このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

11/2(日)「さつまいも収穫・発電体験」開催!

2014年10月28日

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)生物工学科生産環境システム工学研究室教授の鈴木高広は、平成26年(2014年)11月2日(日)に空中栽培したサツマイモの収穫及びそのイモを使った発電体験を行います。このイベントは5月半ばにさつまいもの空中栽培苗付け体験に参加した紀の川市内の親子20組を対象に行われるもので、子どもたちに新しい高効率の栽培方法からエネルギー問題についてまで、楽しみながら関心を持ってもらうことを目的としています。

【本件のポイント】

●空中栽培の苗付けから収穫までを体験し、効率の良い栽培方法と将来のエネルギー問題を楽しみながら考える
●地球温暖化ガスの増加を抑える切り札「芋エネルギー」の周知を図る

  

【さつまいも収穫・発電体験 概要】

■日 時:平成26年11月2日(日) ※いずれも現地集合、現地解散
        9:00~11:30 さつまいも収穫体験
       13:00~15:30 発電体験
■場 所:さつまいも収穫体験:紀の川市畑野上259  畑(JR和歌山線下井阪駅徒歩約7分)
       発電体験:近畿大学生物理工学部(紀の川市西三谷930)
■対 象:5月に苗付けを行った子どもと保護者(イモ類を利用した発電の学習会参加者)
■主 催:紀の川スマートファーム協議会(紀の川市地球温暖化対策協議会、
       紀の川サイクリングクラブ、紀の里農業協同組合、紀の川市、近畿大学生物理工学部)

pic_141028-2.jpg

※当日は近畿大学生物理工学部学園祭「きのくに祭」 を開催していますので、併せてお楽しみください。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。