このページの本文へ移動します。

産業理工学部
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

産業理工学部

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

産業理工学部は、近畿大学建学の精神に則り、実学教育のもとに技術に偏らずコミュニケーション能力を持ったフロンティア人材を育成します。このために、次のような入学者を受入れます。

  1. 産業理工学部での履修に必要な基礎学力を有し、学修の遂行に意欲を持つ人。
  2. 人間と社会を意識し、これからの新しい社会を築くことに対して関心を持つ人。
  3. ものごとを総合的に捉える視点を身につけたい人。
  4. 目標に向けて協力して行動することができる人。
  5. 産業理工学部の教育理念に共感する人。

また、産業理工学部に入学するまでに、次のようなことを身につけていることが望まれます。

国  語 : 基礎的な読解力、表現力、論理的な思考力
外国語 : 基礎的な英文の内容が理解でき、目的に応じて英語で表現できる能力

なお、数学、理科、地歴・公民については、学科ごとに理解しておくべき基礎的な内容を定めています。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

産業理工学部の教育理念である「技術に偏らず、人間と社会を常に意識して活躍できる職業人を育成する」ことを実現するため、以下のようなカリキュラムを設置しています。

<教養・基礎教育>
各学科で学ぶ専門的な知識と両輪をなす基礎的な知識と社会生活における幅広い教養を修得するため、次の五つの科目群を設置しています。

  1. 人間性・社会性科目群
  2. 国際性、地域性科目群
  3. 課題設定・問題解決科目群
  4. スポーツ、表現活動科目群
  5. 外国語科目群

これらの科目群における各科目では、生きること、学ぶこと、働くことなど、これから迎える社会生活の最も基本的な事柄を体験していきます。すなわち、社会における倫理の問題、国際化とそれにともなう異なる文化の理解、自らを表現するための論理的な思考法や母国語としての日本語、さらにコミュニケーションツールとしての語学、こうした科目群を学ぶことによりそれぞれのゆたかな人格を形成します。

<専門科目>
初年度に教養・基礎教育科目に設けた少人数の課題設定・問題解決科目群と連携しながら、能動的で自律的な学修態度への転換を図り、専門教育にスムーズに移行できるように配慮しています。また、各学科で設定された人材育成目標に沿って科目群を編成しています。講義だけではなく豊富な実験・実習、演習科目を通して専門に関する知識や技能を修得し、実践力を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

産業理工学部では「自然・技術・人文・社会が調和する文理協働の発想をもった教養ある社会人を育成すること」を教育目標としています。また、大きな行動力と高いコミュニケーション力を備え、自らが置かれた状況の中で、自ら課題を発見し、その解決策を見出していく主体的な対応能力を持った人材である「フロンティア人材」を世に送り出すことを目的としています。
これらの趣旨のもとに厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営し、開講された科目を履修して所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)あるいは学士(経営ビジネス)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 近畿大学の教育理念にかなう「人に愛され、信頼され、尊敬される」人であるべきことを常に心掛け、自ら課題を発見し解決策を探るような自己の向上に努める態度を身につけること。
  2. 技術に偏らず、人間と社会を常に意識し、自然・技術・人文・社会が調和する文理協働の発想を身につけること。
  3. 21世紀社会の課題に応えられる教養ある社会人としての知識と能力を身につけること。

ページトップへ戻る

産業理工学部 生物環境化学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

生物環境化学科は、バイオテクノロジーや食品、医薬品、エネルギー・環境問題の解決に貢献できる人材を育成します。これらを実現するために、生物環境化学科は創設以来、広く優秀な人材を求め、海外からの留学生も受け入れていきます。このため、様々な入試制度を活用することで、次のような資質を有する入学者を受け入れます。

