このページの本文へ移動します。

総合文化研究科
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

総合文化研究科のポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

総合文化研究科では、絶えず変動を続ける現代社会において、自ら新しい知的価値を創出することのできる人材を育成するため、以下のような意欲や能力を持つ人を国内外から広く受け入れます。

  1. 言語、文学、文化、歴史、社会、心理などの専門分野に興味を持ち、その研究を通して様々な人間の営みを根源的に考察し、多角的に理解しようとする人。
  2. 専門分野に関する知識や技能の修得に加えて、諸科学を横断する柔軟で幅広い教養と豊かな創造力を身につける意志を強く持ち、そのために必要な基礎学力を有する人。
  3. 分化された職能にとどまらず、総合的な思考力、判断力をもってクリエイティヴな文化発信を行い、国際社会や地域社会で指導的役割を果たそうとする意欲を持つ人。

以上のようなアドミッションポリシーにしたがって、入学試験は以下の方法により行います。

  1. 一般入学選考および学内入学選考では、各専攻・コースにおける研究に必要な専門知識や思考能力を考査する論述試験、国際的な視野に立った学習・発信のための基礎的な語学力を試す外国語試験、研究に対する意欲や適性などを判定する面接試問により、入学者を選抜します。ただし、学内入学選考では指導教員等の推薦と学部における成績の評価をもって外国語試験に代えるものとします。
  2. 学内推薦入学では、指導教員等の推薦により各専門分野における知識や能力、また外国語を含めた幅広い基礎学力が認められることを前提に、研究に対する意欲や適性、問題意識や探究心などを面接試問により判定します。
  3. 社会人については、実社会における経験や業績を加味した上で、論述試験と面接試問によって専門知識や研究能力を判定する「社会人入学選考」を実施します。
  4. 留学生については、学習や研究に必要な日本語能力を前提とした上で、専門知識や研究能力、意欲や適性を判定する「外国人留学生入学試験」を実施します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

総合文化研究科では、各研究分野における高度な専門性に立脚しつつも、その排他性、閉鎖性を克服する領域横断的な知性と創造性を涵養するため、以下のようなカリキュラムを編成しています。

  1. 日本文学、英語英米文学、文化・社会学、心理学の4専攻にそれぞれ2~4のコースを設け、各分野において基軸となる専門科目(選択必修科目)を通して研究テーマを深く掘り下げるとともに、コース間の積極的な相互浸透を図ることによって、専門的な知を有機的に結合する学際的な視点や方法を養います。
  2. 各専攻・コースの専門科目に加えて、研究科全体にわたる共通科目を数多く開講し、多様な専門領域に通底する共通の学問的基盤への認識を深めつつ、豊かな学識と幅広い視野から自身の研究を位置づけることを促します。
  3. 修士論文作成のための段階的プログラムとして、1年次の選択必修科目から2年次の「演習」へと進む専修科目を設置し、指導教員による綿密な個別指導と併せて、複数の教員による助言・検証、ゼミナール形式のもとでの学生の相互研鑽を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

総合文化研究科では、本学の理念ならびに研究科の教育目標に則って、専門研究の成果ならびに領域横断的な発想力・表現力に関する厳正な評価を行い、所定の単位を修得した上で修士論文の審査及び最終試験に合格した学生に対して、各専攻・コースで定める修士の学位を授与します。修了までに身につけるべき資質・能力は以下のとおりです。

  1. それぞれの研究分野において高度な専門知識を修得するとともに、専門職業人・研究者・創造者等としてそれを有為に活用する総合的な洞察力、思考力、批判精神を涵養していること。
  2. 国際社会や地域社会において広く活躍できる公共的なコミュニケーション能力と、その基礎となる豊かな教養を体得していること。
  3. 各専門分野の研究を通して人間の多様な営為に対する普遍的考察を行い、社会の未来に主体的かつ実践的に向き合うことができる知性と倫理を身につけていること。

総合文化研究科 日本文学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

日本文学専攻は、研究科のアドミッションポリシーをふまえて専門的な知識によって自ら新しい価値を生み出すことのできる柔軟な思考力と豊かな創造力を持った人材を育成するため、以下のような意欲と能力を持つ人を入学者として受け入れます。

