内定者インタビュー

丸紅インテックス株式会社勤務

T.Tさん

商学科 2012年3月卒業
大阪府立河南高校出身

糸から製品まで繊維製品の輸出入と、国内での仕入れから販売までを担当しています。自社製品のない商社では社員のコミュニケーション力が重要。柔軟な姿勢でお客様に商材を提案するよう努めています。大学のゼミで教わった「人を幸せにする」マーケティングの精神を貫くと、仕事がうまくいくようです。その気持ちが伝わったのか、海外の取引先の方と親しくなり、一緒に食事をする仲になれました。社会にとっても有意義な商売の実現が理想です。

株式会社宣伝会議勤務

S.Tさん

経営学科 2013年3月卒業
大阪市立天王寺商業高校出身

人の心を動かす広告に興味があり、雑誌『宣伝会議』などを出版している会社を選びました。今は事務的な仕事だけでなく、「コピーライター養成講座」など教育講座の運営から、雑誌の販促につながる書店の棚の改善提案まで、1年目から幅広い業務を担当。近大には企業で実績を積まれたプロの教授が多く、そこで得た知識は実社会でも生かせています。今後は関西に特化した商品企画などにも取り組み、関西の広告界を盛り上げていきたいですね。

株式会社池田泉州銀行 (内定)

Y.Kさん

会計学科[4年]
大阪府・上宮高校出身

就職活動に向けて、徹底的に自己分析をしました。今までやってきたことについて、なぜ続けてこられたのかを深堀りし、将来自分がしたいこと、なりたい人物像について考え、ノートにまとめるという作業を行いました。それをすることで、今やるべきことがどんどん見えてきました。就職活動は、自分の人生について考えるいい機会になったと思います。就職活動を終えてゴールではなく、自分の好きなことをし続けるためにこれからも頑張りたいです。

株式会社フェイス (内定)

K.Yさん

経営学科[4年]
岡山県立瀬戸高校出身

第一志望だった音楽業界における課題などを把握し、改善策や意見を考えていくということを心がけました。ゼミで鍛えたサービスデザインの思考法を応用し、新規事業の提案や業務内容の改善策等を持ち込み、面接の場で積極的に活用していきました。就職活動では志望企業から不採用の通知が届くこともありましたが、冷静に反省点を考えることで精神的にも強くなったと思います。そして「自分に自信を持つことの大切さ」を学びました。

株式会社パソナ (内定)

Y.Iさん

キャリア・マネジメント学科[4年]
沖縄県立普天間高校出身

就職活動を通して感じたのは、目的意識の大切さ。自分は何がしたいか? 何のために働くのか? などを考えるようになりました。また、就職活動で使う自己PR文などは友人に読んでもらってアドバイスを聞き、自分では気づかない長所・短所を明確にしました。そして、パソナの営業職に就職が内定。プロフェッショナルな人材派遣等の業務に就く予定です。以前から地方創生やグローバルな働き方などに興味があるので、社会に出てもそれらの課題に挑戦したいです。

大阪商工信用金庫 (内定)

M.Yさん

商学科[4年]
大阪府立山本高校出身

母の実家が八尾にあり、小さい頃から近畿大学に憧れていました。バイヤー志望で経営学科を選びましたが、1年生でキャリアプランを考える講義や流通、観光、貿易などのコースを受講したことで、将来就きたい仕事を見つけることができました。学生数も多く、今まで出会ったことのないタイプの人たちと関わりを持つことができて良かったです。企業訪問でも近畿大学出身者が多く、就職後も新たなつながりができると期待しています。

コーセー化粧品販売株式会社 (内定)

M.Tさん

キャリア・マネジメント学科[4年]
滋賀県立河瀬高校出身

最初から化粧品業界に絞って就職活動をしていました。ですが、先輩から「誰でも気が変わる時があるから、業界を絞り過ぎるのも良くない」とアドバイスをいただき、できる限り他の業界にも目を向けるようにしてみました。多くの企業と職種を知り、それぞれが持つ価値とやりがいを学べたことは貴重な経験です。その上で、最終的に化粧品業界への就職を希望しました。お客様に親しまれ、気軽に声をかけてもらえる販売員になることが目標です。