  1. 生物環境化学科での学修に必要な基礎学力を有し、学修の遂行に強い意欲を持つ人。
  2. 知的好奇心を持ち、積極的かつ真摯に学修しようとする人。
  3. バイオ、食品、医薬品、エネルギー、地球環境分野における技術開発に興味を持つ人。
  4. 将来、地球平和と人類の発展のため、社会貢献・国際貢献したいと思っている人。

また、生物環境化学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国  語 : 基礎的な読解力、表現力、論理的な思考力
外国語 : 基礎的な英文の内容が理解でき、目的に応じて英語で表現できる能力
数  学 : 数学Ⅰ・Ⅱ及び数学A・Bで学修する基礎的な内容
理  科 : 化学基礎・化学あるいは生物基礎・生物で学修する基礎的な内容

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

生物環境化学科は、バイオ、食品、エネルギー問題、地球環境分野における基礎及び応用について自ら学び、自ら考えることのできる人材を育成するために、以下のようなカリキュラムを設置しています。なお、重点的に学ぶ分野の違いに応じて、バイオサイエンスコース、食品生物資源コース、エネルギー・環境コースの3つのコースを設けています。

  1. 自立した社会人として活躍するために、歴史や経済、社会に関する科目などにより幅広い教養を身につけると共に、「ライフデザイン」などで就業力を養います。語学能力を養う科目では、多くの必修科目により、使える英語の能力、日本語の運用能力、パソコンスキルを確実に身につけます。
  2. 1学年の「基礎ゼミ」では少人数で問題解決型の学修に取り組み、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を総合的に養います。
  3. バイオサイエンスコースでは「生物化学」、「分子遺伝学」、「生体機能分子化学」など、分子生物学や遺伝学、医薬品などについて基礎と応用さらには最先端の内容まで学修し、ヒトの健康を分子レベルで解決できる能力を養成します。
  4. 食品生物資源コースでは、「食品化学」や「栄養学」、「公衆衛生学」など、食の安全・安心について基礎から応用まで学修し、ヒトと食品に関する分野で活躍できる能力を養成します。
  5. エネルギー・環境コースでは、「資源エネルギー化学」、「環境生物学」、「環境材料化学」など、地球環境問題と資源・エネルギー問題の基礎と応用について、グローバルな視点に立って世界で活躍できる能力を養成します。
  6. 産学官連携やボランティアなどを通して低学年時から企業や地域と関わり、学んだことを実践・応用して積極的に社会貢献できる能力を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

生物環境化学科は、「生物化学、環境化学、材料化学をベースにして社会に貢献する技術者と科学者を育成すること」を教育目標としており、厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。これらの趣旨のもとに開講された科目を履修して、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 関心・意欲・態度
    1)バイオ、食品、エネルギー・環境を学ぶことにより、地域貢献や社会貢献に関する具体的な目標や課題、使命感を持つこと。
    2)バイオ、食品、エネルギー・環境を学ぶことにより、食糧問題や地球環境問題など人類共通の課題を自ら解決すべき課題として認識し、具体的に行動できること。
  2. 思考・判断
    1)正確な知識と実験をもとに論理的なものの考え方、判断ができること。
    2)ローカルとグローバル、ミクロとマクロといった異なる視点から、ものごとを多面的、総合的に捉え、客観的かつバランスよく評価できること。
  3. 技能・表現
    1)化学と生物学の基礎知識をもとにしたモノづくり、成分分析、状態解析、細菌培養技術などを修得して、将来社会貢献できること。
    2)自らが学修した内容や実験結果を、コンピュータ等を用いて分りやすく正確に発表できること。
  4. 知識・理解
    1)バイオ、食品、エネルギー・環境分野の知識を正しく理解し、解説できること。
    2)自然科学における原理や法則を正しく理解し、これを世界平和と人類の繁栄のために活用するといった基本概念を身につけていること。

ページトップへ戻る

産業理工学部 電気電子工学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

電気電子工学科は、産業技術の基盤である電気・電子工学およびその関連分野の技術発展に貢献し、社会に対して責任が持てる技術者を育成します。このために、次のような入学者を受入れます。

