このページの本文へ移動します。

学園章

  • 学園章は、梅の花弁を、象徴したものです。五つの花弁は、大学の大、花芯も大。人そのものでもある。これは、大学の現及び未来に向っての存在と位置をかたどるものです。一部がやや離れているのは未来志向に基づく内面の未完、さらに充溢、完熟をめざし向う形姿。一本のつよい線に貫かれる。
  • 学園花は、梅、です。「梅花霜雪を経て開く」。自然の厳しさをへて、春いちばん、品格高き花が咲きひらく。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。