このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

近畿大学 平成27年度一般入試志願者数確定 過去最高の11万3,704人!

2015年3月16日

近畿大学(大阪府東大阪市)の平成27年度(2015年度)入試(13学部※1)において、一般入試※2の志願者数が確定いたしました。一般入試志願者数は昨年度より7,814人増加し、過去最高の11万3,704人となりました。また、総志願者数※3も本学史上最高となった昨年度を1万5,309人上回り、15万5,778人となりました。

この結果について、株式会社大学通信の安田賢治氏は「情報発信の強化によって、近大マグロをはじめとする世界初の研究成果が見える化したことや、完全ネット出願の先進的な取り組みが評価された結果」とコメントしています。

本学では、長年継続して取り組んできた教育・研究面の改革が受験生に評価されたことに加え、以下3つの背景があると考えています。

(1)研究成果の全国的なメディア露出の増加による地方からの志願者の増加

世界初の完全養殖クロマグロ「近大マグロ」をはじめとする研究成果が全国のメディアで露出し、今までリーチできていなかった地方での認知度が向上しました。その結果、地方志願者※4が昨年度より4,422人増加しました。尚、地方志願者は、過去5年間で約1万人増加しています。
※詳細は<参考資料>をご参照ください。

(2)景気改善による文系学部の復活

近年全国的に「理高文低」と言われる志願者動向でしたが、本年はその傾向が弱まり文系の社会科学系3系統(法・経済・総合社会)の志願者が前年比116.8%と大幅に増加しました。
※詳細は<参考資料>をご参照ください。

(3)安定した多くの女子志願者と新たな志願者層の増加

今年度の女子志願者数は過去最高の3万1,262人となり、本学史上初めて3万人を突破しました。近年、キャンパス整備を重点的に取り組んだことが女子志願者に好意的に受け取られ、平成23年度(2011年度)に対し約1万人増加しました。また、進学校と呼ばれる高等学校からの志願者もこれまで以上に増加し、志願者層が拡大しました。
※女子志願者数の推移の詳細については<参考資料>をご参照ください。

  • ※1 短期大学部は除く
  • ※2 大学入試センター試験利用を含む
  • ※3 推薦入試(一般公募)などを含む、全入試の志願者数
  • ※4 近畿圏を除く志願者

<参考資料> ※以下の志願者数は全てセンター試験利用を含む一般入試を対象としています。

【地域別志願者数】

東北(179.4%)、関東(149.4%)で大幅増加しました。結果、東日本だけで2,321人の増加となりました。

pic_150316-1.jpg

【地方志願者※4数5ヵ年】※4 近畿圏を除く志願者

平成23年度から約1万人の増加。平成25年度以降は3年連続して増加しています。

pic_150316-2.jpg

【学部別志願者増減一覧】

文系は経営学部を除く全ての学部が前年を上回りました。
理系は難化する薬・農・医学部で前年を下回る結果となりましたが、理系全体では前年を上回りました。

pic_150316-3.jpg

【女子志願者数5ヵ年】

本学史上初めて3万人を突破しました。5年前の平成23年度(21,625人)と比較すると約1万人増加しました。

pic_150316-4.jpg

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。