このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

9/27(土)第9回市民公開講座「住環境とアンチエイジング」開催

2014年9月 9日

pic_140927.gif

近畿大学アンチエイジングセンター(大阪府東大阪市)は、少子高齢化が進むわが国において、国民の第一の財産である健康を守り、健康寿命を延ばし、生き生きとした社会を創るための活動を行っています。平成26年(2014年)9月27日(土)東大阪キャンパスにて第9回市民公開講座を開講します。老化を防ぐには「食事」「運動」のほか、快適な「住環境」を整えることも重要で『住環境とアンチエイジング』をテーマに講演します。

【講座の内容】

(1)「住宅の省エネ性と健康長寿の関係~人と地球に優しい住まい~」
   講師:近畿大学建築学部建築学科 教授 岩前 篤

今春、国土交通省は『スマートウィルネス住宅』の普及促進を始めました。少子高齢化対応社会に備える住まいづくりが主目的ですが、住宅の健康維持増進が大きなテーマとなっています。本講演では、数年前に実施された住まいの健康性に関する調査の概要と結果を、海外の状況を交えてお話しします。

(2)「最後まで自宅で生活するための住宅改修」
   講師:近畿大学建築学部建築学科 准教授 山口 健太郎

老化には脳卒中モデル、廃用症候群モデル、認知症モデルの3つのプロセスがあります。病気が主な原因になりますが、中には「転倒」などの住宅内事故に起因する場合も少なくありません。また、高齢者の心身機能に対応していない住環境は老化の速度を速めます。今回は体の動きについての解説を行った上で、住宅改修の際に留意すべきポイントについて説明します。

【講座の概要】

■日  時:平成26年(2014年)9月27日(土)14:00~16:15(13:30受付開始)
■場  所:近畿大学 東大阪キャンパス 39号館2階 201教室
       (大阪府東大阪市小若江3-4-1 近鉄大阪線長瀬駅より徒歩10分)
■定  員:200人(申込先着順、受講料無料)
■後  援:東大阪市薬剤師会連合会
■申込方法:住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・FAX番号を明記し、下記のE-mail またはFAXで申し込みください
■お問い合わせ・申し込み先:近畿大学アンチエイジングセンター
                  TEL(06)4307-3097
                  E-mail antiaging@itp.kindai.ac.jp FAX(06)6729-3577

【講師プロフィール】

pic_140909iwamae.jpg

岩前 篤(いわまえ あつし)
所  属:近畿大学建築学部建築学科 教授
      平成15年(2003年)近畿大学理工学部建築学科 助教授
      平成21年(2009年)近畿大学理工学部建築学科 教授
      平成23年(2011年)建築学部創設とともに学部長に就任
主な著書:『必見よく分かる住まいづくり』星雲社 など


pic_140909yamaguchi.jpg

山口 健太郎(やまぐち けんたろう)
所  属:近畿大学建築学部建築学科 准教授
      平成20年(2008年)近畿大学理工学部建築学科 講師
      平成23年(2011年)近畿大学建築学部建築学科 准教授
主な著書:『新訂版 高齢者福祉施設建設マニュアル 生活視点の高齢者施設』
      『福祉住環境コーディネーター検定試験1級 公式テキスト』
      『認知症ケア環境事典』
      『実践事例から読み解くサービス付き高齢者向け住宅』 など

【近畿大学アンチエイジングセンター概要】

創  設:平成19年(2007年)
目  的:医学部、薬学部、薬学総合研究所、農学部、経営学部、短期大学部、総合社会学部など専門分野が異なる研究者が分野横断的に連携し、3つのC、すなわちCheck(加齢マーカーを指標とする診断)、Care(健康指導・栄養指導)、Cure(長期スパンでの支援)を実践し、予防医療としてのアンチエイジング効果を科学的根拠に基づいて実証することを目指しています。
活動内容:市民公開講座、スポーツ教室の他、講演会や研究会を通じて市民の健康増進に貢献します。
ホームページ:http://www.kindai.ac.jp/antiaging/

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。