このページの本文へ移動します。

ニュースリリース

生物理工学部が産学連携で商品企画菓子「梅わかもち丸」を発売

2014年5月12日

pic_140512.jpg

学校法人近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)は、日本橋菓房(株)と共同して、半生菓子「梅わかもち丸」を開発し、2014年(平成26年)5月19日に発売いたします。材料は地元和歌山の特産品である紀州南高梅ペーストを使い、すっきりとした味の「赤い梅もち」とまろやかな味の「青い梅もち」の2種類が入ったもち菓子です。それぞれ梅もちの中に梅ゼリーとマシュマロが包まれ、柔らかな食感が特徴です。

この企画開発をした生物理工学部食品安全工学科教授の木戸啓仁は、食品流通・マーケティングが専門であり、農商工連携による六次産業化(※)に長く取り組んできました。平成25年3月に和歌山県の食農観光資源活用による産業振興のため、「和歌浦観光再生戦略会議」を設立。その初の活動として今回、県の伝統食品である梅の新たな商品開発(菓子)に着手。商品企画から販売に至る商品化の過程を全面的にマネジメントしました。試作品の評価やパッケージのコンセプト作成の段階では、食品安全工学科食品システム研究室の学生も参加しています。

企画・販売は食品卸である国分株式会社(東京都)のグループ企業である日本橋菓房株式会社(東京都)、試作開発・製造は伊藤製菓有限会社(長野県)が担当。原材料の供給は和歌山県紀南農協です。
各社と本学が協力し、商品企画から発売まで約1年と短期間での発売となります。
また本学は今後も引き続き和歌山県の産業振興のために力を注いでいく所存で、産学連携のさらなる推進を図ります。

※農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態

「梅わかもち丸」発売概要
■ 発売日 : 平成26 年(2014年)5月19日発売
■ 内容量 : 108g
■値段 : 200円(税抜き)
■ 販売所 : 和歌山県内観光地、量販店、SA、道の駅、ホテル、国分株式会社及び日本橋菓房
        株式会社出資企業の全国販売チャネル、近畿大学和歌山キャンパス・東大阪キャンパスなど
■ 販売者 : 日本橋菓房株式会社

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。