このページの本文へ移動します。

通信教育部
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

法学部

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

法学部(通信教育部)は、関西における大学通信教育の草分けであり、大学の門戸を広く社会に開放すべく設立されました。「いつでも・どこでも・誰でも」という基本方針のもと、近畿大学建学の精神に則り、法的に物事を考える姿勢を身につけた社会で求められる人材を育成します。このために、次のような入学者を受け入れます。

  1. 法学部での履修に必要な基礎学力を有する人。
  2. .ルールや制度についての知識を積極的に修得し、社会的問題に対するより良い解決策を提示する意欲を持つ人。
  3. 法や政治についての幅広い知的好奇心、コミュニケーション能力を持つ人。
  4. 社会生活の基礎となる倫理観を備える人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「法的に物事を考える姿勢を身につけ、激動する社会のなかで、自分を見失わず、社会構造の変化にも積極的・柔軟に対応できる、広い視野と豊かな思考の持ち主を養成します」という法学部の教育理念を実現するため、以下のようなカリキュラムを設置しています。

<総合科目>
人文・社会・自然にわたる幅広い内容を学び、高い倫理観とグローバルな視点に立った教養を身につけます。スポーツ以外の科目はすべて通信授業科目で構成しており、レポート作成を通じて論理的思考力を養成します。

<外国語科目>
外国語科目を通して、その国の言葉や諸外国の文化や伝統を知り、習慣の違いを認識することで、生き生きとした国際感覚を持ち、グローバルな視点から状況判断ができる人材を育成します。

<専門科目>
法学部入門科目に加えて、学科の専門的内容に応じた入門科目も学べるよう設計されています。第1類選択必修科目は、六法を総合的に学習できるよう構成されており、また、遠方に在住などの事情で、面接授業科目に出席できる機会が限られている場合でも学習できるよう構成されています。さらに第2類選択必修科目では、第1類選択必修科目よりも高度で専門的な内容を学ぶことができ、法学だけでなく、経済学などの学習を通じて多角的・総合的な視点を養い、法学部生として不可欠な法的思考力(リーガルマインド)を身につけます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

法学部(通信教育部)は、近畿大学の建学の精神や教育理念を念頭に、「激動する社会の中で広い視野と豊かな法的思考により、積極的かつ柔軟に行動する能力を修得させることと、そのような能力を備えた21世紀を担う人材を育成すること」を教育目標としており、目標に照らした厳格な成績評価を行っています。所定の年限在学し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. .近畿大学の教育理念である「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人」に合致する人格へと自らを向上させ、成長させ続ける態度を身につけること。
  2. .社会に対する広い視野と高い倫理観を持ち、社会構造の変化に対して積極的・自主的に対応できること。
  3. .専門分野の基本的な知識を修得し、体系的に理解できていること。
  4. .広範な教養と専門的知識、法的思考力(リーガルマインド)を活用して社会に存在する問題を発見し、積極的かつ柔軟に問題を解決する能力を身につけること。

短期大学部

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

短期大学部(通信教育部)では、関西における大学通信教育の草分けであり、大学の門戸を広く社会に開放すべく設立されました。「いつでも・どこでも・誰でも」という基本方針のもと、近畿大学建学の精神に則り、日々変化するビジネスの世界に興味を持ち、様々な視点から問題解決に取り組みたいと考える次のような人を求めています。

  1. 短期大学部のカリキュラムを通じ、実学を学びたい人。
  2. 社会が求める知識と教養を身につけたい人。
  3. 豊かな人間性を有するビジネスパーソンを目指したい人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

短期大学部(通信教育部)は実学を学び、知識と学力を蓄え、向上心を高め、積極的な問題追求と思索を重ねる人を育成するため、「建学の精神」と「教育理念」に基づき、経営学を中心としたカリキュラムを編成し、教育を行います。

<総合科目>
人文・社会・自然にわたる幅広い内容を学び、高い倫理観とグローバルな視点に立った教養を身につけます。スポーツ以外の科目は、すべて通信授業科目で構成しており、レポート作成を通じて論理的思考力を養成します。

<外国語科目>
外国語科目を通して、その国の言葉や諸外国の文化や伝統を知り、習慣の違いを認識することで、生き生きとした国際感覚を持ち、グローバルな視点から状況判断ができる人材を育成します。

<専門科目>
専門科目Ⅰでは、ビジネスに欠かせない基礎理論を中心としたカリキュラムの下で、ビジネスパーソンとして必要な知識と能力の養成を行います。また、実学として専門性の高い分野を専門科目Ⅱにおいて開講します。個別企業の組織や活動状況から複雑な経済社会の動向に至るまで、重要な情報の収集選択方法と同時に、分析(解析)に不可欠なスキルを学びます。豊富な専門知識の蓄積と思考方法の訓練を通して、現状の的確な把握と高い視点からの分析、判断を可能にします。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

短期大学部では、本学の「教育理念」と「建学の精神」に基づいたカリキュラムを通して、ビジネスパーソンとして社会に貢献し、社会に求められる人材を育成します。そのために厳格かつ厳正に成績評価を行い、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、短期大学士(経営学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. ビジネスの社会で必要となる知識や思考能力、スキルを修得していること。
  2. 将来に向けたキャリアデザインやキャリア形成ができること。
  3. 専門知識、技能を修得し、幅広い視点からものごとを見つめ直し、社会の動きを的確に、かつ、体系的に捉えられること。
  4. 人間性豊かで国際感覚を会得した教養人であること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。