  1. 日本文学・日本語学・創作・批評などの学問分野の知識や技能の修得に加えて、それを活用して教育・文化に関わる仕事に携わりたいという意欲と能力を持つ人。
  2. 日本文学・日本語学の学問分野に興味を持ち、その研究を通して文学や言語について考察し、かつ研究者としての基礎を身につけたいという意欲と能力を持つ人。
  3. 創作・批評の分野に興味を持ち、それについて学ぶことを通して、現代社会が直面する諸問題に対する問題意識を獲得したいという意欲と能力を持つ人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

日本文学専攻では、日本文学・日本語学・創作・批評について専門的に研究し、日本語による高度な表現技術とそれを支える思考力、創造力を持つ学生を育てるために、以下のようなカリキュラムを編成しています。

  1. 「言語・文学」「創作・批評」の2コースを設け、それぞれ文学研究と言語研究、創作研究と批評研究を有機的に結びつけるとともに、両コースの積極的な交流・融合を図り、より広い視野で各分野の研究に取り組むことのできる視点を養います。
    「言語・文学」コースの専攻科目では日本古典文学・日本近現代文学・日本語学、「創作・批評」コースの専攻科目では創作・批評の各分野についての講義を開講し、かつ学生が両コースを横断して日本文学・日本語学・創作・批評などの学問分野の知識や技能、また研究能力・問題解決能力を修得することが可能なカリキュラムとなっています。
  2. 研究科のカリキュラムポリシーをふまえて専攻科目の他に共通科目と他専攻の科目をカリキュラムに組みこみ他のジャンルとの交差交流を深め、学生が幅広く言語、文学、芸術、文化、歴史、社会、心理についての学識を得ることが、カリキュラムにおいて目指されています。
  3. 専攻での研究の成果や表現技術と思考力、創造力、および研究の成果を表現できる優れた日本語能力に基づいて修士論文を作成するための準備科目として必修の「演習」を設定しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

日本文学専攻は、研究科のディプロマポリシーをふまえて専門的な知識と方法論に基づいて、物事を絶えずその本質において問い直し、新たな知的価値を創出することのできる人材を育成することを目指しています。その趣旨のもとに総合文化研究科のディプロマポリシーに従って、さらに以下の基準を満たしていると判断するものについて、修士(文学)の学位を授与します。

  1. 日本文学・日本語学・創作・批評などの学問分野の知識や技能を修得し、かつ幅広く言語、文学、芸術、文化、歴史、社会、心理についての学識を有していること。
  2. 日本文学・日本語学・創作・批評のいずれかの分野について十分な研究能力・問題解決能力を有していること。
  3. 研究の成果を表現できる優れた日本語能力を有していること。

総合文化研究科 英語英米文学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

「建学の精神」と「教育理念」に共感しジャンルを超えた広い視野をもって、英語という言語の性質を探求し、英語圏文学作品の研究を目指す人を国内外から広く受け入れ、専門性をと関連領域の学識を高めていきます。

  1. 言語としての英語や英語圏の文学作品に強い関心があり、高度な英語力を持つ人。
  2. 英語について言語学的な方法論を用いて明らかにし、また英語圏の文学作品について文学理論を援用して研究したい人。
  3. 研究者、教員、及び、高度な言語の知識や文学の理論を駆使した職業に就くことを目指す人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「建学の精神」と「教育理念」を実現するために、専攻科目と共通科目を柱とし、専門分野では、英語学・言語学の諸分野を偏りなくかつ深く研究し、また英語圏文学の深い知識を修得する一方、境界を超えて他専攻の科目を自由に履修できるカリキュラムを提供し、学際的視野に立てる院生の養成を目指します。中学校・高等学校教諭専修免許の英語を取得することが出来ます。

  1. 言語としての英語の専門的知識を持った人材や英語圏の詩歌・小説、その他の文学作品を深く研究できる人材を育成します。
  2. 言語の習得と教育について専門知識を身につけ、また文学研究の方法論指導と先行研究渉猟により、優れた教員や専門の研究者育成を目指します。
  3. 高い英語運用能力の涵養と専門的な研究と共に、専門領域を横断する交流により学際的な視野に立ち、斬新な視点による多面的研究の可能性を高めます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