  1. 関心・意欲・態度:電気・電子工学及びその関連分野の技術に興味があり、自主的・継続的に学修できる人。
  2. 思考・判断:新しい知識を積極的に吸収し、得られた知識から正しく判断することができる人。
  3. 技能・表現:自らの考えを論理的に他者に伝えることができる人。
  4. 知識・理解:電気電子工学科での学修に必要な基礎的な学力を有する人。

また、基礎的な学力として、電気電子工学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国  語 : 基礎的な読解力、表現力、論理的思考力
外国語 : 基礎的な英文の内容が理解でき、目的に応じて英語で表現できる能力
数  学 : 数学Ⅰ・Ⅱ及び数学A・Bで学修する基礎的な内容
理  科 :物理基礎・物理で学修する基礎的な内容

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

電気電子工学科は、電気・電子工学およびその関連分野の技術発展に貢献し、社会に対して責任が持てる技術者を育成するために、以下のようなカリキュラムを設置しています。なお、重点的に学ぶ分野の違いに応じて、応用エレクトロニクスコース、エネルギー・環境コース、情報通信コースの3つのコースを設けています。

  1. 関心・意欲・態度:1学年から4学年まで継続的に配置された実験・実習科目により、基礎的な物理現象から最先端技術等まで関心を抱き、自発的に知識を吸収して学修を継続できる能力を養います。また「企業倫理と知的財産」、「環境と社会」などの科目により、技術者としての責任を自覚し、持続可能な社会の構築に向けて行動できる精神を養います。
  2. 思考・判断:3学年の「電子情報設計プロジェクト」は、電気・電子・情報工学分野の複数の知識を駆使して取り組む実践型カリキュラムで、自ら調査した情報にもとづいた論理的な判断ができる能力が養成されます。また1学年の「基礎ゼミ」から最終学年の「卒業研究」まで、複数の科目においてチームによる議論や作業分担を通じて、責任を持って集団の中での役割を果たす能力や、さまざまな価値観を考慮して判断する能力を養います。
  3. 技能・表現:少人数で問題解決型の学修に取り組む「基礎ゼミ」や「科学的問題解決法」、日本語による文書・口頭でのコミュニケーションスキルを高める「日本語の技法」、「論理的表現法Ⅰ」、国際的な技術者として不可欠な英語能力を育成する「英語Ⅰ」をはじめとする語学系科目などから、自らの考えや客観的な事実を論理的、かつわかりやすく他者に伝え、ディスカッションできる能力を、数多くの開講科目を通じて繰り返し養成します。
  4. 知識・理解:入学直後においては、専門科目を理解するために必要な基礎学力の確認と補強のために数学関連の講義・演習科目を開講するとともに、1学年から専門導入科目を開講し、2学年に電気・電子分野の基幹科目を配置、コンピュータ関連科目も1学年の基礎から3学年の発展・応用まで配置しています。これらの専門科目の系統的な配置によって、自然科学等の基礎知識を理解した上で、無理なく既存技術の理解や新しい技術動向の理解にまでつなげることができます。
  5. 専門性:コンピュータによって制御されるエレクトロニクス機器の開発力を養成する応用エレクトロニクスコースでは「情報センシング」、「集積回路」など、電気設備の設置や保全の実践力を身につけるエネルギー・環境コースでは「エネルギー環境システム」、「パワーエレクトロニクス」など、情報通信に関する理論と技術を身につける情報通信コースでは「情報ネットワーク」、「情報通信工学」などの専門性の高い必修科目を主に3学年に展開し、専門的な実践力を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

