゼンテーションを課す、3については、二次試験として、口頭試問を課す、という二段階選抜によって受け入れ学生を見出します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

大学指導教員・企業技術者・学生が三位一体となった教育の産学連携を実施しています。また、企業で実際に研究開発を推進してきた研究者・技術者、さらに弁理士や技術士として活躍している実務型の教員を配置し、総合的な研究者・技術者教育を行っています。
モノづくり技術の発展・継承、日本産業の活性化・発展を担う「新しい価値を創造できる研究者・技術者」を育成するため、カリキュラムには以下の特徴を持たせています。

長期・実践型の産学連携教育 インターンシップに代表されるような体験型ではなく、主な教育研究の場を企業の研究開発室に設け、研究開発の実務を経験しながら指導を受けることができます。
セカンドメジャー制度 専門分野以外の演習科目の取得を義務づけることにより、一分野にとらわれることのない多様な基礎知識と研究能力、広い視野を養成しています。
総合的な研究者・技術者教育 社会人力や社会感覚の養成、国際性の涵養、倫理・コンプライアンス教育、MOT教育などを展開し、研究者・技術者に必要な総合的な教育を行っています。
到達レベルの設定 養成すべき人材像(モノづくりエンジニア、モノづくりイノベータ、モノづくりプロデューサ)とそれらの到達目標を明確化しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

<博士前期課程>

モノづくりエンジニア 専門分野に偏ることなく、特別演習、基礎科目、共通科目を修得することによって、モノづくりプロセスの全体像を体系的に理解した上で、産学連携教育による特別研究の修得によって製品、特許、論文を生み出すことができます。

<博士後期課程>

モノづくりイノベータ モノづくりエンジニアの技能を有し、複数の要素技術の組み合わせをベースにモノづくり全体のバランスを考えた上で、製品として最適な開発策を生み出すことができます。
モノづくりプロデューサ モノづくりエンジニアの技能を有し、モノづくり全体を見渡しながら複数のエンジニアを動員して最適な指示を与え、製品開発プロジェクトを推進することができます。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。