このページの本文へ移動します。

建築学部
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

建築学部 建築学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

建築学部は、近畿大学建学の精神に則り、従来の「つくる」ことを主たる目的とした建築学に加え、「守り・育てる」建築学を学ぶ場を提供し、実学教育によって、現代社会の課題を読み解き、その課題解決に貢献する新しい建築を創造する人材を育成します。
このために、次のような人材を受け入れます。

  1. 建築関連分野に対して幅広い興味・関心を持つ人
  2. 建築学の修得に必要な基礎学力を修得している人
  3. 社会における互いの多様な価値観を理解し、これらを尊重することのできる倫理観を持つ人
  4. 地域環境・地球環境との共生の大切さを理解し、社会に貢献できる新たな技術を創造しようとするチャレンジ精神を持つ人

国  語 : 基礎的な日本語の読解力、表現力、論理的な思考力
外国語 : 目的に応じて情報を得ることができ、考えを正確に理解し、表現できる能力
数  学 : 事象を数理的に考察し表現できる能力
理  科 : 自然現象に対する科学的な思考・判断をするための基礎的知識
地歴・公民 : 変化する社会情勢に対応していくための歴史・風土・政治・経済に関する基礎的知識
特別活動 : 自主的、協調的態度と奉仕の心

近畿大学建築学部の入学試験では上記の人材を多元的な評価尺度で選抜するために、理系・文系を問わず受験可能な科目選択の方式を採用します。
また、高等教育レベルでの基礎学力に加え、建築に対する意欲・能力を評価することを目的として推薦入試を実施します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

従来の「つくる」ことを主たる目的とした建築学に加えて、「守り・育てる」建築学を幅広く身につけるために、共通教養科目、外国語科目ならびに建築分野の基礎的な知識・技術を幅広く学ぶとともに、学生の関心と適正に応じて段階的にコース(2年次)、専攻(3年次)を選択し、専門知識を学ぶことができます。特に3年次以降は、現代社会の課題に応えるべく用意された建築学の4つの体系のいずれかを、建築工学専攻、建築デザイン専攻、住宅建築専攻、企画マネジメント専攻にて学修し、高度な専門知識・技術を深めます。
文系・理系を問わず建築学の知識・技術を修得できるよう、きめ細かい指導のもと、1年次から段階的に実施される自発的・主体的に学ぶゼミナール形式の少人数教育において、学んだことを実際の問題に適用しながらコミュニケーション力や創造力・論理的思考能力などを培います。

<共通教養科目>
人文・社会科学の素養、数学・物理・情報処理の基礎知識、専門家倫理を身につけるためのプログラムを提供します。

<外国語科目>
語学教育を重視し、コミュニケーション能力とともにグローバルな視点で思考・発想できる基礎能力を養成します。

<学部基礎科目>
建築工学の基礎的理解をもとに、建築図面を読み取り、図面で表現でき、図面をもとにコミュニケーションができる能力を身につけるためのプログラムを提供します。

<専門科目>
建築工学、建築デザイン、住宅建築、企画マネジメントの各専攻において、実社会で通用する高度な専門知識・技術を修得できるプログラムを提供します。実学教育を重視し、建築学の専門知識・技術に基づき、社会のニーズに対応する課題や問題を創造的に解決できる能力を培うためのプログラムを提供します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

建築学部では、21世紀における社会の変化の中で建築のあり方を継続的に探求できる人材を輩出するため、多角的かつ厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(建築学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき知識・能力を以下に示します。

  1. 幅広い知識と深い洞察力を培い、コミュニケーション能力とグローバルな視点を持ち、柔軟な思考・発想で国際化社会に貢献できること。
  2. 「建築図面を読み描きする能力」を身につけ、都市や建築を形成していく広範なデザイン能力を修得すること。
  3. 「つくり・守り・育てる」建築学を理解し、幅広い建築関連分野で活躍できる専門知識・技術を修得すること。
  4. 社会の課題や問題を、建築学の専門知識・技術にもとづき高い倫理観をもって創造的に解決する能力を身につけること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。