電気電子工学科では、「電気電子工学分野での専門性の構築や、他者とのコミュニケーションに不可欠な基礎的な知識や能力を身につけること」、「電気電子工学分野の技術者に必要な専門知識を修得し、それらの知識を利用する能力を身につけること」、「電気電子工学分野の自立した技術者として、社会で活躍するために必要な素養や能力を身につけること」を教育目標としており、これに沿って教育カリキュラムを運営しています。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 関心・意欲・態度
    1)さまざまな出来事や最先端技術等にも関心を抱き、将来にわたって独力で知識を吸収して学びを継続できること。
    2)技術者としての責任を自覚し、持続的発展が可能な社会の構築に向けて行動できること。
  2. 思考・判断
    1)正確な知識や情報にもとづいて、論理的なものの見方や判断ができること。
    2)さまざまな価値観を考慮して、多角的な視点から物事を捉え、総合的な判断ができること。
    3)集団の中で自らの役割を適切に判断し、責任を持って行動できること。
  3. 技能・表現
    1)電気電子工学の知識をもとに、コンピュータによる機器・システム制御技術などを修得し、社会の要求に応えられること。
    2)自らの考えなどを、論理的、かつわかりやすく他者に伝え、客観的に議論できること。
  4. 知識・理解
    1)電気電子工学分野の知識を修得し、必要に応じて他者に論理的に説明できること。
    2)自然科学等の知識を正しく理解して、既存技術の理解や新しい技術の開発に利用できること。

ページトップへ戻る

産業理工学部 建築・デザイン学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

建築・デザイン学科は、自然・技術・人文・社会が調和する文理協働の発想をもった建築技術者やデザイナーを育成します。このために、次のような入学者を受入れます。

  1. 建築・デザイン学科での学修に必要な基礎学力を有し、学修の遂行に強い意欲を持つ人。
  2. 社会への貢献、公共の福祉を理解し、これらを尊重することのできる倫理観を持つ人。
  3. 知的好奇心があり、「モノづくり」に対して強い関心を持つ人。
  4. 将来の目標を定め、目的意識を持って学修に取り組むことができる人。

また、建築・デザイン学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国  語 : 基礎的な読解力、表現力、論理的思考力
外国語 : 基礎的な英文の内容が理解でき、目的に応じて英語で表現できる能力
数  学 : 数学Ⅰ・Ⅱ及び数学A・Bで学修する基礎的な内容
理  科 : 物理基礎・物理で学修する基礎的な内容

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

建築・デザイン学科は、自ら学ぶ志を持った建築技術者やデザイナーになることを支援します。「モノづくり」をキーワードに、機能や構造に基づいて合理的に決まる技術分野と、美的感覚や心地よさなどの感性から決まる芸術分野を融合させた幅広いカリキュラムを設置しています。なお、重点的に学ぶ分野の違いに応じて、建築工学コースおよび建築・デザインコースの2つのコースを設けています。

  1. 自立した社会人として活躍するために、5つの群からなる教養・基礎教育科目を開設します。人間性・社会性科目群と国際性・地域性科目群では、「人間のこころ」や「国際社会と日本」などの科目により幅広い教養を身につけます。課題設定・問題解決群とスポーツ、表現活動科目群では、「日本語の技法」、「情報処理」、「生涯スポーツ」などで社会人としての基礎力を養います。外国語科目群では、4つの言語からなる科目群により、実践的なコミュニケーションを実現するための基礎力を養います。
  2. 1学年の「基礎ゼミ」、「科学的問題解決方法」では少人数で問題解決型の学修に取り組み、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を総合的に養います。
  3. 建築工学コースでは、建築に関する包括的な専門知識に加えて、「建築構造」で建築物や地域の安全性、「建築環境・設備」で快適性、「建築生産」で材料・構法に関する建築工学の高度な専門技術を学修する科目を用意します。
  4. 建築・デザインコースでは建築設計・施工に欠かせない建築計画、建築環境・設備、建築構造、建築生産の4分野および、時代が求めるユニバーサルデザインを軸に、情報・プロダクト・環境デザインの3分野を総合的に学修するような科目を用意します。さらに、プレゼンテーション能力を向上させて、安全で快適な建築空間を創り出す能力を養成します。
  5. 多彩で豊富な実習・演習科目をカリキュラムの中心に据え、実践的な能力を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

