このページの本文へ移動します。

農学研究科
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

農学研究科

農学研究科では、本学の建学精神である実学教育と人間性の陶冶をふまえ、農学に関わる自然科学から社会科学までの幅広い知識と技術を修得し、研究科で育まれた高度な能力を実社会が抱える様々な問題の解決に実践、応用できる人材の育成を目指しています。

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

具体的には、国内外から以下の入学者を広く受け入れます。

  1. 農業、生命、環境、食糧、健康など、農学研究科が展開する教育・研究分野を理解し、修得するのに必要な基礎学力を有する人。
  2. 農学研究を行う上で不可欠となる英語科学論文の読解力と理解力を有する人。
  3. 農学の社会的使命を理解し、社会に貢献するための幅広い専門知識、応用力、実践力の修得を目指す人。
  4. 本研究科で得られた教育・研究成果を国際的に発信するため、コミュニケーション能力を高めることに強い意欲を有する人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

農学研究科の特色である農業、生命、環境、食糧、健康(医療)の各分野を中心に、以下の教育方針でカリキュラムを提供します。

  1. 博士前期課程では、生物学、化学、物理学の基盤教科を基に、農林水産生物の生態、生理、繁殖などの諸現象、細胞、組織、生産物の利用方法、食品と健康との関係等を、講義(特論)と少人数ゼミ(演習)、各種実験・調査により理解できるよう、各科目を開講しています。学生は各自の専修科目に加え、必要に応じて自由に他の専修分野の開講科目を受講することが可能です。
  2. 博士後期課程では、前期課程で培った科学知識と研究技術をさらに発展させるため、講義・演習・実験科目を修得するとともに、担当教員のマンツーマンの指導下で、自己の研究テーマの探究に必要な課題発見能力、問題解決能力、プレゼンテーション能力を高め、学位取得に必要な英文学術論文の作成を行います。これらの実践的な教育を通じ、研究者、専門的技術者として自立するために必要な知識と技術を修得します。
  3. 国際社会で活躍するために必須である英語のコミュニケーション能力を培うため、全専攻において外国人教員によるプレゼンテーションとライティングの科目を開講しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

各専攻が目標として定めた専門知識と技術、コミュニケーション能力を身につけていることを目安とし、かつ下に示す修了要件を充たすことができた学生に学位(修士と博士)を授与しています。

  1. 所定の年限在学し(博士前期は2年、博士後期は3年)、専攻ごとに定められた必要単位を修得していること。
  2. 博士前期課程においては、自立した研究者や技術者としての幅広い知識と理解力を身につけているとともに、2年間の研究成果を修士論文としてまとめ、それを口頭発表し、最終試験に合格すること。
  3. 博士後期課程においては、実社会に存在する様々な問題を解決する柔軟な応用力、世界において活躍できる語学力とリーダーシップ力を身につけていること。また、博士(農学)の学位論文を提出するまでに、学位論文の内容を査読付き学会誌、または国際誌に英語論文として公表していること、あるいは受理されていること。

農業生産科学専攻 「3つのポリシー」

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

農業生産科学専攻は、農業生産の現場における諸課題を解決する能力を有し、環境と健康に配慮した作物の生産に関連する各分野で活躍できる創造性豊かな人材の育成を目指しています。これを実現するために、以下の入学者を広く受け入れます。

  1. 農業生産科学専攻の教育を理解し修得するのに必要な学力と学修・研究意欲を有する人。
  2. 本専攻分野の学問的発展と社会的貢献を果たすため、専門知識と実践力の修得を目指す人。
  3. 本専攻分野の教育研究成果を、世界と日本で役立てる能力と意欲のある人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

農業生産科学専攻では、当専攻のディプロマポリシ-に基づいて、作物学、育種工学、園芸植物学、植物感染制御工学、昆虫生態制御学、農業経営経済学、植物・人間関係学の7つの専修分野を基軸とした特論・演習・実験を設けています。これらの科目を広く修めることにより、農業生産の現場における諸課題を理解し、それらを解決する能力を育みます。そのため、以下の教育方針でカリキュラムを提供しています。

