このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

附属新宮高等学校・中学校 新1号棟竣工式典を挙行

2014年9月18日

近畿大学附属新宮高等学校・中学校 (和歌山県新宮市)では、平成26年(2014年)9月21日(日)に、新1号棟竣工式典を挙行いたします。

【本件のポイント】

●教育環境の充実と学校施設の防災機能強化をはかるとともに、エレベーターの設置やトイレの段差をなくす等、バリアフリーに配慮した安心・安全に学校生活が送れる優しい校舎

【本件の概要】

■日  時:平成26年(2014年)9月21日(日)12:30~16:00
■会  場:近畿大学附属新宮高等学校・中学校(和歌山県新宮市新宮4966)
■対  象:学校関係者、来賓、生徒代表、保護者
pic_140918-1.jpg■内  容:
 (1) 12:30~ 竣工式神事
 (2) 13:20~ テープカット
 (3) 13:30~ 新校舎内覧会
 (4) 14:00~ 竣工式典
 ※ 式典では奥熊野太鼓の演奏、近畿大学
  応援部の演舞が披露されます。

■建築面積: 611.45㎡
■延床面積:2,063.56㎡
■構   造:鉄骨造、免震構造
■新棟規模:地上4階建て

【本件の背景】

本校は、近畿大学の創設者で初代総長の世耕弘一が、昭和38年(1963年)に自らの生誕地である和歌山県新宮市に「附属新宮女子高等学校」として創立して以来、平成25年(2013年)4月に高等学校創立50周年の節目の年を迎えました。この度、教育環境の充実と学校施設の防災機能強化をはかることを目的に、新1号棟校舎が新築されることとなり、昭和38年(1963年)に建設された現在の1号棟校舎は、備品等の移設後に解体いたします。これにより、本校の校舎耐震化工事が終了いたします。

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。