「建学の精神」と「教育理念」に基づき、英語に関する言語学的専門知識と英語圏の文学理論や研究法の教授を基盤として修士論文の指導を行い、これに合格した者に、修士(文学)の学位を授与します。修了までに身につける資質は以下の通りです。

  1. 英語の意味・構造・使用についての学問的な知識や英語圏の文学研究を基盤に研究者の第一歩となる資質。
  2. 言語研究や文学研究の専門知識ばかりでなく、領域横断的志向による幅広い教養力と斬新な研究を行う力。
  3. 国際社会でも活躍できるさらに高度な英語運用能力と社会の文化レヴェルを支える高度な教養力。

総合文化研究科 文化・社会学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

総合文化研究科の教育方針に基づき、ローカルからグローバルに展開し、複雑化する現代社会を理論と実践から的確に理解し、現代社会の課題に取り組む人材を育成するため、以下のような意欲と能力を持つ志願者を受け入れます。

  1. 歴史、現代文化、社会、都市などの専門分野に興味を持ち、その研究を通して様々な人間の営みを根源的に考察し、多角的に理解しようとする人。
  2. 専門分野に関する知識や技能の修得に加えて、諸科学を横断する柔軟で幅広い教養と豊かな創造力を身につける意志を強く持ち、そのために必要な基礎学力を有する人。
  3. 分化された職能にとどまらず、総合的な思考力、判断力をもって文化や知識の発信を行い、国際社会や地域社会で指導的役割を果たそうとする意欲を持つ人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

文化・社会学専攻には、歴史学コース・現代文化学コース・社会学コース・都市学コースという4コースを設けています。歴史学コース・現代文化学コースでは、原始・古代から現代まで、日本や世界各地において発生し、変化しつつある多様な文化現象を、専門的かつ複合的視点から読み解く能力の育成を目指します。社会学コース・都市学コースでは、現代社会の構造を理論と実証の両面から多面的に解明し、国際社会・地域社会で主体的かつ創造的に活動できる人材を養成します。

  1. 社会学コースでは、複雑化する現代社会について、理論と実践のバランスのとれた総合的な研究を行い、これを的確に理解することで、現代社会が直面する社会問題の解決について、あるべき社会の姿を考えていく能力を養います。
  2. 都市学コースでは都市問題や地域問題を対象に、課題の抽出とその解決に向けて実践的な研究を行います。また都市社会学・都市地理学・都市計画学・環境政策学など関連する研究領域にかかわる研究を総合的に行う学際的アプローチによって、まちづくり、地域活性化、観光、環境問題など都市・地域をとりまく現代的課題を探究する能力を養います。
  3. 各分野における基軸となる専門科目(選択必修科目)を通して研究テーマを深く掘り下げるとともに、コース間の積極的な相互浸透を図ることによって、専門的な知を有機的に結合する学際的な視点や方法を養います。
  4. コースの専門科目に加えて、研究科全体にわたる共通科目を数多く開講し、多様な専門領域に通底する共通の学問的基盤への認識を深めつつ、豊かな学識と幅広い視野から自身の研究を位置づけることを促します。
  5. 修士論文作成のための段階的プログラムとして、1年次の選択必修科目から2年次の「演習」へと進む専修科目を設置し、指導教員による綿密な個別指導と併せて、複数の教員による助言・検証、ゼミナール形式のもとでの学生の相互研鑽を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

下記の基準を満たし、学術的に優れた修士論文を作成した者に、修士の学位を授与します。歴史学コース・現代文化学コースの修了生には修士(文化学)の学位を、社会学コース・都市学コースの修了生には修士(社会学)の学位を授与します。