建築・デザイン学科は、「自然・技術・人文・社会が調和する文理協同の発想を持った教養ある社会人を育成すること」を教育目標としており、厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。これらの趣旨のもとに開講された科目を履修して、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 関心・意欲・態度
    1)身近なでき事から地球環境、先端技術まで、あらゆることに興味を抱き、自主調査や研究を通して自ら理解できるまで学修を続ける能力を身につけていること。
    2)建築・デザインの技術者として社会や環境に対する問題意識を持ち、責任を自覚できる能力を身につけていること。
  2. 思考・判断
    1)明晰かつ批判的に思考できること。
    2)多面的にものごとを考える能力を身につけていること。
  3. 技能・表現
    1)自らが学修・研究・活動した事柄や成果を他人に伝達できる表現能力を身につけていること。
    2)コンピュータの基本的操作を修得し、情報処理技術を活用する基礎知識及びマナーを身につけていること。
  4. 知識・理解
    1)建築・デザインコースでは、建築・デザインの基礎的知識と技術を身につけていること。
    2)建築工学コースでは、建築・デザインの応用的知識と技術を身につけていること。

ページトップへ戻る

産業理工学部 情報学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

情報学科は、実践的な情報学に広い見識を持ち、情報技術を必要とするあらゆる業種で活躍できる人材を育成します。このために、次のような入学者を受入れます。

  1. 情報学科での学修に必要な基礎学力を有し、学修の遂行に強い意欲を持つ人。
  2. 社会への貢献、公共の福祉を理解し、これらを尊重することのできる倫理観を持つ人。
  3. 知的好奇心があり、情報学に対して強い関心を持つ人。
  4. 将来の目標を定め、目的意識を持って学修に取り組むことができる人。

また、情報学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国  語 : 基礎的な読解力、表現力、論理的思考力
外国語 : 基礎的な英文の内容が理解でき、目的に応じて英語で表現できる能力
数  学 : 数学Ⅰ・Ⅱ及び数学A・Bで学修する基礎的な内容

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

情報学科は情報を扱うための技術と知識を身につけ、情報の様々な形式や、科学的な扱い方に慣れ親しむ経験を積み、情報基盤の開発から、文化産業やデータ分析に至る幅広い分野で活躍できる人材を育成するために、以下のようなカリキュラムを設置しています。なお、重点的に学ぶ分野の違いに応じて、情報エンジニアリングコース・メディア情報コース・データサイエンスコースの3つのコースを設けています。