  1. 博士前期課程では、高度な専門性を有する職業人となるための基礎的知識、論理的記述能力、口頭での発表能力、討議でのコミュニケーション能力を身につけ、各自設定した研究テーマを修士論文にまとめることを目指します。
  2. 博士後期課程では、前期課程で培った能力をさらに発展させ、自己の研究テーマの研究発表能力を高め、査読付き学術雑誌に英語論文を発表することを目指します。
  3. 両課程を通じて、日本語および英語によるコミュニケーション能力を高め、国内外に通用する修士及び博士学位論文を完成させることを目指します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

農業生産科学専攻は、農業生産の現場における諸課題を解決する能力を有した創造性豊かな人材を育成することを目的として教育と研究を行い、世界と日本における農業生産の現場で活躍できる研究者と幅広い視野を持つ技術者を組織的に養成します。農学研究科のディプロマポリシーに基づき、以下の条件を充たした大学院生に学位(修士と博士)を授与しています。

  1. 農業生産科学専攻の各専修分野が設定した特論、演習、実験の必要単位を修得し、農業生産、生物のいやし効果、アグリビジネスのいずれかの領域に関する高度な専門知識を持つこと。
  2. 博士前期課程においては、各自が設定した研究テーマを担い、得られた結果を論理的かつ客観的に分析し、その研究成果を修士論文としてまとめる能力を有していること。
  3. 博士後期課程においては、各専修分野に関する深い学識を修得し、それに基づいて自ら独創的な研究課題を設定し、得られた研究成果を査読付き学術雑誌へ英語論文として公表するとともに、博士論文としてまとめる能力を有していること。

水産学専攻 「3つのポリシー」

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

水産学専攻では、自然と調和した水産業の発展のため、水域の食糧生産や環境保全などの幅広い分野で世界の水産業を牽引できる人材の育成を目指しています。これを実現するため、以下の入学者を広く受け入れます。

  1. 水産科学に関する基礎的知見、並びに基礎的語学力を有し、現在の水産業が抱える問題点に取り組む意志を有する人。
  2. 自然環境との共生を理解し、魚介類の生産から流通までの水産業全体を掌握する広い知識の獲得に意欲を有する人。
  3. グローバル化した産業と研究のニーズに対応するため、コミュニケーション能力と国際的発信力の強化に意欲を有する人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

水産学専攻の教育目標を実現するため、水産業の流れに沿って、水産生物学、水産増殖学、漁業生産システム、水族環境学、水産利用学、水産経済学の6つの専修分野を基軸とした特論・演習・実験を設けています。これらの科目を広く修めることにより、「イケスから食卓まで」を理解し、それぞれの現場で生じる問題点を把握し、解決する能力を育みます。

  1. 博士前期課程では、高度な専門性を有する職業人となるための基礎的知識と理解力、応用力を培うとともに、研究実施能力を育むため、実験・調査結果を基にした修士論文の作成を指導します。
  2. 博士後期課程では、各領域が抱える問題点を解決するための研究テーマを立案し、それを遂行する能力を育成するとともに、世界の水産分野でリーダーシップを発揮できるよう、グローバルなコミュニケーション能力と情報発信力を育てる語学教育を実施します。
  3. 専攻内のすべての教員と大学院生が参加する演習を周年に渡って開催し、プレゼンテーション能力を向上させるとともに、水産学の幅広い専門分野からの意見やニーズを体得させることによって、修士論文、博士論文の作成に役立てます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

水産学専攻では、自然と調和した水産業の発展のため、水域の食糧生産や環境保全などの水産学に関する高度な専門知識と技術を有し、以下の条件を充たす大学院生に対して学位(修士と博士)を授与しています。

