このページの本文へ移動します。

トピックス

新たにオーストラリア、韓国、台湾の3大学と学術交流協定を締結

2014年10月23日

近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成28年(2016年)4月の「外国語・国際系学部(名称未定)」新設に向けて、さらなる国際化をめざしており、このたびクイーンズランド工科大学(オーストラリア・ブリスベン)、漢陽(ハニャン)大学(韓国・ソウル特別市)、開南(カイナン)大学(台湾・台湾桃園県)の各大学と学術交流協定を締結します。この協定で教育および研究分野での交換・協力活動を通じ、学術をより一層発展させ、学生には海外での修学という環境を提供します。今回の協定で協定校数は世界19カ国・地域全60大学となります。

【本件のポイント】

● 新たに3大学と学術交流協定を締結し、協定校数は世界19カ国・地域全60大学となる
● 学生に海外での修学という環境を提供し、大学間の協力をより強固にする

【クイーンズランド工科大学について】

オーストラリア・クイーンズランド州都ブリスベンの中心部にメインキャンパスがある唯一の公立大学です。学生数約45,000人のうち約6,000人は世界90カ国以上から学びに来ている留学生であり、国際色豊かな環境の大学です。本学学生の派遣留学を予定しています。

【漢陽(ハニャン)大学について】

1939年に設立され、ソウル特別市城東区に本部を置く韓国の名門私立総合大学です。学生数は35,000人を超えており、ソウルキャンパスとERICAキャンパスに16の大学院、22の学部が設置されています。グローバルリーダーの育成を推進しており、2020年までに全ての学生が在学中に1回以上は海外で学べるよう計画しています。本学とも交換留学を予定しています。

【開南(カイナン)大学について】

2000年に台湾桃園県に設立された大学です。「国際化、ヒューマニズム、教学卓越化」を教育の理念とし、著しい発展を遂げています。国際交流が盛んで、20カ国104校の大学と交流協定を締結しており、本学とも交換留学を予定しています。

【近畿大学について】

「実学教育」「人格の陶冶」を建学の精神とし、13学部48学科を擁する日本有数の総合大学です。近年では、クロマグロの完全養殖、バイオコークスの開発など実社会に還元できる研究成果が注目を浴びています。また、平成28年(2016年)4月には大学教育のグローバル化が問われる現状を踏まえ、総合大学としてのメリットを最大限に活かし建学の精神である「実学教育」を根幹として、高いコミュニケーションスキルと幅広い教養、考え抜く力と行動力を持った世界で活躍できるグローバル・リーダーを育成するために14番目の新学部「外国語・国際系学部」の開設を構想中です。

関連リンク
海外協定校及び交流状況(国際交流・留学)

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。