  1. 自立した社会人として活躍するために、5つの群からなる教養・基礎教育科目を開設します。人間性・社会性科目群と国際性・地域性科目群では、「人間のこころ」や「国際社会と日本」などの科目により幅広い教養を身につけます。課題設定・問題解決群とスポーツ、表現活動科目群では、「日本語の技法」、「情報処理」、「生涯スポーツ」などで社会人としての基礎力を養います。外国語科目群では、4つの言語からなる科目群により、実践的なコミュニケーションを実現するための基礎力を養います。
  2. 1学年の「基礎ゼミ」、「科学的問題解決方法」では少人数で問題解決型の学修に取り組み、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を総合的に養います。
  3. 「情報学プロジェクトⅠ・Ⅱ」では、少人数のチームが主体となって、実際に社会に役立つシステムの企画、計画、開発、実験、評価、発表まで実施し、チームワークと自主的に学ぶ力と自分達の知識を実社会において活用する力を育成します。
  4. 1学年では、「コンピュータ概論Ⅰ・Ⅱ」、「プログラミングⅠ・Ⅱ」を通して、コンピュータのハードウェアとソフトウェアの基礎的な知識を学び、「数学」、「マルチメディア」、「情報システム概論」、「情報社会と倫理」などを通して、コンピュータを利用する上での幅広い基礎知識を身につけます。
  5. 2学年から3つのコースにわかれ、情報エンジニアリングコースでは、「アドバンストプログラミング」、「コンピュータネットワーク」などにより、より複雑なシステムを構築するための基礎を学びます。メディア情報コースでは、「webコンテンツ企画設計」、「webコンテンツ制作」などを通して、webデザインおよびwebコンテンツ制作の基礎を学びます。データサイエンスコースでは、「統計ソフトウェアⅠ・Ⅱ」、「シミュレーション」などにより、データ分析や予測に関わる基礎を学びます。
  6. 3学年に進み、情報エンジニアリングコースでは、「インターネット工学」、「ネットワークセキュリティ演習」、「ソフトウェア開発演習」を通してインターネットおよびセキュリティの高度な実践力を身につけ、チームによるシステムの企画・分析・設計力を養います。メディア情報コースでは、「画像処理」、「映像表現」、「コンピュータグラフィックス」などを通して情報メディアの創造力を養い、「プロダクションワーク」により、チームで協働してコンテンツ制作を実践する力を養います。データサイエンスコースでは、「データマイニングと可視化Ⅰ・Ⅱ」などを通して膨大なデータから知識を発見するための手法を学び、「データサイエンス」、「データ分析演習」により、企業のマーケティングなどに役立つ実践的な分析・予測力を養います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

情報学科では、「情報を扱うための技術と知識を身につけ、情報の様々な形式に接し、科学的な扱い方に慣れ親しむ経験を積んだ人材を育成すること」を教育目標としており、厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。これらの趣旨のもとに開講された科目を履修して、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 関心・意欲・態度
    1)情報についての広い見識を持ち、明るく活力があり人に愛される人間力を備えた人材となること。
    2)技術が社会及び自然に及ぼす影響・効果の大きさを認識し、技術者として社会に対する責任を自覚する能力及び協働しながら事業に取り組める信頼感やチームワーク力を身につけていること。
  2. 思考・判断
    1)明晰かつ批判的に思考できること。
    2)自主的かつ継続的に学修できる能力と、与えられた制約の下で計画的に仕事を進めてまとめられる能力を身につけていること。
    3)自らの幸福や人生の目的及び他者・他国の立場からものごとを考える能力を身につけていること。
  3. 技能・表現
    1)技術者として必要な文章作成技術及びプレゼンテーション技術を身につけていること。
    2)情報を扱う技術者としての専門技術を身につけていること。
  4. 知識・理解
    1)コンピュータのハードウェア及びソフトウェアの専門的知識を身につけていること。
    2)ネットワーク、データベース、セキュリティなどの基盤技術を身につけていること。
    3)情報メディアに関する知識と、コンテンツを制作するための手続き的知識と技能を身につけていること。
    4)膨大なデータから有益な情報を抽出し、分析・予測に役立てるための手続き的知識と技能を身につけていること。

ページトップへ戻る

産業理工学部 経営ビジネス学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

経営ビジネス学科は、マネジメントに関する実践的な能力と社会人としての基礎力を持った人材を育成します。本学の理念である実学教育のために、現実で利用できる学問を修得する意欲のある、次のような入学者を受入れます。

  1. 企業、自治体、非営利組織、および地域コミュニティに関するマネジメントに関わっているかあるいは関心のある人
  2. マネジメント分野に関する実学を学ぼうとする意欲のある人
  3. 社会経済の動きに関心を持ち、それらに積極的に関わろうとする人

また、経営ビジネス学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国  語 : 基礎的な読解力、表現力、論理的思考力
外国語 : 基礎的な英文の内容が理解でき、目的に応じて英語で表現できる能力
数  学 : 数学Ⅰ・Ⅱ及び数学A・Bで学修する基礎的な内容
地歴・公民 : 政治、経済を動かす基本的な仕組みに関する理解

