このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

2/16(月)業種別!企業が求める「就活ヘア」を発表 経営学部学生と奈良県理容生活衛生同業組合が共同調査!

2015年2月13日

今回の講習会を受講した組合店のみ掲示できるポスター

近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)教授・中谷常二ゼミの学生(19人)は、就職活動時に企業が学生に求める髪型「就活ヘア」について、奈良県理容生活衛生同業組合と共同調査を行い、業種別に統計を取りました。その調査結果を、平成27年(2015年)2月16日(月)、奈良県、大阪府、京都府の理容生活衛生同業組合の組合員を対象に奈良理容美容専門学校にて発表します。

【本件のポイント】

●企業が求める「就活ヘア」について企業約340社に調査し、業種別の統計結果を発表
●学生は調査を通して統計について実践的に学ぶ
●本学キャリアセンター と連携し、今回の調査結果を本学学生の就職活動にも生かす
●今後、全国の理容生活衛生同業組合の理容店での導入を推奨予定

【本件の概要】

本学経営学部教授・中谷常二ゼミの学生19人は、昨年6月から奈良県理容生活衛生同業組合と共同で、就職活動にふさわしい髪形「就活ヘア」について調査しました。企業約340社にアンケートや、訪問調査を行い、また大学生が考える就職活動時の髪型と企業が求める社会人らしい髪形との相違を確かめるため、大学生約300人にもアンケート調査を行いました。
当日はその調査をもとに、奈良県、大阪府、京都府の理容生活衛生同業組合の組合員を対象に「就活ヘア」の調査発表と、実際にどのように印象が変わるのか、本学の学生をモデルにカットの実演を行います。奈良県理容生活衛生同業組合と大学が共同で調査をするのは今回が初めてです。
■日 時 : 平成27年(2015年)2月16日(月)13:00~15:45
■会 場 : 学校法人奈良理容美容専門学校(奈良県奈良市西木辻町57-1) TEL(0742)24-0461
■対 象 : 奈良県、大阪府、京都府の理容生活衛生同業組合の組合員(60人程度予定)
■主 催 : 奈良県理容生活衛生同業組合

【本件の背景】

打ち合わせの様子

3月からの就職活動の解禁に伴い、街に初々しい就活スタイルの学生があふれる時期となります。これまで茶髪やパーマなどオシャレな髪型をしてきた学生は、就職活動が始まるにあたり就職活動用の髪型に変えようとはするものの、自分のスタイルを崩したくないがために社会人としては不適当なヘアスタイルのまま就職活動に挑む学生も多くいます。奈良県理容生活衛生同業組合は、それまでに交流のあった本学教授の中谷常二に協力を仰ぎ、中谷ゼミの学生と共に、就職活動にふさわしい髪形「就活ヘア」の調査をはじめました。企業への調査は、奈良県の理容店にお客様として来店したサラリーマンの方を通じて企業に依頼するなど、地元に密着した理容店ならではの方法で約340社の企業に調査を行うことができました。

【奈良県理容生活衛生同業組合】

奈良県理容生活衛生同業組合は「生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律」に基づき、理容店オーナーが組織する47都道府県理容生活衛生同業組合(理容組合)を会員とする全国理容生活衛生同業組合連合会(略称:全理連)の下部組織です。奈良県理容生活衛生同業組合の事務所は奈良理容美容専門学校内にあります。

当日発表する業種別で好まれる「就活ヘア」の統計(一部)

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。