  1. 社会学コースでは、グローバルに展開し、複雑化する現代社会を理論と実践のバランスのとれた総合的な研究を通じて的確に理解し、現代社会が直面する社会問題に取り組み、あるべき社会の姿を考えていく能力を体得していること。
  2. 都市学コースは都市問題や地域問題を対象に、その解決に向けて実践的な研究を行い、都市社会学・都市地理学・都市計画学・環境政策学などを用いた学際的アプローチによって、まちづくり、地域活性化、観光、環境問題など都市・地域をとりまく現代的課題を探究していること。
  3. それぞれの研究分野において高度な専門知識を修得するとともに、それを有為に活用する総合的な洞察力、思考力、批判精神を涵養していること。
  4. 国際社会や地域社会において広く活躍できる公共的なコミュニケーション能力(言語能力)と、その基礎となる豊かな教養を体得していること。
  5. 各専門分野の研究を通して人間の多様な営為に対する普遍的考察を行い、社会の未来を主体的かつ実践的に模索することができる知性と倫理をつねに涵養していること。

総合文化研究科 心理学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

総合文化研究科の教育方針に基づき、心理学コースについては人間行動を解明し、これを社会に還元できる人材、臨床心理学コースについては心のケアとサポートを地域社会において実施できる人材を育成するため、以下のような意欲と能力を持つ志願者を受け入れます。

  1. 心理、臨床心理などの専門分野に興味を持ち、その研究を通して様々な人間の営みを根源的に考察し、多角的に理解しようとする人。
  2. 専門分野に関する知識や技能の修得に加えて、諸科学を横断する柔軟で幅広い教養と豊かな創造力を身につける意志を強く持ち、そのために必要な基礎学力を有する人。
  3. 分化された職能にとどまらず、総合的な思考力、判断力をもって文化や知識の発信を行い、国際社会や地域社会で指導的役割を果たそうとする意欲を持つ人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

心理学専攻には、心理学コース・臨床心理学コースという2コースを設けています。心理学コースでは、知覚や認知などの基礎的領域から社会心理・産業心理などの応用的領域にわたって人間行動を解明できる知識の修得を目指します。臨床心理学コースでは、基礎的な心理学の土台の上に、地域社会での心のケアとサポートを提供できる専門家の育成を目指します。

  1. 心理学コースは、基軸となる専門科目(選択必修科目)を通して研究テーマを深く掘り下げるとともに、専門的な知を有機的に結合する学際的な視点や方法を養います。
  2. 心理学コースについては専門科目に加えて、研究科全体にわたる共通科目を数多く開講し、多様な専門領域に通底する共通の学問的基盤への認識を深めつつ、豊かな学識と幅広い視野から自身の研究を位置づけることを促します。
  3. 臨床心理学コースでは、臨床心理士に必要とされる心理学の基礎知識、ならびに教育、医療、福祉、産業など関連する領域における心理臨床的な実践方法を学び、実証的な研究を行います。また実習を通して援助技法、査定技法を習得するとともに高い倫理観を持った専門家としての能力の習得を目指します。
  4. 修士論文作成のための段階的プログラムとして、1年次の選択必修科目から2年次の「演習」へと進む専修科目を設置し、指導教員による綿密な個別指導と併せて、複数の教員による助言・検証、ゼミナール形式のもとでの学生の相互研鑽を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

下記の基準を満たし、学術的に優れた修士論文を作成した者に、修士(心理学)の学位を授与します。

  1. 心理学コースでは、人間の心的活動や行動のメカニズムについて、理論的、実証的に究明し、さまざまな環境や社会的場面における心理学的諸問題の解決法を探り、生活や生きがいの充実を考えていること。
  2. 臨床心理学コースでは、心理学の基礎知識を前提に、教育、医療、福祉、産業などの領域における心理臨床的な実践方法を学び、実証的な研究を行っていること。ならびに実習を通して援助技法、査定技法を習得するとともに高い倫理観を持った専門家としての能力を体得していること。
  3. それぞれの研究分野において高度な専門知識を修得するとともに、それを有為に活用する総合的な洞察力、思考力、批判精神を涵養していること。
  4. 国際社会や地域社会において広く活躍できる公共的なコミュニケーション能力(言語能力)と、その基礎となる豊かな教養を体得していること。
  5. 各専門分野の研究を通して人間の多様な営為に対する普遍的考察を行い、社会の未来を主体的かつ実践的に模索することができる知性と倫理をつねに涵養していること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。