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経営ビジネス学科は、マネジメント能力と社会人としての基礎力を持った人材を育成するために、以下のようなカリキュラムを設置しています。なお、重点的に学ぶ分野の違いに応じて、経営マネジメントコース・グローバル経営コースの2つのコースを設けています。

  1. 自立した社会人として活躍するために、5つの群からなる教養・基礎教育科目を開設します。人間性・社会性科目群と国際性・地域性科目群では、「人間のこころ」や「国際社会と日本」などの科目により幅広い教養を身につけます。課題設定・問題解決群とスポーツ、表現活動科目群では、「日本語の技法」、「情報処理」、「生涯スポーツ」などで社会人としての基礎力を養います。外国語科目群では、4つの言語からなる科目群により、実践的なコミュニケーションを実現するための基礎力を養います。
  2. 1学年の「基礎ゼミ」、「科学的問題解決方法」では少人数で問題解決型の学修に取り組み、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を総合的に養います。1学年前期の「経営ビジネス学入門」では、学科の全体像を学び、学科における学びのイメージを各自が早期に持てるようにします。
  3. 1学年及び2学年では、「基礎経営学」、「基礎経済学」、「基礎簿記Ⅰ」、「基礎人間工学」などの専門基礎科目を配置して、基礎的な知識の確立をめざします。
  4. 4つの基礎科目群と2つの応用科目群からなる6つの科目群により、各人の目的に合わせて専門科目を体系的に学修できます。基礎科目群は、基礎、経営学・商学、会計・財務、社会・工学からなり、応用科目群は、グローバル、コミュニケーションからなります。
  5. 経営マネジメントコースでは、「マーケティング論」、「会計学」「流通システム論」などを学修し、起業などの組織の経営に直接関わる能力を養成します。
  6. グローバル経営コースでは、国際的な視野に立ち、「グローバル経営論」、「グローバル経済論」、「ビジネス英語基礎」などを学修します。語学と文化の二つの面で、グローバル社会における組織経営に関わる能力を養成します。
  7. 全学年を通して少人数ゼミナールを配置し、教員との交流を通して、学生の個性に合ったきめ細かな指導を行います。
  8. 外部の専門家との連携、インターンシップや学外実習などを通して地域社会とのつながりを作るとともに、実際の経営に触れる機会を提供し、マネジメントに関する実践的な能力を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

経営ビジネス学科は、マネジメント能力と社会人としての基礎力を持った人材を育成することを教育目標としており、厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。これらの趣旨のもとに開講された科目を履修して、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(経営ビジネス学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

  1. 関心・意欲・態度
    1)社会経済に関心を持ち、社会貢献の意識を持って自ら積極的に社会に関わろうとする姿勢を持っていること。
    2)人を信頼し、人から信頼されることを常に心がけ、社会活動に取り組む意欲を持っていること。
    3)学んだことに誇りを持ち、新しい専門知識を自ら学んでいく態度を身につけていること。
  2. 思考・判断
    1)企業その他組織に関する幅広い知識を持ち、組織のあり方に対する戦略的な思考ができること。
    2)細部にとらわれず、大局的なものの捉え方ができること。
  3. 技能・表現
    1)マネジメントに関する幅広い知識を持ち、社会や組織の中核で活躍するマネジャーとなりうる能力を身につけていること。
    2)自ら問題を発見し、それを解決する意欲とそのための知識ならびに技能を身につけていること。
  4. 知識・理解
    1)企業その他組織の運営に直接関わる経営学、会計学、マーケティングの基本的な知識を理解し、それらの視点に立った行動ができること。
    2)企業その他組織を取り巻く社会経済の動向を把握できる経済学の基本的な知識を身につけていること。
    3)グローバル経営コースの卒業生については、選択した国で活動するための基礎的な語学力と文化理解があること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。