  1. 水域の食糧生産にかかわる学問分野から水域生態系の環境保全分野までを包含する水産生物学、水産増殖学、漁業生産システム、水族環境学、水産利用学、水産経済学の各専修分野に関する特論、演習、実験の必要単位を修得していること。
  2. 水産学専攻の全分野を対象とした演習科目(博士前期課程は水産科学演習、博士後期課程は水産科学特別演習)の単位を修得し、魚介類の生産から流通までの水産業全体を理解していること。
  3. 博士前期課程においては、担当教員の指導下で現在の研究到達点を踏まえた適切な研究テーマを設定できること、得られた結果を論理的、客観的に分析した修士論文として作成できること、修士論文の成果を論理的に口頭発表できること。
  4. 博士後期課程においては、独立して研究計画を立て、それを実施して得た研究結果が新奇性と独創性を伴っていること、それが学術価値の高い博士論文として提出されていること、さらにその成果を論理的に口頭発表できること。また、研究成果の一部が既に国際的科学誌に公表、または受理されていること。

応用生命化学専攻 「3つのポリシー」

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

応用生命化学専攻では、生物や生物資源を化学的視点から理解することによって生物の特性を活用し、人類が直面する課題の解決に挑む人材を希望します。
具体的には、以下の入学者を広く受け入れます。

  1. 本専攻の教育と研究を理解し、修得するのに必要な基礎学力・語学力を有し、生命、資源、食糧、環境に関する最先端の研究に意欲を有する人。
  2. 主体的に行動し、情報収集能力があり、問題解決に向けてチャレンジ精神のある人。
  3. 教育・研究成果を社会に役立てるため、国際的に発信する意欲を有する人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

応用生命化学専攻では、応用細胞学、食品微生物工学、生物制御化学、応用微生物学、森林生物化学、生物環境化学、食品機能学の7つの専修分野を基軸とした特論・演習・実験を設けています。これらの科目を広く修めることにより、生命、資源、食糧、環境をキーワードに、種々の生物を対象とし、遺伝子・タンパク質や細胞レベルでその構造と機能を解析する基礎研究、それらの機能を環境浄化、食品や医薬品の開発、疾病予防、有用資源の開発へ利用する応用研究を行います。

  1. 博士前期課程では、生命、資源、食糧、環境に関する高い専門性を有する職業人となるための基礎的知識、論理的思考および記述能力、口頭発表能力を修得し、それぞれの分野での研究課題を修士論文にまとめることを目指します。
  2. 博士後期課程では、博士前期課程で修得した先端科学知識や研究技術を発展させ、研究成果の発表能力をさらに高め、国際的な学術雑誌への投稿のための英語論文作成を目指します。
  3. 両課程ともに、国内外での学会発表を推奨し、さらに国際社会でのコミュニケーション能力を獲得するために、英語論文作成やプレゼンテーション能力を向上させることを目指します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

生命現象や調節に関わる機構を理解し、生物生産・資源利用と環境との調和をもとに、人類が直面する食糧問題や環境問題の解決に貢献できる創造性に溢れた研究者と幅広い視野を持つ技術者を組織的に養成します。農学研究科のディプロマポリシーに基づき、以下の条件を充たした大学院生に学位(修士と博士)を授与しています。

  1. 応用生命化学専攻の教育理念・教育目標に沿って設定した講義科目、演習、実験の必要単位を修得していること。
  2. 博士前期課程においては、生命現象や調節に関わる機構を理解し、生物生産・資源利用と環境との調和をもとに人類が直面する問題を解決できる幅広い専門知識や研究技術を修得し、その研究成果を修士論文にまとめる能力を有していること。
  3. 博士後期課程においては、生命現象や調節における深い知識と高度な研究技術、倫理性を修得し、問題解決のために独創的な研究課題を設定し、研究成果を査読付き学会誌へ英語論文として公表するとともに、学位論文としてまとめる能力を有していること。

環境管理学専攻 「3つのポリシー」

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

環境管理学専攻では、持続可能な農林水産業の展開と生物多様性の保全に必要な知識と技術を養うことにより、人類が直面する環境問題の解決に貢献できる人材を育成します。
具体的には以下の入学者を広く受け入れます。

  1. 環境管理学専攻の教育理念・教育目標を理解し、環境科学を修得するのに必要な学力と高い研究意欲を有する人。
  2. 人類と自然の共生をめざし、開発と保護の調和をはかるための専門知識および実践力の修得を目指す人。
  3. 研究成果を世界に発信できる語学力を修得し、国際的に活躍する意欲を有する人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

