このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

12/18(木)近畿大学文芸学部芸術学科「高校生のための絵画鑑賞教室」開催

2014年12月15日

近畿大学文芸学部芸術学科造形芸術専攻 芸術学コース(大阪府東大阪市)は、平成26年(2014年)12月18日(木)、大阪府立布施高等学校 の生徒を対象に同校にて、今年で8回目となる「高校生のための絵画鑑賞教室」を開催します。高校と大学の連携により高校生に絵画鑑賞の機会を提供し、相互に知識を身につけ能力の向上を目指します。

【本件のポイント】

●高大連携により高校生に絵画鑑賞の機会を提供
●「鑑賞学」とそれを通した芸術理解を促進
●大学生と高校生の交流を図り、相互に知識を身につけ能力の向上を目指す

【本件の概要】

昨年のプレゼンテーションの様子

「絵画鑑賞教室」で大学生と高校生の交流を通じて、高校生には、大学における勉学の一端を知り、大学に対するイメージを明確にすることを目的とします。一方、本学の学生には、スクール・インターンシップとして位置づけ、高校生に説明することでコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を高めることを目指します。

■日  時:平成26年(2014年)12月18日(木) 13:10~15:00
■会  場:大阪府立布施高等学校 美術室
       (東大阪市下小阪3丁目14番21号、近鉄奈良線「八戸ノ里」駅から南へすぐ)
■対  象:大阪府立布施高等学校 1年生 美術クラス(約40人)
■テ ー マ:アイテムで読み解く西洋美術
■内 容:上記テーマのもと、大学生が具体的な作品を取り上げてPowerPointによるプレゼンテーションを行います。
作品の形式的、内容的意味を「ワークシート」に沿って解説し、絵画鑑賞の方法や意義を高校生に理解していただきます。
※本件は、芸術学ゼミナールの一環として、文芸学部芸術学科 井面(いのも)信行教授の指導のもと、企画、運営は井面教授ゼミに所属する大学3年生が実施します。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。