このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

2/25(水)近畿大学農学部 初の体育館「Agri大和館」竣工式典を挙行

2015年2月19日

近畿大学農学部(奈良県奈良市)では、平成27年(2015年)2月25日(水)に、体育館(Agri大和館)竣工式典を挙行いたします。農学部が現在のキャンパスに移転し、初めて農学部キャンパス内に体育館が建設されます。

【本件のポイント】

●体育館の建設を通して学生の心身の健康を目的に教育内容の充実をはかる
●2次避難地提供施設としても地域の皆さまに提供し、更なる地域貢献を目指す

  • ※1次避難所(公立学校等)が受入数を超えた場合に開放されます。

【本件の概要】

体育館「Agri大和館」

この体育館の名称「Agri大和館」は、農学を意味する英語「agriculture」の略「agri」と奈良の旧国名「大和」を合わせたものです。地元奈良県の方々に愛され、また農学部学生の心身の健康を願いこの名称を付けました。体育館「Agri大和館」の建設を通して、更なる学生生活の充実を はかり、2次避難地提供等の施設として地域貢献を目指します。今後は、授業やクラブ活動以外にも卒業式や保護者懇談会等も体育館で開催する予定です。

■日   時 : 平成27年(2015年)2月25日(水) 11:00~12:00
■会   場 : 近畿大学奈良キャンパス
         (奈良県奈良市中町3327-204、近鉄奈良線「富雄」駅からバス約10分)
■参 加 者 : 大学関係者、施工者、学生代表
■建築面積 : 1,566.90m2
■延床面積 : 1,457.32m2(バスケットボールコート1面分)
■構   造 : 鉄骨造

【本件の背景】

本学農学部は、平成元年(1989年)に東大阪キャンパスから現在のキャンパスに移転し25年間、体育館がありませんでした。そのため、クラブ学生やスポーツの授業を受講している学生からの強い希望もあり、今回の建設に至りました。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。