環境管理学専攻では、以下の教育方針でカリキュラムを提供します。

  1. 環境科学の基盤となる生態学、化学、工学、遺伝学、水文学、政策学に関する講義、演習、実験の各科目を通じて、環境に関わる専門知識の修得と環境問題について考え、解決策を見出すための能力を育てます。
  2. 環境の評価、保全、修復、管理、利用、政策に関わる研究テーマについて、研究計画会および経過報告会での発表とその後の綿密な論議を通じ、博士前期課程では修士論文として、博士後期課程では博士論文としてまとめ上げるまでの指導を行います。
  3. 環境に関わる専門分野において国際的に活躍できる英語力(会話・プレゼンテーション・読解・論文作成)を養うため、外国人教員による講義科目を設けるとともに、各研究室で徹底した指導を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

環境管理学専攻では、環境に関わる専門分野における知識と技術を有し、創造力および主体的研究能力を発揮できると判断される者に対し、以下の基準で学位(修士と博士)を授与しています。

  1. 環境管理学専攻の教育理念・教育目標に沿って設定した講義科目、演習、実験・調査の単位を修得していること。
  2. 博士前期課程においては専修分野における実験・調査を実施することにより、環境を修復する技術を有し、環境を守り管理するための知識を有していること。また、得られた研究成果を修士論文としてまとめ、それを口頭で発表し、審査に合格すること。
  3. 博士後期課程においては特別実験・調査研究を実施し、我が国はもとより世界の環境問題を理解し、それを解決する能力を身につけていること。得られた研究成果を博士論文として提出するとともに口頭で発表し、審査に合格していること。、また、研究内容を権威ある査読付き学術雑誌へ英語論文として公表していること、または受理されていること。

バイオサイエンス専攻 「3つのポリシー」

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

バイオサイエンス専攻は、日進月歩の勢いで進展するバイオテクノロジーに対応できる柔軟な思考力と創造力を持ち、人類が抱える食糧・環境・生命の諸問題を解決できる人材を育成します。
具体的には以下の入学者を広く受け入れます。

  1. 本専攻の教育・研究を理解、修得するのに必要な知識と語学力を持ち、高い研究意欲を有する人。
  2. 独創的なフロンティア精神とリサーチマインドを有する人。
  3. 幅広い視野を持ち、国際的に研究活動を行う意欲と能力を有する人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

バイオサイエンス専攻は、専攻の教育理念である「未来を拓く最先端バイオ技術で世界の食糧、環境、アグリバイオ分野をリードする人材を育成する」ことを実現するため、以下のようなカリキュラムを設置しています。

  1. 「医療」、「創薬」、「食糧」、「エネルギー」をキーワードに、生命科学に関する最先端の知識や技術を学ぶために、動物、植物、微生物、バイオマテリアルの4分野から構成される専修分野のそれぞれについて特論を開講し、総合的にバイオサイエンスの専門知識が修得できる系統的な学修プログラムを提供しています。
  2. 高度で専門的な知識と技術を身につけるための研究プログラムと、国際的コミュニケーション能力を向上させるためのネーティブ・イングリッシュによる講義を開講しています。
  3. 研究遂行能力・問題解決能力や文章作成能力・発表能力を身につけるための実践的な演習講義を開講しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

バイオサイエンス専攻は、「フロンティア精神を持ち、バイオ技術で、食糧、環境、アグリバイオ分野をリードする能力を持った人材を育成する」ことを目的として教育・研究を行い、農学研究科のディプロマポリシーに基づき、以下の条件を充たした大学院生に学位(修士と博士)を授与しています。

  1. バイオサイエンス専攻が設定した講義と演習の単位を修得し、高度な専門知識と国際的なコミュニケーション能力を有していること。
  2. 博士前期課程においては、それぞれの専修分野において独創性の高い研究テーマを担い、問題解決に向けて実践的な研究を行い、その研究成果を修士論文としてまとめる能力を有していること。
  3. 博士後期課程においては、専修分野に関する深い学識と高度な研究技術を修得し、それに基づいて自ら独創的な研究課題を設定し、実験的に解決する能力を有し、さらに得られた研究成果を国際的科学誌に報告するとともに、博士論文としてまとめる能力を有していること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。